投資や資産を作って良かったこと悪かったこと7つのこと!

資産で良かったこと悪かったこと 資産、お金を増やす
資産で良かったこと悪かったこと
資産を作ることが趣味で生きがいなぺいです。
まあ友達が少なくコミュ障なので
どんどんはっまてっいったのです。

 これがパチンコ、競輪、麻雀とはじゃなくて
本当に良かったです。

 そんな訳で今回のは資産を作ることで
良かったこと悪かったことについてのお話しです。

あればいいに決まってるだろ!とのお声が
聞こえてきますがこの記事ではそれをさらに
一歩踏み込みます。
 
もし、資産を作ればこんなこともいいのか!
僕も私もやってみよう!と考えてもらえるように
様々な角度から話していきます。
 
では良いことから話していきます。

良かったこと、お金で悩んだり、不安にならない

安定


学生時代やお金がない時は食事や飲み会するにも
服を買うにも財布と相談が絶対でした。

それが資産を作ってからは

値段でなく欲しいものをお金の心配なく買えたり。
給料日前だから断っていた食事、飲み会も参加でき
お金基準の生活から解放されました。

もちろん限度はありますが(笑)
100万超えるものは悩んだりしますし
 お金の心配から解放されたからと言っても
必要ないものや無駄なことには使わないようにしてます。

僕は莫大なお金があるわけではないし
40歳までに資産1億、年収1500万円を
1つの目標にしてるので支出を抑えて
より投資をしたいからです。(後6年です、、)

やりたいことを優先できる

やりたい

ぶっちゃけ仕事なんてお金のために
したかなくやってますよね?


それが資産が出来てからは

収入を増やすためにバイトや残業は必要ありません。
その分あなたがやり事に時間を使えます。


たしかに仕事が楽しいと思うときもあるし
好きなことを仕事に出来ている人もいます。


でも手元に1億や一生働かなくてもいい現金があったら
環境は大きく変わります。大きいな金額ばかりでなく
1000万、数千万だとしても生活に明るい
変化をもたらしてくれます。

この先も収入が増える安心感

収入

 
あなたは毎年収入が増えていますか?
会社から給料だけの方は難しいと思います。

実際に日本人の給料がほとんど上がらないし
社会保険料がどんどん上がってきて
手元に残るお金は少なくなってます。
給料は下の図のようにです。
給料は

ですが投資をすると年々、入ってくるお金が多くできる
可能性が高いのです。
それも1度だけ資金を準備するだけでも実行することができます。
 
その訳が複利の法則を使うことです。
複利とは「元本+金利」に金利を付ける方法です。
 
例えば100万円を年5%の金利で投資したとする。
複利は1年目は100万+5万円で1年間で5万円増えたことになります。
ですが2年目に大きな違いがあります。

再投資という行動をするばいいです。
言葉の意味は先ほどの5万円を使わずに100万円とプラスして105万円を
2年目に年5%金利で投資するのです。

すると2年目は105万円×年5%の金利でなので110万2500円になります。
1年間で5万2500円増えました。
再投資以外は去年と同じなのに2500円増えたのです。

元本+金利が2年目以降の元本となるから
合計の金利は(1+5%)の10(年)乗の計算から得られる
10年間では63万円近くなります。

そして複利の逆に
金利の方式には単利というものがあります。
こちらはあなたにも馴染みがあると思います。
単利とは足し算のことです

金利が適用されるのは、単利の場合は「元本だけ」
例えば100万円を年5%の金利で投資したとする。
単利では10年間の金利が毎年の利息5万円x10年=50万円
になります。
 
このように
複利の法則を使うか使わないかだけで約13万円の差がでました。
これは投資させようとする人が作った都合と疑う
気持ちになる方もいるかもしれません。
 
ですがこの法則を発見したのは経済や投資とは無縁の
天才物理学者アインシュタインです。
 
この方の凄さを僕が伝えなくても知っているでしょうが
簡単に紹介します。

1905年に発表した特殊相対性理論。
また1915年~1916年に発表した一般相対性理論で有名な物理学者です。

特に一般相対性理論が知れ渡ってます。

例えば、
限られた空間に大きな質量が集中すると
光さえ脱出できないブラックホールが形成されることなど誰も目にしたことのない
現象を理論でその存在を証明しようとしたり僕のような一般人が
考えたこともない世界を切り開いた超人です。

そして1921年には42歳でノーベル物理学賞も受賞しているすごい方です。

そして本題に戻ります。
このように理論的かつ天才的な頭脳の持ち主が
複利についてこう発言したのです。
 
人類最大の発明は複利】

僕も投資にこの理論で出会って衝撃と
実践したくてたまらない気持ちでいっぱいでした。
 
そして試して約15年経ちました。
僕はこう確信してます。

複利の法則は最強の投資方法の1つです。
そして誰にでも実行できる優しい投資方法で間違いありません。

目標を達成できて自信もついた

 自身

 僕は100万作ると1000万作るという2つの
目標を達成して自分なりに自信がつきました。

そんなに難しい目標でも簡単でもないと思います。
ですが自分でこれをやる!と決めたことを達成することは
誰しも自信になります。
 
ですが適当に目標を作るのではうまくいきません。
それは僕自身が身をもって体験しました。

僕の始めの目標はグレアム師匠やバフェット師匠のように投資をうまく
成功させることでした。

なぜなら投資や株を始めた大きなきかっけはグレアム師匠やバフェット師匠の
存在のおかげだからです。

しかし、この目標は達成できなかったし(今でも出来てないですが)、
途中で見失ってしまいました。目標が曖昧ですし、比較する点、項目が
多すぎて出来てるのか?出来てないのか?自分でもよく分かりませんでした。
 
