【ブログの書き方】パターン化して短時間で質の高い記事を書く3のコツ

【ブログの書き方】パターン化して短時間で質の高い記事を書く3のコツ ブログ,アフェリエイト
【ブログの書き方】パターン化して短時間で質の高い記事を書く3のコツ

真面目に国語の授業受けても
成績は3だった、ぺいです。


文章書くことやしゃべることも苦手です。

でも、ブログはやりたいんです。
稼ぎたいんです。

  • けど何を書いていいかわからないし
  • 他の人のブログ見ても同じようにうまく書けない
  • ネタもいい言葉も浮かばない

 

というような悩みを僕自身や
同じ不安を持っている人のために
解決方法の1つを書いていきます。

 

先に結論を言うと
この3つのステップをやって僕自身は
解決できました。

  1. 1番伝えたいことを1つに絞る
  2. 誰の役に立つか?決める
  3. 決めた人となぜ?と言われたり
    会話するように書く


僕はペルソナ?キーワード?
リサーチ?とか横文字よくわからないし
文字を考えるのも苦痛でしたが


この3つステップをやって
ブログ書き方をパターン化すると
短時間でスムーズに
書けるようになりました。

ブログの書き方の秘訣は会話?

これでも小難しい感じに見えますので
一言で言うと『会話する』
ように書いている。


これが秘訣です。

 

文章を書こうとするからうまくいかないのです。
だって普段しないことですから


でも、会話は毎日しますよね?

  • 職場の同僚、上司、後輩
  • 奥さん(旦那)さん、子供
  • 友達、恋人

などと日常的にしているようにです。
専門知識は必要ありません。


なのであなたにも、誰にでもできます。
嘘かも、小学生より下の子供はできないかな。


では3つのパターンを秘訣を大事にしながら
大切な順にお伝えします。

1番伝えたいことを1つに絞る

伝えたいことは1つにして

結論、1記事1話題に決めて書くことです。

 

ブログをうまく書ける方も
日常会話がうまい人も


これが出来てるので
何を言いたいのかすっと頭に入ります。

 

なので見る聞く人は分かりやすいので
悩みが解決やいいこと知ったと満足できます。

これができないまま
SEOだ、特化ブログにしようだ雑記にしょうか
キーワードがどうとかで悩んでも意味はありません。


なぜなら
誰かの悩みの解決、役に立つ情報提供が
Googleの目的であり、あなたや僕の目標
(にすべき)です。

 
もし、小手先のテクニカルだけで
検索上位されても(ほとんどないことですが)
クリックした人から信頼もされないし
それ以上何もしてはくれません。

 

そもそも、1記事1話題が出来ないと

  • 何が言いたいの?
  • わかりづらい
  • ネタもすぐ尽きる

といいことはありません。

 
したら具体的にはどうすればいい?
と思いますよね。

1記事1話題に決め方は?

1記事1話題

話しを細分化すればOKです。
カッコつけた言い方ですみません。

他の言い方だと小さい話題を細かく
丁寧に書くことです。
 
 
ある1つのオススメの本を記事に
書こうという状況に例えますと

 

良い例

  • 株はバリュー投資!元祖のやり方を書いた本
  • 100年以上を使われる安心の投資方法!その本
  • 世界一の投資家バフェットには師匠がいた!その本
  • 僕が実践したら1000万円儲かった!その本教えます
  • 株はアメリカのやり方がいいの?それが分かる本

 

ダメな例

  • 読んで良かった株の本の話し
 
このように1つの本で記事を書こうとするにしても

その中の小さい話題を拾って細かく
解説するように書くことでネタの数は増えるし
自然と誰かの問題を
解決できる記事になります。
 
なぜなら、
人の悩みは数が多く個々に違うからです。

株の本を探してるという人
でも目的は様々です。
 
  1. バリュー投資を勉強したい人
  2. 安心できる株の方法を知りたい人
  3. バフェットさんのこともっと知りたい人
  4. 実際に儲かる株のやり方が知りたい人
  5. 株はアメリカ?日本なのかを知りたい人

