IPOは宝くじ!?【最高の宝くじ】です。その3つの訳をFPが解説します。

IPOは宝くじ!?【最高の宝くじ】です。その3つの訳をFPが解説します。 IPO
IPOは宝くじ!?【最高の宝くじ】です。その3つの訳をFPが解説します。

IPOは宝くじと言われること
が多いです。

なぜなら似た部分が多いからです。
そして、宝くじよりも優れている所
が3つもあるのでその説明をします。

こんな悩みも解決します。

  • 宝くじをより楽しみたい
  • 楽しみながらお金を増やしたい
  • IPOをより知りたい

僕の周りでIPO投資もやりながら
宝くじやスクラッチを楽しむ人も
いるくらい魅力も似ています。

 
記事の信頼性

僕はFP2級を取得済みで株歴12年、
宝くじ歴も同じくらいです。
宝くじは年数回くらいしか
買わないライトユーザーです。


なので両方をやったことのある身と
して様々な視点で話しいきます。
安心して見て下さい。

 

その前にIPOって何?
と思ったり、知らない方は

この記事にIPOについての詳しい
説明が書いてあるので見て下さい。

宝くじより高額当選が当たりやすいのがIPO

IPO投資は約5~10倍、宝くじより
10万以上の高額当選が当たりやすいです。

この根拠が大事ですよね?

詳しく説明していきます。 


最初になぜIPO投資は約5~10倍
当たりやすい理由が以下です。

 

  • IPOは当選確率が約1~2%でその
    内約54,7%、10万以上の利益なので
    0,5~1%です。
  • 宝くじナンバーズ3は当選確率が
    0,1%で約10万の利益です。

 

この当選確率と当選した時の金額
から出た数値です。

 

うん。そっかIPOが有利そうなのは
わかるけどその理由になる確率やらは
どうしてなの?

 

と疑問、不信になりますよね?
1つ1つ解説していきます。

 

IPOの当選確率などの根拠

先にIPOについてです。
当選確率が約1~2%は僕や周りで
IPO投資してる友人や有名のIPO投資家方で
多い意見からの数値です。

 
え?なら都合のいい数値か?
実際はもっと低いんだな!
と思うでしょうが

逆です。

 
僕のリアルデータでは
2018年当選が6,84%です。

 

  • 13社主幹事当選確率÷95
    社当選確率(2018年IPO社総数)
    ÷2=6,84%
  • 10万以上の高額が2,1%

    4社÷95社÷2=2,1%


この4社は

  • ログリー
  • 神戸天然物化学、
  • ヒューマン・アソシエイツ
  • メルカリ

となります。

そして家族口座も入れた
実績でなので÷2として
数値です。


このように僕のデータのみでは
平均的な確率はないと
思ったのでその他からも
情報収集をして

その結果
IPOは当選確率が約1~2%
としました。


そして
この当選確率の内約54,7%、
10万以上の利益なので0,5~1%です。

 

についてのデータは
以下になります。

 

2018年 95社がIPOしました。
そのうちの52社が初値で
10万以上の利益を出しました。

実に約54,7%、2回に1回で
10万以上の利益を出しました。


ちなみに
HEROZという会社が445万円
というこの年最高の
利益を出しています。

 

データ元:東海東京証券、みずほ証券、QUICKなど

 
以上がIPOについての
数値の根拠になります。

 

宝くじの当選の根拠

宝くじのナンバーズ3は当選確率が
0,1%で約10万の利益の根拠についてです。

まず今回は宝くじの中で10万円以上の
当選が最も当たりやすい1つと言われる


ナンバーズ3のストレートを
参考としてデータを取りました。

 

くじの種類当選確率1位の当選金
ナンバーズ31/1000約10万円
toto GOAL31/409610万円
ナンバーズ41/10,000100万円
mini BIG ミニビッグ1/19,683100万円
ミニロト1/169,9111,000万円
BIG ビッグ10001/177,1471,000万円

