初心者用、IPOで勝つための【知識集】外せない10手!2019年最新版

初心者用、IPOで勝つため【絶対に】外せない10手!2019年最新版 IPO
初心者用、IPOで勝つため【絶対に】外せない10手!2019年最新版

お小遣い稼ぎにも、始めての投資にも
忙しい会社員の方にも、主婦にも
IPOは最適だと思ってる、ぺいです。


僕は会社員時代にIPOを知り始めました。
ですが始めは何を学べばいいのか?
たくさん情報がありすぎてどれから?

 
など考えて不安になったり、
学習するのを苦労しました。

仕事しながら新しいことを
やるのはしんどいです。


僕以外にもこんな悩みを持っている
人がいると思います。

 

なので今回はIPOに関して最低限な知識を
分かりやすいようにまとめてみました。

 

内容の信頼性
僕はFP2級を取り、株歴が12年もあり周りの友達、
知り合いから相談されることがよくあります。

なので過去に自分が悩んでいた部分にプラス
まだ投資やIPOをやったことがない方の疑問や
不安な所を解決できるように書いていきます。

 

今回の話しの内容 

 

IPOをやる前に必要な知識

  • 証券口座を持とう
  • 無料で始められるし、個人情報の管理体制も厳重
  • スマホでもPCどっちでもできる
  • IPOはどんな仕組み??
  • 0円で参加までできる
  • 当選を目指すなら20,30万以上の資金は必須

 

IPO実践に必要な知識

  • IPO主幹事の調べ方
  • スケジュールの確認
  • 証券口座にお金を入れる方法
  • 予想サイトの活用

 では実践する前に覚えておいて
欲しい内容から話していきます。

IPOをやる前に必要な知識

IPOやる前

  1. くじのような流れの投資である
  2. 無料で作れる証券口座が複数必要である
  3. 0円でも参加できるがお金がある方が当選する


結論!この3つを理解して頂ければ
スムーズなスタートが切れるので
覚えてみて下さい。

 

まだIPOをやったことがない方や
興味はあるけど投資は怖い、不安だ
わからないことには手を出したくない。

 

と少しでも思う方はここから
見てみて下さい。投資はお金が絡むので
慎重になるのが当たり前です。


勢いが取りえの僕でも
始める前は2~3日睡眠不足や
お金がくなったらどうしょう、、、

と悩みました。

ですが先ほどの3つポイントが
あるのでIPO投資は特に始めて投資を
やる。大きな失敗はしたくない。


という方に安心して頂けると
僕は確信しています。

 
では3つのポイントを軸に
さらに事前に必要なお話しを
していきます。

証券口座を持とう

証券口座

いきなりですが
証券口座がないと参加できないからです。
  • 免許がないと運転できないのと同じく
  • 身分証がないと家を契約できないのと同じく
  • ゲームもアプリをインストール
    しないとできないのと同じく

 

IPOに参加するためには証券口座がないと
始めることすらできないので
ない方は持つ準備をすることがスタートです。

無料で始められるし、個人情報の管理体制も厳重

これだから投資関係は嫌だ!
怪しいんだよ!

 

と思いましたよね?
僕も経験してない時なら
これはやばい奴だ。と思い即、ウインド
を消します(笑)


でも、少し説明させて下さい。
証券口座は銀行口座とほとんど
変わらないんです。

具体的にはこの3つです。

  1. 無料で使える
  2. 個人情報は厳重に管理されてる
  3. 上場企業が運営している

 
今まで銀行口座を作って、勝手に利用されたり
危険なことはないですよね?
ほとんどの人がないと思いますが

証券口座も先ほどの3点がほぼ
一致しているので同じです。


強いてデメリットを言えば
マイナー会社の証券口座は
作らない方がいいと思います。

 
なのでSBI証券、マネックス証券
大和証券、SMBC日興証券、
みずほ証券など大手証券会社がオススメです。

スマホでもPCどっちでもできる

スマホ、PC

パソコンがないとできないので無理です。
という声をたまに聴きます。
A,パソコンなしでスマホでできます!
 
僕もようなおっさん世代の方から
たまにこれを言われます。

気持ち、よく分かります!!
僕は白黒携帯から使いJ-PHONEを
愛用してました。

その頃から比べ、今の技術は信じられないくら
進歩しています。
 
難しいことはパソコンが必要!
というイメージ僕にもまだあります。

ですが、勘違いです。
携帯(スマホ)でパソコンと同等の操作、
情報が扱えます。
 
しかも、スマホの方が手軽に始められます。
なのでどちらでもお好みで準備できます。

IPOはどんな仕組み?

仕組み

 IPOとは抽選に申し込んで当たれば
株が買えるという仕組みです。

くじと似たようなものです。
申し込み→抽選→結果発表の流れで
IPOは進んでいきます。
 
 今、伝えてるのがこの流れでいうと
申し込みの前の部分です。

0円で参加までできる

0円参加

次は申し込みに部分に関してです。
野村証券と岡三オンライン証券は
0円で参加できます。


特に野村証券は日本最大手の証券会社です。
無料で参加できるし、
しかも当選まで期待できます。

 

僕も実際に当選しました。
こんな手厚いサービスがある投資は
他にはありません!


