IPOの【主幹事】って何?幹事との違いなど3つのポイントでFPが丁寧に解説します

IPOの【主幹事】って何?幹事との違いは?FPが丁寧に解説します IPO
IPOの【主幹事】って何?幹事との違いは?FPが丁寧に解説します

FPの勉強ではIPOは深く学べないので
新たに学んだ、ぺいです。


IPOを調べたりしていると
主幹事や幹事という言葉が出てきて

 

  • どんな意味?
  • 違いは何?
  • 知ることでどんなメリットがある?

という質問や疑問を持つことが多いです。

なので今回これらを解決できるように
1つ1つ丁寧に解説していきます。

 

IPOの主幹事,幹事って何?

IPOでの主幹事(しゅかんじ)とは?
IPOを当選するために1番申し込みを優先する
証券会社のことと覚えて下さい。

そして、IPOでの幹事は主幹事の補佐になります。
日常での幹事とはかなり違う役割です。しかも、幹事の数は多く
少なくても4社前後、多い時は10数社になります。


なのでIPOでは主幹事のことをより深く知ってることが
大切であり、役に立つ知識になります。
 

では主幹事について詳しく話します。
まず、主幹事は上場企業(IPOする会社)ごとに変わります。


例えば

  • A社の上場(IPOする)の主幹事はSBI証券
  • B社の上場(IPOする)の主幹事はマネックス証券
  • C社の上場(IPOする)の主幹事は大和証券

と企業ごとに違います。

基本は1社に1証券会社が主幹事です。
が例外があります。

 

規模、時価総額が大きい会社が上場するときは
1社に対して主幹事が複数になることがあります。

 
具体的には2018年のソフトバンク上場の時です。
この時の主幹事は6社です。

SBI証券、大和証券、野村証券
みずほ証券、SMBC日興証券、
三菱モルガンスタンレー証券の6社です。

次に主幹事はIPOに当選するためになぜ大事か?その理由です。


結論!!IPOする会社がこの時に募集する
株数の8~9割を任されるからです。
(主幹事が1社の場合)

 

なので万が一、主幹事からの抽選申し込みを
逃したりしてしまうと、、、
その抽選を8~9割失敗したと言っていいでしょう。


他の幹事である証券会社から申し込みを
しても残りの何%かを複数で分けているので
主幹事より圧倒的に期待できないです。

 

では根拠である数値を
具体例で見ていきましょう。


2019年6月にIPOしたインフォネット
という会社のケースを見てみます。


IPOで50万株を投資家に、市場に出しました。
それを主幹事であるSBI証券が
44万株分を担当しました。88%の株をです。

これをSBI証券、1社で担当したのです!
僕はこの事実を知って『IPOは主幹事申し込みで決まる』
と確信できました。


これに幹事証券会社が複数あり、SMBC日興証券が
3%である1万5000株を担当、

藍澤(あいざわ)証券が1%の5000株を担当したりで
残りを複数の証券会社で担当し

合計50万株になりました。

 

他には、主幹事が複数社の場合でその合計
株数の8~9割を任されることが多いです。


具体例では
2018年に上場した、ラクスルという
チラシ印刷などで有名な会社です。

 

IPOで1094万9900株を投資家に、市場に出しました。
それを主幹事である大和証券と
三菱モルガンスタンレー証券の2社で担当しました。


任せれた株の内訳が

  1. 大和証券:563万9200株で51,5%の割合
  2. 三菱モルガンスタンレー証券:295万6500株で27%の割合

主幹事で合計78,5%分の株を担当しました。

データ元:日本証券業協会

 

ちなみに主幹事の他の役割が
IPOする会社に資本政策の助言や内部管理体制の補助、
上場申請書類の作成などを手伝います。

 

他には証券取引所など調整、公開価格の決定にも関わり
サポートしています。


これらの対価が株の割り当ての多い理由にも
なっています。沢山の株を担当することによって
売買手数料で主幹事証券が多くの利益を得ます。

主幹事や幹事は違いは?

IPOする会社から任せれる株の割合が
圧倒的に違います。なので当選する確率も
圧倒的に違います。

この訳が

先ほどの内容と少し重なりますが
主幹事がIPOする会社から割り当てされる株の数と
幹事の割り当てされる株の数の差が
約10~何十倍にもなります。

 

根拠になる実例がこちら
2019年6月にIPOしたインフォネット社
という会社で見てみます。先ほども出てきました。


IPOで50万株を投資家に、市場に出しました。
それを主幹事であるSBI証券が
44万株分を担当しました。


幹事証券会社が複数あり
SMBC日興証券が1万5000株
藍澤(あいざわ)証券が5000株を担当したりで
残りを複数の証券会社で担当し
合計50万株になりました。

 データ元:日本証券業協会


この事実から計算すると

主幹事44万÷幹事1万5000=29,3333倍
主幹事44万÷幹事5000=88倍

 

で先ほど言った
主幹事と幹事の割り当てされる株の数
差、約10~何十倍に当てはまります。


そして、この結果は
インフォネット社がたまたまこの数値に
なったのではなく、その他の企業で調べても
ほとんど同じ結果になります。

 
でも
実際に当選するかどうか別なんじゃない?
と疑問に思う方もいると思います。


なので僕の当選実績で見てみることにしました。


2017どこか~2018末までの
当選回数からのデータです。


この間に22回当選しました。
内訳が主幹事19回、幹事3回です。

 

約85%主幹事からです。
でもこのデータにはあのソフトバンク上場の
結果も含まれています。

もし参加した人だったら
ソフトバンクで沢山当選した人多かったですよね?
辞退した人も数多くいました。

 
僕も当選も辞退もたくさんしました。
ソフトバンクの結果は主幹事6社で
6社全部で当選しました。


あまりに多いのでこれを除外すると
内訳が主幹事13回、幹事3回で
主幹事からの当選確率は約77%です。


これでも充分、高いです。
どんなデータで検証しても
主幹事が最も大事であることが証明されています。

知ってどんなメリットがある?

IPOの仕組みが理解できるようになります。
当選確率が上がる行動ができます。
 
主幹事について知ればIPOの仕組みも
自然と覚えることができるので
始めての方にとてもイイことです。
 
例えば
1つの企業がIPOするまでの簡単な流れを
理解したいとします。

まず流れはこうです。
 
  1. IPOしたい会社はどこか証券会社に頼ります。
  2. 大きな会社でない限り1つの証券会社に
    IPO(上場)の準備を依頼、相談します。
  3.  その見返りに証券会社はIPOしたい会社から
    投資家に買ってもらう株の多くの割合を任されます。
  4. このように1つの会社がIPOするためには証券会社が
    欠かせません。
  5. そして、この任される証券会社のことを主幹事と言います。
    (上場する会社ごとに主幹事は異なります)
 
最後に説明も入りましたが
IPOでの主幹事の意味、役割を知れば
このように流れや
 
なぜ主幹事に多く株が割り当てされるのか?
などが見えてきます。
 
 
そして、主幹事の重要性も同時に知ることが
できるのでこれを知っている方は当選する
可能性が高い行動を取ることができます。

まとめ

主幹事(しゅかんじ)という耳慣れない
言葉ですが今回の話しでIPOに対しての
意味はわかって頂けたと思います。


一言でいうと
主幹事からの申し込みを最優先にしましょう。

ということです。

理由は

当選するための株の割り当てが圧倒的に
多くあり、僕の(一般人がIPOを実践してデータ)
でも主幹事からの当選が8割近く
になったからです。

コメント