【性格別】で投資方法を選ぶなら!この10パターンのどれかに決まりです。

【性格別】で投資方法は選びなら!この10パターンのどれかに決まりです。 資産、お金を増やす
【性格別】で投資方法は選びなら!この10パターンのどれかに決まりです。

コツコツ努力する性格のぺいです。
しかし要領が悪いです。

今回は性格別で個々に合った
投資の種類は何かを探します。

 

この話しでこんな悩みも
解決していきます。

  • 投資に興味はあるがどれが自分に合ってるか
    わからない
  • 成功してる人のやり方を
    真似てるのになぜか成功しない

細かいものを入れれば星の数
ほどあると思う投資先から
あなたに合ったやり方を
探す手助けになればと思います。

 
注意!

これは僕の独断が入っていますが
特定の投資方法をディスっているわけではないので
その上でご覧ください。

のんびり⇒長期投資

のんびり

僕はここに当てはまります。
のんびり、ゆったりした生活を送りたいです。
性格でもあるし、希望も入ってます。


このような性格、考え方の人には長期投資をオススメします。
年数は1年でも5年でももっと長くてもいいでしょう。


1度買ったらずっと所有できる投資が合うので
個別株という特定の会社を買う方法などがいいでしょう。

逆に短期売買やチャートを使った投資は向いてません。
画面に何時間も向き合ったり、1秒の遅れが命取りになることも
ある方法は合わないでしょう。

心配症⇒個人向け国債

家を出る時に鍵が閉まったか
2回以上確認しちゃうような
心配症の方は国が発行してる国債がいいでしょう。

 

個人向け国債とは

投資の見返りに得られる利子の支払いを半年ごとに受け取れて。
満期を迎えると最初に投資したお金が
少なくなることなく戻ってくる投資方法です。

 

厳密にいえば、国も破綻する可能性はあるので
100%安全ではないですが投資の中で
1番投資したお金が減る可能性が低いので


心配症な方はここから始めるがいいかも。

~さらに詳しく国債について知りたい方は
ここをクリックして記事で確認して下さい~

せっかち⇒デイトレ

 デイトレ

 何事も待てなかったり、
せかせかしてしまう人にはデイトレを
オススメします。

 

デイトレとは主に短期売買を
繰り返す投資行為のことです。


早ければ1秒で買ったり、
売ったりが終わり投資結果が出ます。

 

 時給1万、10万円も現実に何度もできるでしょう。

しかし、その逆も同じくらい、、、
それ以上経験するかもしれないのでお気をつけて下さい。

目立ちたがり屋⇒仮想通貨

仮想通貨

 みんなの注目を浴びたり、
時代の波に乗りたい人はこれ。


今は少し古びた感じはありますが話題性と言えば仮想通貨
以外には考えられません。

 

仮想通貨は

  • お金の利便性向上、
  • 送金をさらに簡単にし、
  • ブロックチェーンからなる
    セキュリティーは鉄壁を誇ります。

新時代のお金は仮想通貨が中心になるでしょう。

 ですが投資でメリットには疑問があります。

1つの理由に仮想通貨といっても
数多く存在するため激しい競争があるからです。

 

最初にできた仮想通貨がビットコインです。


始めは優位性が多くありましたが、
今はイーサリアム、リップル、ネムなど数千の
仮想通貨があると言われています。

 

全く新しい投資環境である
仮想通貨には魅力と恐怖が渦を巻いてます。

安全志向⇒IPO

IPO

投資はやはり恐い。
いつマイナスになるか考え
ただけでも夜も寝れない。

という心配症の方には
安全傾向が高いIPO投資がぴったりです。

 

IPOとは新しく上場する株を
抽選で当てて、早く売り儲ける方法のことです。

安全度が高い理由としては抽選に当たる
までは投資を全くしていてい点です。

お金はほとんど現金のままです。

なのでリーマンショック級の暴落、
株価が大きく下がろう受ける影響は
最小限になります。

 

しかも抽選に当たっても辞退ができるので
より考えて投資ができます。


お金を預けるのが不安な方や投資を
まだ始めてばかりの方にも
わかりやすい投資方法でもあります。

~さらにIPOについて
詳しく知りたい方はここをクリック~ 

キラキラ好き⇒金(ゴールド)投資

金

お金と言えば紙やコインですが金、
ゴールドと思い浮かべる人もいると思います。


キラキラしていて大好きな人も多いです。
僕も大好きです。

金(ゴールド)投資とは
その希少性と美しさから世界共通の資産として
扱われているのでこれを買うことです。

 

他にも金(ゴールド)は携帯電話、
パソコンその他の製品に多く使われてること
もありとても価値のある資産にもなります。

ですが投資して儲けや利益を
出すことは難しいです。


なぜなら預貯金や株式、
FXと違い利息や配当、
スワップポイントが全くないことです。

 

投資とは一発で大きく当てて儲ける
イメージの方もいると思います。

 

ですが実際に成功して人は
コツコツと資産を増やしていきます。

預金の金利は0,001%と微々たる
ものなので影響は少なくですが

株式、FXでは1~3%それ以上と
配当、スワップポイントのみで
数百、数千万の利益を出すケースもあります。

 

それに複利の力を生かしすのにも
数%の違いでは天と地の差があります。

 

僕は投資で勝つためには複利をうまく
利用できるかできないかが重要だと思います。

 

~複利については詳しくはここをクリック~

 

少し話しがそれましたが、
金(ゴールド)投資もいい所、
悪い所を比べた上で判断しましょう。

運に身を任せたい⇒バイナリーオプション

投資なんて上がるか下がるかので
先のことは誰にも分らない。
運がいいか悪いかだけでしょう?