 
ですので自信をつける目標の作り方にもコツが必要です。
これに気が付いて僕は目標を100万作る、次に1000万作ると
変えました。

その中身は
他人や外部の影響に左右されにくいことを目標にすることです。
理由は達成したかどうかが明確にできるからです!
 
 
どうゆうこと?と思う方もいますので説明します。
例えば歌をうまくなりたい思ってる人は
カラオケで95点 取れるようしようという目標がいいです。

他のあいみょんのようになるという目標ではゴールが明確では
なく他の人で評価方法や意見が異なるので
自信をつけるための目標としては良くないです。

もちろん
大きな夢や目標を持つことは大事ですし、いい方法です。
ですが中には僕のように途中で失敗してしまう人もいるので
他人や外部の影響に左右されにくいことも
目標を作ることも大事だと思います。

新しい交流、出会い(一方通行含む)

出会い

 新しく趣味友達ができたり師匠ができたりします。
それか今までの人との交流が深くなっることもあります。

新しい出会い自体が目的ではないんですが
自分が没頭して行動していると遭遇します。

具体的には
セミナーや講座で同じ志の人と会ったり
本やネットで調べてお手本になる人を見つけたりです。

僕の場合、ほとんど後者です。しかも一方通行です(笑)
コミュ障なのでまあこのケースがぴったりです。

僕の師匠は何度か書いて きましたが
グレアム、バフェット、マネーマスターしんさん、
竹内かなとさん、サンツォさん達です。

相手の方からすれば迷惑かもしれませんが
挙げた方々は僕以外にもたくさんの人から
尊敬やお手本にされてる方々です。

是非、1度参考にしてみて下さい。

 悪かったこと、時間取られる

 悪かったこと

 何か没頭すれば、何の時間はなくなります。
僕自身は悪いことはあまり感じてませんが

デメリットとして
今ある時間が削られます。
趣味の時間、遊ぶ時間、寝る時間などが
少なくなるかもしれません。

始めから沢山の時間を取られるのはストレスにも
なると思います。なので1週間に数分からでも
コツコツ始めることをオススメします。
 
 僕の場合資産作り、株を始めたばかりの時は
あまり時間をかけてませんでした。

ゲームをしたり、バイクに乗ったり
自分の趣味に多くの時間を使ってました。
そっち方のが楽しい時期でした。

それに始めたばかりでは結果も出にくく、
知識も少ないのでこの時点で楽しさや

ですが将来の不安や、お金がもっと欲しいななど
を考えるようになり投資も年々うまくなっり、資産形成が
出来ている結果が出るようになって没頭しました。

勉強が必要

 勉強

何事も勉強となると面倒くさかったり
やる気はなかなかあがらす
他のことをしたくなると思います。

ですが資産を100万やより多く作るためには
節約、投資、収入向上に様々な勉強しなければ
達成は難しいです。
 
個々の状況にもよりますが
もし今、貯金が0で収入も10数万円という方
がいたら節約、投資、収入向上のすべてを学びながら
の行動なので勉強量も多いです。
 
これはとは別に収入はすでに良く、貯金もできている
方なら投資を中心に学習していけばいいので
少しは楽だと思います。

これを改善するためには
投資自体を好きになったり
将来の成功をイメージしたり
など考えながら勉強するのがいいと思います。

損が出たとき

損

イイ投資をしても、理論が完全でも
最高の条件の株を見つけても損する時はあります。
100%うまくいくことはないともわかってます。

でも実際に損が出ると特に始めたばかりの場合が
よりショックです。
やり方に疑問を持ちます。辞めたくもなります。
 
これが1番悪いことだと思います。
何かしら投資をすることになったら
必ず待ち受ける壁です。
 
始めるタイミングが悪ければ
数年マイナスのままということも全然あり得ます。

理由としては
どんなにイイ投資をしても世の中が不況であったり
相場が悪い状態が続けば勝つのが難しいからです。
 
似た考えをウォーレンバフェットもいってます。
嫌僕の方が似せてるんですが。
ですが僕自身も投資歴15年で
最初の5年が1番うまくいかなった経験からの考えです。
 
話しを戻しますと
投資成績が約50年の平均運用利回り20%の最強投資家の
ウォーレン・バフェットさんも
バフェットパートナーシップ時代にこう言ってます。

『投資運用で結果を求めるのは4年は必要だ』

その理由は同じく相場環境、社会が良くない時は株や
投資も同じように悪くなっる傾向が強いからです。
 

コメント