まだ本当の【資産の意味】知らない方へ!これを知って収入○○万UPへ!

資産の本当の意味 資産、お金を増やす

突然ですが
あなたは資産の意味と聞かれて
何を思い浮かべますか?

  • 多くのお金

という方が多いと思います。

僕も運用を始める約10年前は
同じように思ってました。

 が今は違います!

結論を言いますと
『お金を生み出してくれる
ものが資産です』

さっきの
車も家もお金も
運用として考えて
行動してるのであれば
OKですが

お金が生み出すことを
考えてないのなら
NGです。

ぺい
ぺい

運用を考えてる人は
こう考えて欲しいね!

 

 

こんな人にぴったり!

そもそも資産運用に興味がなければ
意味を変える必要はありません。

今から運用をはじめよう
うまくいってないから改善したい

などを少しでも考えてる方には
『お金を生み出してくれる
ものが資産!!』
で行動してもらいたです。

理解するメリット

  • 生涯ずっと使える
  • 収入源が増える
  • すぐに使える

資産でお金を生み出せれば
あなたが休み中でも病気、怪我
定年後、遺産など様々な状況で
生涯稼ぎ続けてくれます。

なぜなら、
資産の種類は星の数ほどあり
中身を変えるだけでいいからです。

そして、
給料とは別で資産からもお金が
入る形になるので収入も
増えて安心感を得られます。

さらに、
増えた資産をまたお金を生み出す
資産のために使えばより
金額が増えます。

会社での昇給や昇格、ボーナスに
期待するよりも毎年こつこつ
増える資産からのお金の方が
安定的であり確実性が高いと
僕は思います。

最後に
金額の大小に関わらずに
すぐに使えます。

1000円から投資ができる
ワンタップバイや
ミニ株、クラウドファンディング
不動産に

あなたの投資したい額、
試してもいいかなと思う額で
始められます。

理解するデメリット

  • お金が減ることがある
  • 自分の価値観と合わないことも
  • すぐに結果が出ない、出ても小さい

お金は好きなことに使おうが
資産として使おうが両方同じように
減る可能性があります。

しかし
多くの人は好きなことに
お金を使ったなのなら
満足感があります。

資産に使う場合はお金が増えることが
前提のため減ると落胆や怒りの感情に
なってしまう場合があります。

僕は社会の仕組みが分かり
仕事に生かしたり
次の資産運用での成功の糧にしましたが

次に
いつ死ぬかわからないしで
お金は楽しいことにしか使いたくない
などなど資産にお金を使う価値を
感じない場合もあります。

人それぞれの考え方なので
何が正解ということはないので
価値を感じない場合は無理をして
資産を作らない方がいいのかなとも
思います。

ですが
僕も昔は資産とか面白くないことに
お金を使いたくないと考えてしました。

 

それが変わったきっかけが

 

  • 金額を少ない額から始めてみたり
  • もし病気や死んだときに親とか迷惑かける
    から少しは資産作ろうかなとか
  • 僕の世代は年金がもらえるか不安だし
    もらえてもかなり少額だから
    一生働くかお金の準備しなくちゃな
  • 資産運用は恐そうだが成功してる人も
    多くいるから自分もできるのでは?

 

などの些細なことがことが積み重なって
資産運用を始めることになりました。

今はあの時びくびく、ゆっくり調べながら
でしたが始めて良かったとすごく思います。

 

そして
すぐに結果が出ない、出ても小さい
デメリットについてです。

 

この答えは資産についての
理解不足や間違ったイメージの
せい起こる勘違いだと今の僕は
思います。

 

TVやCMや本の見出しには
○○億儲かった!
1年で何十、何百倍になった!

などなど
中身を詳しく見ればそれ相当の
理由や手法やタイミングに恵まれたなど
理解できるのですが

 

 普通の人は

『資産運用は楽して儲かりそう』
『てっり早く稼げる』

などのイメージしかもたないでしょう。
僕もその1人でしたから、、、

さっきのは

  • 資金が元から何億ある方でしたり
  • 貯金は0だが年収が何千万の方
  • 実際には確定できなった仮定の話し

など大抵の人が同じように
再現するのが難しい場合が多いです。

(もちろん中には非常に
役に立つ情報はありますが)

このように大きな夢を与えがちです。

 僕の個人的ではありますが
今までの実績、学んだ知識など
から考えがこちら

運用の理想は年平均10%の利回り
    現実は年平均3%の利回り

この平均の数値は1年だけでと
いうわけでなく5~6年などの長い年月での
結果を1年間平均に置き換えるという意味です。

なぜ長い年月の結果を1年間平均に
置き換えなくてはかはまた別記事にて話します。

話しを戻して
年平均の利回り数値の理由です。
  1. 株式投資で上場企業の平均配当利回りが約2%
  2. 日本の経済成長率は平均1%

この2つからの理由から
現実資産運用は年平均3%
と考えています。

これに僕の手法、知識で7%
プラスして年平均10%を理想としてます。

今のところ何年も年平均10%の利回り
を達成できています。欲を言えばもっと
もっと利回りを上げたいですが

 

10%以上の利回りを続けるにはまだ力不足
だと痛感します。

 

なぜなら
世界一の投資家ウォーレン・バフェット
は年平均約20%の利回りと言われてるから!

しかも約50,60年間の平均利回りが20%なのです。
これがどれくらい凄いことかというと
複利運用を始めて4年で資金が倍になり
37年後には1900倍です。

計算方法が複利計算ですので恐ろしく高くなります。

まとめ

 

メリットもデメリットも
多くありますが

僕自身は早めの資産運用を
始めることオススメします。

資産運用は時間の長さで
経験を得たり
配当利回りを多く受けれたり

結果を出しやすくなるからです!

 

コメント