『投資は先に本人がリスクを負う』

のが絶対です。これが本来の形です。


それがIPOでの無料で参加できる
野村証券、岡三オンライン証券は
とても親切な証券会社だと思います。

当選を目指すなら20,30万以上の資金は必須

リスクが少ないIPO投資でも
抽選資金という形で、抽選に参加する
ために必要なお金を入れないといけません。

 

(参加料、抽選料は0円です。抽選に当たり株を
購入する時のみお金かかります。)


その際に必要な金額は1回の抽選の
参加に対して10~30万前後必要です。

 
そして1回ごとの抽選は主幹事証券会社から
申し込むことが大切です。

 

~主幹事って何?知りたい方はここを
クリックして記事で確認して下さい~

 

主幹事証券会社は毎回違うので
1つの証券口座だけでなく
様々な証券会社の口座が必要です。 

IPO実践に必要な知識

IPO実践

  1.  IPOする会社はいつ申し込めはいい?
  2. 主幹事証券会社は?抽選資金は?
  3.  その会社当選したら儲かるの?


結論!この3つのポイントを
覚えればIPOでマイナスになる確率を
下げて、年数十万円の利益を目指せます。

僕、自身の実践結果を見ると

  • 年に1回2~3万円マイナス
  • 1年間のIPO利益が100万円前後

になります。
ではこの3個を中心に調べ方、
考え方を詳しく話していきます。

IPO主幹事の調べ方

日本取引所グループHP(ホームページ)の
新規上場会社情報からIPOする会社ごと
の主幹事証券会社がわかります。

IPOする会社は必ず日本取引所グループに
会社の状況やIPO(新規上場)の情報を
提出します。


なので、1番正確の情報を知るためには
日本取引所グループのHPを見ること
という理屈になります。

 
ですが
日本取引所グループHPではIPOの情報以外にも
上場済みの会社の情報など、たくさんのデータ
が載っています。


少し調べ方にコツがいります。
説明すると長くなるので

 

~さらに詳しく主幹事証券会社の調べ方は
ここをクリックして記事で確認して下さい~

いつ申し込む?スケジュールの確認!

いつ申し込む?

これも日本取引所グループHP
で見るのがいいです。
申し込む期間をブックビルディング期間
という言い方になるので覚え下ささい。

申し込み可能期間は約4日と
覚えればOKです。

ただし各証券会社で申し込み
開始時間、終了が異なります。

なので早め早めの申し込み
入力をすることが大切です。

証券口座にお金を入れる方法

お金入れる

証券会社専用のATMカードか
提携ネット銀行口座で
証券会社に入金するのが
手間が少なく、手数料がほぼ0円です。
他にも銀行振り込みなど入金方法は
数多くなるので1人1人の生活スタイル
に合っている方法がいいです。

 が手数料がかかる入金、出金方法
があるので注意して欲しいです。
 
表で見てみると下のようになります。
 
 手数料 詳細
専用ATMカード ほぼなし時間によってかかる
指定のネット銀行口座 ほぼなし証券会社との兼ね合いでかかるネット銀行もある
銀行振り込み かかる 

少ないが中には無料や証券会社から手数料が戻ることがある 

 
専用ATMカードがある証券会社

  •  SBI証券
  • SMBC日興証券
  • 野村証券
  • みずほ証券
  • 三菱モルガンスタンレー証券

 指定のネット銀行口座

  • 三菱東京ダイレクト(ネット銀行口座)

ならどこの証券会社への入金が手数料0円で
できるの便利。(提携していれば)

  • みずほワンズダイレクト(ネット銀行口座)

は三菱モルガンスタンレー証券以外への入金が
0円なのでこちらでも便利。(提携していれば)

抽選に申し込むかの判断は予想サイトの活用が早い

抽選

数多くのIPO予想サイトがありますが
96ut.comさんがオススメです。

理由はサイトの見やすさです。

 管理人さんが初値いくらになるかの予想や
コメント欄にIPO愛好家の方達の金額予想も
あり。しかもデータで平均化されています。

 
なのでこの数値とIPOする会社の株を
買うための金額と比較すれば

 

申し込むと

  • 利益が出る可能性が高い?
  • 損になる可能性が高い?

の傾向を知ることができるので申し込む前に
1度は確認しましょう。

まとめ

まとめ

今回、投資経験がない方や
不安な方にIPOに関して最初に
知って欲しい情報をまとめました。

 

IPOは細かいルールがあるため
別記事のリンクが多いのが申し訳
ないです。


時間がある時に、他の記事も
読んで頂ければよりわかりやすく
なってますので見てみて下さい。

 
ではこの記事も長かったので
内容をぎゅとまとめました。

 

IPOは 

  • くじのような流れで進む投資です。
  • 無料で作れる証券口座が複数必要です。
  • 0円でも参加できるがお金がある方が当選します。
  •  IPOの申し込みは
    日本取引所グループHPで確認です。
  • 主幹事証券会社や抽選資金の額も
    日本取引所グループHPで確認です。
  • 抽選に参加するかは予想サイトの
    96ut.comさんで最終確認しましょう。

コメント