投資の初心者は何から学び始めればいいですか?資産3000万作れた僕が答えます。

投資 初心者 何から 資産、お金を増やす
投資 初心者 何から

今回は投資の初心者なんでけど何から勉強したらいいか?どんな準備が必要か?という疑問の答えます。

これは投資やっているけどうまくいってないという方にも参考になると思います。


先に答えを言いますと
成功者の真似、自分の目標設定、お金が増える仕組みの理解です。

本題に入る前に
僕は株の経験12年と不動産、成功のノウハウがあるからこの内容をお伝えしても少しは信頼してもらえると思います。

実績の一部です。
株実績
株実績

では本題に入ります。

成功者の真似

真似

成功してる人を徹底的に真似しましょう。

まだ投資でわからないことばかりで不安な気持ちがあると思います。僕も同じでした。なんたって大切なお金を使うわけですから、『減ったら嫌だな』と心配ばかりでした。

 

ですが、自分と同じ知識ゼロや投資未経験でも成功したという本や情報を見て『大丈夫だ』といい聞かせていました。

 
なぜなら、僕と同じように投資とは無縁の生活をしていた人達が成功者のやり方で行動したら、うまくいったという話しばかりで自分にもできる内容だったからです。

 

具体的には金持ち父さん貧乏父さんの本で資産から資産で稼げ、バフェット氏の師匠グレアム氏のバリュー投資などを教えが役に立ちます。


そして、世界中で金持ち父さん貧乏父さんの本を真似してうまくいく人、バフェット氏も師匠の真似から入り今では個人資産9兆円以上です。

 
うまくいく人はごく一部だよと思うかもしれませんが
僕は独学で失敗するよりは安全だと思いました。


訳は成功者も失敗したはずでなのにそれでも最終的には大きな資産を作っていました。最初から簡単にうまくいくとは思ってなかったので投資の勉強に打ち込めました。


天才の方や自信がある投資方法が既にある人はそのまま突っ走っていいと思います。ですがそうではない人は投資で成功してる人の本でもネットでもSNSでも調べまくって徹底的に真似することをオススメします。

 

その際、1つポイントがあります。
どんな人を成功者を真似するかです。これを間違えれば、あなたがどんなに頑張っても成功は難しいです。


では探すポイントは成功期間と同じやり方を実行した他の人の状況です。


グレアム氏のバリュー投資を例にすると
同じ方法を実行して成功したバフェット氏、日本一の個人投資家と言われた竹田和平氏もほとんど同じ方法で成功をしました。


このように理想は成功者の数珠つなぎが出来ている方法です。
探してみましょう。

自分の目標設定

目標

自分の目標が決まらないと何がいいのか?悪いかも判断できないので目標をだいたいでも決めましょう。
 
投資とは関係ないじゃんと思うかもしれませんが違います。
めちゃくちゃ関係があります。

 目標はゴールです。これが決まっていないと投資のやり方も決まらないので成果を出すのは難しいです。

 

1年後には倍にしたいのか?損をしないことを重視したいのか?あなたの考えや目的について投資を始める前に1度よく考えてみましょう。


目標なんて投資を始めてみないとわからないという気持ちもあると思います。もちろん、言ってることは間違いではないです。やってみないとわからないことが沢山あります。


それでもしつこいかもしれませんが、目標は投資をスタートする前に必要です。その方があなたが無駄な失敗や時間を使わなくて済みからです。

曖昧でもいいんです。とりあえず1年損しないようにしたいとか最大限に稼ぎたいでも目標と言えます。

 

すると自分の考えと投資方法が合ってるのか?合ってないのか?の検証ができます。仕事でも使ってるPDCAサイクルと一緒です。


始めのP、プランがないと行動しても何を評価、改善するのかが曖昧になって何度も投資で損をすることにもなりかねません。


なので、まだ目標がない方はすぐにでも作りましょう。
既に目標がある方はいつまでに?どれくらいの利回りが理想か?などより具体的な目標にすればいいと思います。

お金が増える仕組みの理解

増える

投資する最大の目的はお金を増やすことです。
増やすためには数多くある仕組みを学ぼう。
 
投資について学ぼうとしているあなたは間違いなく今よりもお金を増やそうと考えてるいるはずです。

投資で儲けて会社を辞めたい。
自由な使えるお金が欲しい。
美味しいご飯を毎回食べたい。
 
今の現実よりイイ未来が来て欲しいです。
 
そのために必要なことの1つが
数多くある増える仕組みを勉強することです。

理由は簡単です。成功するためには仕組みや一定の法則があります。それらを学べば同じように成功する可能性が高いからです。同じことを再現すればいいということですからね。
 