と1つの本でも欲しい情報は様々です。

ちなみにこの本はベンジャミン・グレアムの
『証券分析』という本です。

ちょっと株だと分かりにくいという方には
ブログの書き方で言い換えます。
 
  • SEOに強いブログの書き方
  • アフェリエイトに強いブログの書き方
  • 特化ブログのための書き方
  • 雑記ブログのための書き方
  • PVを増やすためのの書き方
  • 商品を買ってもらうための書き方

となります。

誰の役に立つ?立った?を決める

 

オススメは過去の自分です。
他には友人、親、兄弟がいいです。
なぜなら、実体験(それに近い)リアルな話しが
会話のように自然とでき、細かい描写、
心情などで説得力も増すからです。
 
 
反感あるかもですが、慣れないうちは
  • ペルソナを考えるとか
  • ターゲット決まるとか

は無意味です。むしろ害です。

 

なぜなら

  • ペルソナ決める→ズレてる→記事もズれる
  • ターゲット決める→体験したこない想像の話しが入る
    →記事が胡散臭い、薄い内容になる

 

悪いことしか起きません。
これはブログ初心者の僕の実体験です。


ペルソナに悩んで1日無駄にしてました。
さらに記事を書くのがより面倒くさい気持ちに
なり次の日は何もする気が起きませんでした。


ペルソナやターゲット決めるのも
技術、経験が必要です。
記事を書く技術がないのに
また他のことを学ぶのは負担です。

 
先に記事書けるようになったと思ってからでも
取り入れればOKです。

 
というか過去の自分自身が1つの
ペルソナやターゲットなので過去の
自分を応用すればいいだけです。

 

ちなみにこの記事も過去自分の
向けての記事です。

 

出来てる今の自分の状況プラスして

  • 成功した理由や経験
  • 過去のできない自分の過程を思い出したり
  • 比較してみたり
  • 当時の気持ち


などを書いたりすると文字数を増えます。

決めた人からなぜ?と言われたり会話するように書く

なぜ?という会話を続けて

 1番伝えたいことを書き(会話)始めにして
なぜ?理由→なぜ?理由→それは何?と
会話のように繰り返します。

 
やり方は?と思いますよね。
このブログ記事を実際の当てはめてみます。


記事で 1番伝えたいことは

ブログの書き方パターン化することです。

 

  1. なぜ?自分がブログ書くのに苦労したから
  2. なぜ?やり方がわからなかったから
  3. それ何?1記事1話題するんだよ
  4. なぜ?分かりやすくするため
  5. なぜ?質を上げて読まれたいから
  6. それだけ?誰に役に立つ記事も決める
  7. なぜ?リアルな話を書くため


基本、なぜ?理由→なぜ?理由の繰り返しです。
でもそれだけでは情報が少ないので

それは何?や、それだけ?と
過去の自分や友人から質問されるように
話しを広げましょう。


広げる中身は?以下の内容です

  • 自分が成功した理由や経験
  • 過去のできない自分の過程
  • 今と過去の比較
  • 当時の気持ちを文字で

これらの話しで肉付けしていけば質が高い内容で
2000文字ほどを2時間くらいと短時間で書ける
ようになっていきます。

まとめ

ブログの書き方のまとめ

今回の内容は

ブログ記事は書き方をパターン化して
短時間で質の高い記事を書こう!
でした。

 

その3つの流れが

  1. 1番伝えたいことを1つに絞る
  2. 過去の自分に向けた内容にする
    (友人、家族可)
  3. 決めた人となぜ?
    と言われたり会話するように書く

 

この3つを記事を書く時のパターンとし
2000文字を2時間くらいと書けることを
目指しましょう。

 

最後に

僕はブログをやり始める前は
自分の書きたいこと書くだけで簡単しょ
と思っていましたが


現実は全く違いました


書く以前に検索に
引っかからないと意味がないので

  • SEO対策
  • タイトル決め
  • キーワード設定
  • ライバル調査

などきりがないほどやることが多いことで
毎日ため息が出ました。
時間が足りないな~と。

本業の仕事にも影響が出てイライラも
してました。

この状況を改善するために

まず記事を書く時間短くしたかったので
今回の記事のパターン化できた時は
本当に嬉しかったです。

 
僕がこれの方法が役に立ったので
他の誰かのブログを書く負担も減らせたら
より幸せです。

人気記事
~ブログにファンをつける【体験談の書き方】の記事~

コメント