IPO野村証券からの当選は期待するな?特徴、申し込み方法などを徹底解説

IPO野村証券からの当選は期待するな?特徴、申し込み方法などを徹底解説 IPO
IPO野村証券からの当選は期待するな?特徴、申し込み方法などを徹底解説

IPO 投資に興味がある
野村証券は作った方がいいの?

という方の悩みを解決できる
お話をしていきます。

先に結論を話すと
野村證券口座は作った方がいいです

ですが野村證券から
IPO当選は過度に期待しない方がいいです

特にネットからの申し込みは
他社より手軽にできるのが好きな分、
よく知らない時は僕自身、
すごい期待しちゃってました。

この辺を詳しく解説していきます。

~その前にIPOってそもそも何?
という人はこの記事を見て下さい~

IPO においての野村証券の特徴

  1. 主幹事実績ナンバー1
  2. 主幹事の数の割に当選しづらい!?
  3. 0円で申し込みできる

簡単に主幹事のことを説明すると
IPOする企業をメインで
助ける証券会社のことです。

その分、任される株数も多いので
主幹事から IPOを申し込むこと
はとても大事です。

ここを任されることが
1番多い証券会社になっています。

実績をまとめました。

  • 2019年主幹事数、3位18回
  • 2018年1位26回
  • 2017年1位28回
  • 2016年1位23回

昨年度はナンバー1ではなかったですが
さらに過去3年は1位ですしもっと前を
遡っていってもほぼ野村證券が1位です。

理由としては国内最大手の証券会社であり、
保有証券口座も約533万口座と
他の大手証券会社より多く、
昔の人は株=野村という人までいたくらい
頭1つ抜け出ています。

関連記事

~主幹事って何?という方のここで詳しく説明します~

IPO主幹事数1位の野村証券が当選は、、1位でないと言われる訳

ネットからの申し込み視点
で話してるからです。


実際に主幹事から株数を
1番多く割り当ててるのは野村證券です。

そもそも申し込み方法が

  • 直接店舗からの裁量
  • ネット経由

の2つのパターン存在します。

この2つの配分比率には闇が多いですが

野村證券は他の大手証券会社に比べて
ネット経由での当選は少ないです。
口座数も非常に多いことも原因の1つと
して考えられます。

 

事実、僕自身 IPO 申し込んで
野村からの当選は極端に低いですし
有名IPO投資家の方たちや参加した方の
数多くの声同じ意見ばかりです。

となんだかんだ言っても公式見解は
ネット配分10%完全平等抽選
となっています。

兎にも角にもたくさん申し込むことで
IPOを楽しみましょう。

野村證券の店頭口座でIPOに当選を狙えばいいじゃないの?

こういったふうにネット経由での
導線が少ないという考えから


逆に店頭からの申し込みの方が
IPO当たりやすいからそっちから
申し込めば当選が増えるんじゃないの?

と疑問に思う人もいます。
しかし実際には資金力という
大きな問題が立ちはだかります。

僕自身の経験ではないので
聞いたり見たりした意見になってしまいますが


資産が少なくとも1000万以上、
数千万円くらいの運用資産を野村證券だけに
預けられる資金力がないと
IPO 株は回ってこないという意見もあります。

やはり野村證券は最大手の証券会社であり
昔ながらの資産家や6、70代お金が
億単位もあるような上流階級の
人との取引も多いです。

僕の友人が勤める有名一部上場企業の
4、50代の管理職方達の資産運用の話
になると金額的には3、4、5000万など 大きな金額です。

大きな金額を動かす分、証券会社には
多くの手数料が入るのでお得意様にはより
有利になるのが店頭口座での IPOなのです。


資金に自信がない僕はネット
申し込みを精一杯頑張ろうと思いました。

0円で申し込みできる

IPO に申し込むためには基本的に
必要な金額を証券口座に預けてから
でないと申し込みできないです。

これは冷やかし防止や当選してから
手続きの時間が短いからなど
様々な理由があります。

なのである程度現金を証券口座に
入れておくなど手間が通常かかるんですが
野村証券はお金なしで申し込みできるので
非常に気軽に参加できます。 

申し込みの流れ

他の多くの証券会社と同様自分が

  1. 申し込みたい証券会社を選び
  2. 会社の情報を確認し
  3. 申し込みの手続きをする

という流れです。
お金なしで申し込みできるので
残高が足りないので申し込みができない!
という心配がないので安心です。

ぺい
ぺい

スムーズに参加手続きが
出来て嬉しいです。

IPOの抽選結果表示方法

当選、補欠当選、落選の3種類です。

言葉の意味のままでわかりやすいです。


証券会社によっては
抽選に落ちたお知らせが次点、補欠
なの言い方が違うので見方に注意が必要です。

当選、補欠当選した時は時間との勝負

申し込みした結果、当選、補欠当選した
時に初めてお金を準備する必要があります。

この時必要なお金を入れない
と手続きが先に進めません。

しかも期限は当選が発表されてから
約3日間と非常に短い
です。

期間内に申し込めないと手続きする
意思がないとみなされて落選
同じ扱いになります。

金額は上場する会社の価格に
よるので一概にいくらかわかりません。

近年は約5万円から
30万円前後必要な傾向があります。

IPOペナルティ!野村証券はない

IPOには当選した株を購入辞退
(キャンセル)した場合、
ペナルティが一部の証券会社で存在します。

野村証券にはないので気にしないで下さい。


ちなみに

  • SMBC日興証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

の2社は購入辞退をすると
その後1ヶ月間はIPO参加が
出来なくなるペナルティがあります。

野村証券口座を作るならここ

IPOで成功できるかどうかは
申し込みの数=口座の数で決まります。

以下、お持ちでない方は無料で
数分で作れますよ。

人気記事 SBI証券の口座開設のやり方、手順!画像付き

人気記事 マネックス証券の口座開設のやり方、手順!画像付き

コメント