マネックス証券はIPOやるなら持つべき?特徴、申し込み方法などを徹底解説

マネックス証券はIPOやるなら持つべき?特徴、申し込み方法などを徹底解説 IPO
マネックス証券はIPOやるなら持つべき?特徴、申し込み方法などを徹底解説

投資なんて金持ちばかり優遇で嫌
経験者はいい思いしてるんだろ?

という不満や疑問を応えられる
1つの方法があります。

マネックス証券で口座持って
IPOに申し込むことです。

完全平等システムという
誰にでも同じ可能性で
チャンスがあるので1度
考えてみる価値があります


そして資金拘束の部分や抽選方法や仕組み
などのわかりにく部分があります。

これらについても
詳しく特徴を説明していきます。

~その前にIPOってそもそも何?
という人はこの記事を見て下さい~

IPOでのマネックス証券のルール、特徴

  • ネット配分100%!かつ平等抽選
  • 優遇制度もなしで公平性、NO1
  • IPO参加回数も多い
  • 1社申し込みごとに資金を拘束される

マネックス証券は全てのIPO株を
ネットからの抽選参加者だけで分けます!

それの何が凄いの?と思う方もいますよね。

例えば

みずほ証券やSMBC日興証券や
野村証券など大手と比べてみます。
これら大手は

  • 店舗からの直接の申し込み
  • ネットからの申し込み

の2つに分かれて株配分の比率が
店頭9割:ネット1割になります。

例えば、1万株数を任された場合

  • 野村証券⇒1000株のみネット抽選分
  • マネックス証券⇒1万株すべてネット抽選分

とこの場合10倍の
当選チャンスがあると言えます。

と言っても申し込む人の数によって
確率は変化しますので実際にはそう
単純にいきませんが

ネットから申し込みが優遇されているのは
間違いないです。

完全平等システム!【初心者、資金が少なくても問題ない】

完全平等抽選システム
ってどうゆうこと?
  • コンピューターによる完全ランダム抽選
  • 申込者単位で抽選
    (資産・申込株数に関係なく当選確率はみんな同じ)

イメージとして
1人に対して1回の抽選権が持って
くじを引くようなものです。

他と比べると

  • 口座に1億円預けている人は当選確率が上がる
  • たくさん取引きしたら有利だ

ということがあるので

マネックス証券のこの方法は
完全平等抽選システム

言われてます。

ちなみに10年以上前から口座持ってる人も
口座を開設したばかりの人も
当選確率は同じです。

ぺい
ぺい

この安心感で信頼できるん
ですよね!

IPO参加回数も多いので当選チャンスあり!

マネックス証券は主幹事を
任さる機会はほとんどないですが

IPOに数多く参加している
会社なので多くの
チャンスがあります。

過去5年分のIPOへの
参加回数をデータ化すると
以下になります。

 参加回数
2019年46回
2018年53回
2017年49回
2016年46回
2015年52回

毎年安定して、50回前後
申し込める機会があるので


重要な証券会社として
僕や多くの人が口座を持って
抽選に参加しています。

 

関連記事
~IPO当たらない!【実話】やめた人の悪い所5つの改善したら!年100万目指せた話し~

資金拘束の仕組み覚えよう【ややこしいのはここ】

マネックス証券は1社
IPOを申し込む毎に仮条件価格分のお金を
預けなくてはいけません


毎回、資金が拘束されてしますのです、
わかりにくと思いますので
流れで説明します。

  1. 証券口座に20万円入っている
  2. 10万円必要なA社の申し込みをした
    (20万ー10万)後10万分は
    申し込みの余裕がある
  3. 次の日30万必要なB社の申し込みがある。
    (10万ー30万)後20万円証券口座に
    入れないとB社の申し込みができない

この流れを覚えておくことが必要です。

申し込んでから抽選結果が出るまでの間
の約1週間はその分のお金が動かせないと
いう認識がいいです。

ギリギリに申し込めば約1、2日の資金拘束
済みますが申し込み期限に間に合わないと
元も子もないのスケジュール管理が
大事になってきます

マネックス証券のIPOでかかる手数料

マネックス証券でIPO関連での手数料は
当選した株を売却する時、以外0円です。

  • 申し込みする時
  • 購入時

などでも、手数料を取られる
ことはありません。

ぺい
ぺい

他の証券会社も同じですよ!

唯一、手数料が発生するのが
当選したIPO株を売却する時です。

これは他の株と同じように
売れた時の株の値段に応じて
手数料がかかります。

マネックス証券の場合
以下がIPO株を売った時に
かかる手数料です。

株が売れた時の値段(約定金額)手数料
10万以下100円
10万~20万円以下180円
20万~30万円以下250円
30万~40万円以下350円
40万~50万円以下450円

データ元:マネックス証券(2020年時点)

ネット証券なので手数料は
比較的に安いです。

他の大手証券会社では
40万~50万円以下の株の売却で
1000円以上の手数料がかかる
ケースがあります。

 

 

マネックス証券IPOの抽選結果表示について

当選、補欠当選、落選の3種類です。
言葉の意味のままでわかりやすいです。

なぜなら証券会社によっては
抽選に落ちたお知らせが次点、補欠
なの言い方が違うので見方に注意が必要です。

ちなみに選、補欠当選の結果が出てから
約3日以内が購入申し込みの期間です。

期間内に申し込みをしないと
せっかく当選していても
落選と同じ扱いになります。

IPOのペナルティ【マネックス証券はなし】

IPOには当選した株を購入辞退
(キャンセル)した場合、
その分のペナルティを受けてしまう
証券会社が一部存在します。

マネックス証券にはないので
安心して申し込みできます。


ちなみに

  • SMBC日興証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

の2社は購入辞退をすると
その後1ヶ月間はIPO参加が
出来なくなるペナルティがあります。

 

最後にIPOで成功できるかどうかは
申し込みの数=口座の数で決まります。

以下、お持ちでない方は無料で
数分で作れますよ。

人気記事 マネックス証券の口座開設のやり方、手順!画像付き

人気記事 SBI証券の口座開設のやり方、手順!画像付き

コメント