【株を買う基準】累計1000万以上の利益を出した。5つの条件を公開します。

【株を買う基準】累計1000万以上の利益を出した。5つの条件を公開します。 資産、お金を増やす
【株を買う基準】累計1000万以上の利益を出した。5つの条件を公開します。

株をするためには買う基準が
1番重要だと思っている、ぺいです。

イイ株を買いさえすれば
その後は持ち続けるだけで
株価上昇や配当金の受け取りで
増えますからね。

そうは言っても

  • どんな株を買えばいいの?
  • 買う基準は何?

と言った質問や相談を受けることが
多いので今回、僕なりの株の買う基準について話します。


買う株の迷ってる人の参考や買い方の1つの例と
参考にしてもらえたら嬉しいです。


先に具体的にどんな条件かと言うと
結論以下の5つの条件に当てはまる株を買います。

自己資本比率が70%以上で
営業キャシュフローが3年連続プラス
PER10倍以下
PBR1倍以下
時価総額30億円以上の会社を検索して買います。

この方法なら僕が失敗した数々の方法や星の数ほどの間違いは
を避けれられはずです。

もちろん今回の方法で100%うまくいく
保障はありませんが
僕が今でも毎年100、200万と稼げているのは
このやり方のおかげです。

注意点として

買って下がっている株も中には
あります。100%値上がりするとか
必ず勝てる手法でもありません。


それでも約12年間で
累計利益1000万円以上出している
ので僕自身は成果があると確信しています。

この方法を
実践した結果の一部が下の画像です。赤丸部分が年間の儲け額です。

結果
結果

では具体的な理由や詳細を
大事な指標から順番に書いてます。

自己資本比率70%以上の株

自己資本比率

これを僕は1番重視し、気を付けて数値を見ています。

自己資本比率が70%以上の会社が条件です。

 

なぜなら僕の資産作りは考え方は
なるべく倒産や株価下落のリスクを
避ける方針だからです。

 

そのため自己資本比率の優先度が高いです。


自己資本比率は高ければ高いほど、
有利子負債、借入金が少なくなります。

簡単に言うと借金が少なくなります。

これはかなりのメリットです
そして、リスクを回避するためにもなります。

 

具体的な効果が

借金返済額が少ないことで
その額分、利益を大きくできますし
現金も減らないためキャッシュフローも
いい状態になりやすい

という効果が期待できるから
この数値をとても気にしています。

 

~自己資本比率の詳しい説明はここをクリックすると記事に飛びます~

営業キャシュフローが3年連続プラスの株

キャッシュフローは

少ないとも営業キャシュフローが3年連続プラス
投資キャッシュフローが3年連続マイナス
(単年のプラスは他の数値が良ければOK)
が条件です。

キャッシュフローは現金の増減が
わかる指標です。

投資するしないも現金が
大事な僕なのです。
このつまらない一言は無視して大丈夫です。
もちろん、理由があります。

営業キャシュフローのプラスは
本業から正常な利益が出てることの
証明として見ます。

投資キャッシュフローのマイナスは
設備投資をちゃんと行っている
将来の売り上げ、利益を確保しよう
としている証明として見ます。

 

~詳しい説明はここをクリックすると記事に飛びます~

PER10倍以下の株

PER

PER10倍以下が理想です。

この数値は利益と株価の関係を表す
指標であり数値が低いほど理想です。


さっきの2つの条件は
会社が潰れたり、倒産する可能性が低い企業に
投資するれば自分の資産を守ることに役に立ちます。


ただそれだけ選んでいては
運用がうまくいきません。その会社が稼ぎ出してる
利益に対して今の株価は買い時なのか?
をこの数値で判断できます。

 この理由からもPERの数値が小さいことは重要です。

~詳しい説明はここをクリックすると記事に飛びます~

PBR1倍以下の株

PBR

PBR1倍以下が理想です。


この数値は会社が持ってる純資産と株価
の関係を表す指標であり低いほど理想です。

PBRはPERと考え方が似ています。
こちらは現時点で会社が持っている純資産に
対して株価は買い時なのか?割高なのか?
ということを数字で教えてくれます。

 

~詳しい説明はここをクリックすると記事に飛びます~

時価総額が30億以上の株

時価総額

時価総額30億円以上の会社が条件です。

 

理由は会社の倒産リスクなどを避けるためです。

どうして規模が小さい過ぎる
会社だと倒産などになりやすいかというと

会社自体は売り上げが好調なので
不景気など世の中の大きな流れから
銀行が融資を引き揚げて会社を継続する
ことができなくなることもあるからです。

~詳しい説明はここをクリックすると記事に飛びます~

 

まとめ

まとめ

この5つの条件を満たした時、
僕が株を買う1つの方法です。

今回のやり方を使って投資する場合ポイント
は1つでも条件に合わなったら投資をしない
ことです!

例えると
PERは10倍以内が目的で
ある会社を調べたら11倍だった。
他の条件は全部満たしているが
PERは少し数値が合わなかったので
買わない!という判断をすると
いうことです。

理由としては
株価は日々変動するし、
待つ事も大事な行動だからです。
僕の買うための株の探し方では
先ほどのように数値が少し足りてない
会社をエクセルなどで情報を保管しておきます。
 
そして日を置いたり、日経平均が下がった時、
決算が出たときなどに再度株価や決算書を見て
データを追っていきます。

すると5つの条件にあてはまる瞬間がきます。
その時に買います。そう条件が揃うまで待って
理想の形の時だけ僕は行動します。
 
検索手法はSBI証券のスクリーニングを使ったり
その他の証券会社のスクリーニング機能を使うので
条件を入力すれば数分で調べられるという
手間の少ない手法にもなっています。

あなたも是非、1度試してみて下さい。

証券口座は無料で作れる!
人気記事 SBI証券の口座開設のやり方、手順!画像付き

コメント