ブログを早く書く方法【時短】僕は最初の頃より約2時間早くなった秘訣

ブログを早く書く方法【時短】僕は最初の頃より約2時間早くなった秘訣 ブログ,アフェリエイト
ブログを早く書く方法【時短】僕は最初の頃より約2時間早くなった秘訣

ブログって初めは楽しんだけどやり続けてると

  • 記事を書くのに時間がかかってやめた
  • うまく書けなくて悩んで時間だけが過ぎてた

と言う悩みや不満でやめてしまったり
そもそもやるのが面倒という人多くいます。

今回はこういったものを解決する
方法の1つの作戦をご紹介します。

僕自身も同じことを過去に
思ってまして1つの記事を書くのに
5、6時間かかったり

どんなこと書こうかなと悩んでるだけで
1日2日と何も進まなかった
ことがよくありました。

これらの難題を今は克服して、
ブログを続けられてる方法なので
参考にしてみてください。

ブログを早く書くには事前準備が命

僕自身ブログを約1年前から
書き始めて痛感したのは自分に合った
ブログの書き方を早く確立することの大切さです。


記事を書くのは時間を長く使うしでストレスが多くて
始めて1ヶ月でもう辞めようと正直思いました

けれど、今1年以上続けられたのは負担の少ない
書き方を僕なりに作れたからです。

これらを対策するためのツールが

  • Google ドキュメントの音声入力
  • スマホでの音声変換
  • 関連ワード検索でブログネタ仕入れ
  • goodkeywordでもキーワードが探しやすい

これらを使う前はブログを書くことが
嫌な気持ちになる場面が多く

  • 書く内容が決まらない
  • 文字を打つのが面倒
  • たくさん書いても成果が出ない

という悪いことだらけでした


が上の3つのツールを使い負担が減り
ブログを書くことも楽しくなり
記事の数も自然と増えるという
好循環を作り出すことができました。

ぺい
ぺい

僕は特にタイピングが苦手だったので
パソコンでもスマホでも音声入力できる
環境にしたのがデカかったです

 

 

書くネタ、ワードを早く決める方法

テーマ+悩み+細分化や関連ワード検索
できたものをそのまま使います。
画像で見ると下になります。

ブログネタ検索


僕の場合ここで結構つまずきました。

  • 何を書いたらPVが増えるだろうか?
  • 自分が書きたい内容は誰かの
    悩みを解決できるか?

などこの最初の段階でだらだらと
考えてしまい1、2時間と時間が過ぎて
気づいたらスマホいじりに夢中になってた。

めんどくさくなって飯食ってたと
いうのがよくありました。(今でもたまにありますが)

これが改善できたのが
テーマ+悩み+細分化や関連ワード検索を使い
30分くらいで記事のテーマ5~10個作り、
1個づつ書いていくことに変えたからです。

このやり方で1回1回記事の
方向性に迷うことがなくなり。
約1時間は短縮できました。

後、1度書いてみて記事を公開した後の
反応を見ないと良かったのか?
悪いかったのか?

検証できないから、
まずは書かないと始めらないな!
と気持ちを切り替えたのも理由です。

ライバルサイトを参考にする【特に小見出しを確認しよう】

ブログを書く人の目的は大抵

  • お金を稼ぐため誰かに
  • 役に立つ情報を教えたい

この2つだと思います。

この目的に早く到達するためには
今現在うまくいっている、
他の記事を分析することは絶対に必要です。

流れ以下になります。 

  1. 書く記事のキーワードをYahooや Googleで検索
  2. 上位1から5位のサイトの記事を見る
    (広告サイトは入れないで)
  3. 小見出しや要約はどんな内容になってるか?
    どんな共通点があるか?
    などを調べ自分の記事でもその内容に触れる

これらの情報を書き出しておく
後は、ひたすら書くことに集中できます。

具体的な例としては
株のやり方を書こうとしたら

  • 勉強方法は何がいい?
  • 始めるには何が必要?
  • 株のリスクを知りたいか?
  • どこの証券会社がオススメか?
  • 利益が出る仕組みはどうなってる?

などの書くテーマに合った疑問や不安を
記事の中で多く解決するためのネタ
仕入れていきましょう。

オリジナリティを出して書きまくれ【完璧を求めなくてOK】

最後は今までの流れで得た
ユーザーが知りたい情報や悩みについて
思うように書くだけです。

大事なのは自分の過去の体験や
素直に思ったことを書くことです。 

なぜなら、
どんなブログを書いていても
みんなが同じ部分で悩みます。

それは内容が似ている
同じ情報を書いているということです。

僕が株の知識をを書いても
それはすでにネットに書いてある情報です。

  • うまく書けてないから書くの辞めよう
  • 人気のブログみたいにわかりやすく
    ないからダメだ

と悲観ばかりしなくて大丈夫です。

ブログを見てくれる読者も検索の
上位に行くためにはGoogleは
オリジナリティがある内容求めています。

完璧ばかりが正解ではなし、
始めから全部できる人はいません。

心配ばかりするよりも
早く記事を多く書き出して


僕自身やあなた自身が今まで生きてきて
体験してきたことや経験したことを
表現することが有効な手段の1つです。

ぺい
ぺい

ブログは書き方を悩むより経験値を
積み上げて成長していく
ものだと僕は思うよ

まとめ

今回はブログを早く書くための
方法を書きました。

まとめると

  1. 書く前に音声入力や
    ブログネタ仕入れる準備をする
  2. 書くネタ、ワード毎回調べるのでなく
    5~10個と一括で作っておく
  3. ライバルサイトの小見出しや
    情報を書き出しておく
  4. 調べた情報をオリジナリティを
    つけて書きまくる(うまく書こうとしてくてOK)

この流れを固めて僕はブログを書くスピードは
約6時間だったのが今では約4時間になり
2時間短縮できました。

ぺい
ぺい

もっと記事を書いていけば
さらに早くなると感じてます。

もっとブログを早く書く方法

今までの手順でブログはかなり早く
書き終えることができるようになります。

やり始めは難しいかもしれませんが
記事を書けば書くほど時間も短くなり
自分が伝えたいこともうまく書けるように
なって成長を感じられるはずです。

と言ってもあれだけではなく
ブログを書くことをには試行錯誤や
新しいやり方を試してみるチャレンジ
精神が大事であると肌で感じています。

なのでまだまだあるブログの書き方を
お伝えしてきます。

ブログを書く時のルールやパターンを作る

ブログを書くのに時間がかかる人の
特徴として毎回大きく違う書き方を
やろうとしてしまいます。

これは新しいことに挑戦してはダメと
いうことではなく

  • 記事の中身は挑戦したり毎回違くてOK
  • ブログの書き方やテンプレートは固定しないとNG

記事自体は同じものは2つもいらないので変えますが


誰かの悩みを解決してあげたり、
励ますことは変わっていけないので
この部分は毎回同じルールにして方が
記事も早く書けるし、内容の質も保たれる
メリットがあります。

~さらに詳しくブログの書き方
パターンを知りたい人はここ~

コメント