 事実、成功の仕組みというものは誰かうまくいった人が残したり、使った方法なので最低1度はその方法で実績を出したということになります。
 
具体的には
投資先は利益率が高いビジネスモデルか?違うかを見極めるという1つの方法があります。
 
利益率が高いビジネスモデルの1つがコカ・コーラです。
みんなが1度は飲んだことがあるでしょう。
 
作る工程が簡単で人の味覚も大きく変化することはないので今でもずっと儲かる仕組みになっています。

その作る過程を詳しく説明しますと
まず、コカ・コーラが自社で開発した濃縮原液または原料粉末、シロップ、これらを水で薄めてボトルに入れて出来上がりです。
 
ここで注意点があるのですが
コカ・コーラ全部が儲かるビジネスモデルではないです。
先ほどの濃縮原液や原料粉末を作る部分が儲かる仕組みの要です。
 
その後の水に入れて薄めてボトルに入れる部門、いわゆるボトラーと呼ばれる部門なんですがここは儲かる仕組みではありません。
 
実際、アメリカのコカ・コーラ本社はこの儲かる仕組みとそうでない部分を切り離しをどんどん進めています。
 
日本の上場企業にコカ・コーラと名のつく会社がありますがそれはボトラーという儲けを出すのが大変な部門を中心とした会社です。
 
このように一個人でも会社でもいいので多くの儲かる仕組みを理解することが投資を始める前に大事になります。1つ1つ覚えていくことであなた自身が儲かる仕組み作りに役に立てるようになります。

お金が増える仕組みの失敗例

失敗
 
でも成功者を真似て失敗したり、うまくいかないことは多いから信用できないよと考える人もいると思います。

その場合、真似する精度不足か時代の波に乗った方法なので再現が難しいという2つのことパターンが考えられます。
 
まず、真似の精度不足についてです。これは本人の認識不足か
自己流に走っている可能性が高いと思います。
 
僕も似たような失敗をしたことがあるんですが、成功するための条件が5つがあったとします。これを1つ1つ当てはめていくと1つ当てはまらないが惜しいという状況になります。

すると『他の条件はあてはってるし、すごくいい所もあった
からこれは買って大丈夫』と具合で失敗しました。
 
でも買った最初は株も上がってうまくいた!と思ったのですが最終的には損をしてしまいました。
 
このように、誤った認識や甘えで失敗するケースがあります。
成功者を真似るのは完全に同じになるまで努力や待たなければいけなのです。
 
次の自己流に走るのも似たような感じです。成功者のやり方に自分の条件をプラスしたり、他の成功者の方法とを合わせると良くない結果になることが多いです。
 
基本的に、成功しているやり方は他のイイ部分と相性が合わなかったりで取り入れてないことが多いので完全に1つ成功方法を真似るようにしましょう。
 
 
最後に時代の波に乗った方法についてです。
ITバブル、ソーシャルゲームバブル、仮想通貨などです。
この方法でうまくやろと考えるのはオススメできません。
 
 
もちろん多くの方が成功して、しかも短期に2,3倍以上の投資成績を残すこともできます。ですが、それも一部の方で早く情報をキャッチし、しかも売り抜ける決断が非常に大事です。
 
 
大抵の人は買ったまではいいがもっと会社は成長する、もっと上がるという予想を外し売り逃したという人が多いです。
 
このように増やすためには数多くある仕組みの中でも
あなたや僕が同じように再現できない方法を真似るのはよした方がいいと思います。
 
今回は以上となります。
読んで頂きありがとうございました。
 

コメント