IPOの【主幹事】任される回数はどこ証券会社が多い?上位9社の結果と比較してみた

IPO【主幹事】任される回数はどこ証券会社が多いか?実績から比較してみた IPO
IPO【主幹事】任される回数はどこ証券会社が多いか?実績から比較してみた

僕はIPOの醍醐味は当選にあると思います。
特に主幹事を任された証券会社、
以外からの当選はさらに興奮します。

他にも

  • 売って利益が出た。
  • 新しい会社知るの楽しい

など、様々な魅力がありますが


抽選結果で『当選』の文字を見た時は
スマホを強く握って「よし」とひとり言を
つぶやいてしまいます。

 

でも、

  • まだ当選したことがない
  • 回数が少ない

と不満を持つ方も多いと思います。

そこで今回、IPOの当選に欠かせない
主幹事を任される回数が多いのはどこの証券会社か?
過去3年のデータを分析して比較してみました。

これを見て頂ければ
IPOでの当選確率を上げるヒントや手助けに
なると思います。


早速、結果を見ていきましょう。

結果!野村証券が主幹事回数、1位です

主幹事の任される回数を表にして
他の証券会社と比較しました。

下の図が2016~2018年の主幹事回数のランキングです。

  2018年主幹事回数2017年主幹事回数2016年主幹事回数合計数

順位1位

 野村証券262823 77
 みずほ証券23 1620 59
SMBC日興証券251316 54
 大和証券 12 16 16 44
 SBI証券 12 13 33
 三菱モルガンスタンレー証券 6 4 2 12
 東海東京証券 2 3 5 10
8 岡三証券 1 0 6
8 いちよし証券 1 4 1 6

ではポイントを解説していきます。 

 

第1位は合計77回で野村証券です。

CMで聞いたことがある人も多いの
フレーズ「それ、野村にきいてみよう」

の野村証券がIPOでも存在感を
示した結果です。

 

2位にみずほ証券、3位にSMBC日興証券と
ここでも大手証券会社が強い結果です。

 

ネット証券のくくりでは1位になるのは
5位のSBI証券です。

ネット証券は今後さらに伸びる!


今後、さらにネット証券系が主幹事を
任される回数が増えてくることが予想される
ので期待が持てます。

人気記事 SBI証券の口座開設のやり方、手順!画像付き

 

ここで疑問!

じゃ主幹事回数1位だから
当選する回数も1位になるのは野村証券!
だから1番大事な証券会社ってことですよね?


と考える方が多いです。
理屈では合ってそうですが現実は違う場合が
多いです。

 

その訳を探っていきましょう。

  主幹事回数だけでは当選回数は決まらない

結論、実際当選回数はSMBC日興証券、大和証券、みずほ証券
が1~3位になります。


これは僕個人の当選回数から出した結果です。


野村証券より
SMBC日興証券、大和証券、みずほ証券
からの方が当選が多いです。


細かいデータで見てみましょう。
2017途中~2018年の当選結果をデータ
として採用しています。

 

証券会社別の当選回数

  • SMBC日興証券7回(2回REIT系)
  • 大和証券6回
  • みずほ証券3回
  • 三菱モルガン3回
  • SBI証券1回
  • マネックス証券1回
  • 野村証券1回


SMBC日興証券と大和証券が抜きに出て
当選しています。データをまとめてられていない
過去でもほとんど同じ結果になります。


でも、ぺいさんだけ偏っての結果じゃないの?
と思う方もいるでしょう。


なので他の方の当選実績を勝手に
分析してみました。

 より正確な結果をお伝えするために

96ut.comの黒澤さんの2018年の当選実績をまとめました。

 当選回数25回
証券会社別の当選回数

  • 大和証券5回
  • SBI証券4回
  • SMBC日興証券4回
  • みずほ証券4回
  • 三菱モルガン3回
  • マネックス証券2回
  • 松井証券1回
  • カブドットコム証券1回
  • 東京東海証券1回
  • 野村証券0回

(1回で複数株を当選しても1回といして計算しています)


SBI証券で2回、みずほ証券で1回複数
あったようです。おめでとうございます!

 
まだまだ他には
IPOゲッターの西さんは過去の当選回数NO,1は
大和証券とのことですし

他の方の実績でも
SBI証券、SMBC日興証券で上位3位を争うことが多いです。

 

なぜ主幹事1位の野村証券がここまで当選しないのか?

IPO株の配分が抽選制のネットからの申し込みに対して
少ないから、資金が多い個人が有利などと考えられます。
 
正確なデータが野村証券から発表されているの
訳ではありませんのであくまで、僕の個人の実績や
他の方のデータからの予測になります。
 

予測1

ネットからIPO当選は1%くらいである!?

一応、IPO株をどう配分するかの数値は全体に対して
抽選制のネットからの申し込みに対して
10%程度あると言われてます。
 
 
これはみずほ証券などとほとんどの同じ割合
と言われています。
 
 
ですが
先ほど調べたデータ、リアルな当選の報告では
野村証券は主幹事の回数の割には
当選の実績がかなり少ないです。 
 

なので
実際の野村証券のIPO株の配分に関して
抽選制のネットに対して少ないはずです。

という仮説になります。
 

予測2

ネットからIPOに当選させることを大事と思っていない
 
野村証券は業界最大手でありますし
その大半が店頭から取引きするお客様です。
口座数は500万をゆうに超えてます。

みずほ証券は160万ほどですので
約3倍の開きがあります。
 
SBI証券も480万と口座数はかなり近くて
いますが、口座の平均資産残高では
野村証券がまだまだ圧倒的に多いです。
 

これらの方のデータから
野村証券の口座を持つ方は平均年齢も高く、
持っている資産残高が多くが数千万や億単位と
かなり高額である状況です。
 
なので
このような資産多額の資産の方にIPO株は多く配分されて
いると仮定できます。
 
資産の割合、大小などで株を分けるという基準なら
沢山の方に渡され、少額の人には少ないので
当選の数や報告が少ない結果とつじつまが合います。
 

まとめ

IPO主幹事を任される回数は
どこ証券会社が多いかを調べたら
野村証券が1番ということが分かりました。


そして1歩踏み込んで
野村証券が当選する回数も
1番なのか検証してみると違うと
いう結果になりました。

人気記事 SBI証券の口座開設のやり方、手順!画像付き

コメント