と感じている方に是非、
知って欲しい投資方法がバイナリーオプションです。

バイナリーオプションとは投資する
ドルや株などを今より高くなるか?
低くなるか?の2択予測する
だけのわかりやすい金融商品です。

 

投資する対象は円、ドル、株など
昔から馴染みがあるものです。


ここに何分、何時間など時間制限を
作ってそれまで上昇するか?下降するか?

どちらかを決めるだけでいいのです。


メリットは投資経験の無い一般の人でも
挑戦しやすい二者択一とい仕組みです。

 

デメリットは時間制限があるのでチャート
やテクニカル理論などを使っても
効果が出にくことです。

強い者に任せたい⇒投信

 投信

証券会社や投資専門の会社に勤めているいわゆる
プロの方にお任せしようと思った方は
投資信託がいいでしょう。

 

だんだん性格というか投資に対しての気持ち?
になってないと思った方もいるでしょう。

違うんです。
これも性格なんだという温かい目で見て下さい。

では本題に戻ります。

最近CMで聞くラップ口座も
似たようにプロにお任せする投資方法です。

いい所は選べる投資先が豊富にあり
6000以上の投資信託が乱立しています。

 

悪い所は手数料の多さです。

買った時の購入手数料が
購入金額の最大約3%かかります。

また別に信託報酬というファンドの運営費用として
投資した期間中にかかる手数料が発生します。

他にも信託財産留保額という
解約時手数料がかかります。

 

解約の際に基準価額より所定の何%かが
差し引かれて、残りが解約者に支払われます。

 

例えば


手数料が安いといわれるセゾン投信
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」
の場合です。

ファンドを販売する金融機関がなく、
購入時手数料が0%。信託報酬が0,74%±0,03%。

信託財産留保額は0,1%で
合計約0,84%になります。

これを100万円分買うと
8400円のコストがかかります。
信託報酬
が毎年7400円かかります。

個別株で株を買うと
どうなるでしょうか?


もしSBI証券で

100万円分の株を売り買いすると
買うのに822円の手数料がかかります。

 

売りも同じなので倍の
1644円がコストとしてかかります。

合計0,16%です。
管理料は0円であり他で費用は発生しません。

これだけで運用成績が約0、68%違います。
毎年での費用が0,74%も違います。

 

僕は投資は年間の利回り5%でも成功だと思います。
なのでこの費用の違いはとても大きく負担だと感じます。

他の方はどう感じるでしょうか?
プロに任せる報酬としてしかたがないでしょうか?
投信もどのプロに任せるかをよく調べなくてはいけません。

それをどの株を買うかを調べる時間に変えるだけで
ぐっくと投資のコストは下がります。

おまけに弱い⇒株主優待投資

お得が大好きな方やドンキで
安い物を見ると興奮してしまう方には
優待投資を経験して欲しいです。

 

株主優待投資とは
企業が株主に対して
物や体験などがある会社に投資する方法です。

 

株主優待の内容は
「自社の製品」や「優待食事券」
など、企業によっていろいろです。

 
メリット


株主優待でしかもらえない
商品やライブや体験などあり
貴重な経験ができることです。

 

デメリット

  • 株主優待は廃止や変更がいつでもある
  • そしてこれらで株価が下がり損までしてしまう

負のスパイラルを経験
してしまうこともあります。

 

数字的、理論派⇒バリュー投資(割安株投資)

バリュー投資

 数字を見るとわかりやすいと思う人や
客観的にみるためには数値が必要と
考える方にはバリュー投資が向いています。

 

バリュー投資とは


企業決算書など数値から本当の価値が株式市場では
安く評価されている状態の
企業を探す方法やり方です。


とても似ていやり方に割安株投資
という方法もあります。

イイ所は過去のデータが
豊富でありマネしやすい所です。


過去100年近く実践されておりアメリカ生まれですが
日本にもヨーロッパでも
同じやり方で成果を上げています。


悪い所は新しい会社、
上場間もない企業には使いにくという部分です。

 

新しい産業、会社は未来が予測しにくいし
過去のデータ自体が存在しないため

そのような対象を分析することが
難しい投資手法です。


~さらに詳しくバリュー投資を知りたい方は
ここをクリックして記事で確認して下さい~

コメント