このように当選確率が最も高いので
ナンバーズ3のストレート
という宝くじのデータでIPOと
比較しました。



ではナンバーズ3の
ストレート
とは?
なんですかという話しです。


自分で選んだ1000通りの
数の中でピッタリ当てるのが
1番高い当選金額になります。 

 

ストレートは1000通りで1つしか
当たりがないので
1/1,000
つまり当選確率は0,1%になります。

 
そして、当選金額の平均が10万円
になります。常に当選金額は
変動します。

 

ちなみにナンバーズ3の第5226回
(2019年07月23日)から過去3回の結果が
下の図です。

抽せん
数字
463




ストレート91,300円71口
ボックス15,200円545口
セットストレート53,200円197口
セットボックス7,600円1,183口
ミニ9,100円343口
 
抽せん
数字
060




ストレート139,000円60口
ボックス46,300円260口
セットストレート92,600円152口
セットボックス23,100円300口
ミニ13,900円418口
 
抽せん
数字
503




ストレート96,400円86口
ボックス16,000円461口
セットストレート56,200円248口
セットボックス8,000円939口
ミニ9,600円381口


データ元:宝くじネット

ストレートの金額が9万円だったり
13万と前後があります。このように
当選した時の金額が変わるため
約10万円としています。

 

補足情報

  • ボックスとは3ケタの各数字が一致
    (並びの順序は問わない)で当たり
  • セットストレートセットで購入した
    3ケタの各数字と並びの順序が一致で当たり
  • セットボックスセットで購入した
    3ケタの各数字が一致(並びの順序が一致しない)
    で当たり
  • ミニ下2ケタの数字と並びの順序が一致
    で当たりのことです。

 

ちなみに
ナンバーズ3全体の当選確率は

当選ナンバーズ3
ストレート1/1,000で9万
ボックス1/166で15,000
セット(ストレート)1/1,000で52,500
セット(ボックス)1/200で7,500
ミニ1/100で9,000


になります。

 

注意点
ナンバーズ3は
1つの申し込み200円で数字3桁選んで
ストレートボックスの申し込みタイプ
を1つ選ばなければなりません。

なので1つの申し込みで
ストレートもボックスもミニも
当たることはないです。

宝くじよりお金を失うリスクが低い

IPOは抽選して当選するまで支出は0円
宝くじは200円~何、何十万円と支出して
お金が貰えるからです。
 
分かりづらいかも
しれませんんで他の言い換えると
 
  • IPOは抽選は無料で出来ます
  • 宝くじはお金を払って抽選券を買います

 

なので圧倒的にIPO投資はお金を
失うリスクが小さいのです。

 
なぜなら
抽選で当選するまでお金が減ること
が一切ないからです。


ですがデメリットもあります。

抽選でお金は減りませんが
一定のお金を口座に入れておく
ことが必要です。


IPOする会社の状況によりますが
約10~30万円を証券の口座
入れておかなければ申し込みが
できません。


他の状況では

  • 申し込みが0円で出来る証券会社や
  • 申し込み必要な金額が10万以下
  • 申し込み必要な金額が30万を超えるたり

など金額が
証券会社によったり、
IPOする会社によって幅が広い
ことに気を付けなくてはいけません。

 

ですが
僕個人の感想では
『お金を取られる訳ではない
のでOKです』

 

慣れないうちは多少手間に
感じるかもしれませんが
お金を失うことはありませんので
常に前向きにIPOは参加できます。

宝くじより経済の知識が付く

IPOは世の中に新しいサービスや仕事
をする会社が上場することが多い
宝くじでは新しく学ぶことないと思います。

 IPOとは別名、新規上場と言います。
毎年新しい会社が約100社上場します。

去年は95社、一昨年は96社です。


こんなに多くの会社が上場してる
ので自然と新しい情報が
入ってきます。


なぜなら1つ抽選に申し込む
時にその会社の情報が目につく
からです。

 

例えば
2019年07月18日上場した
Link-U という会社です。

 
事業内容:サーバー技術を用いたデータ配信、
分析・処理を主とした
インターネット事業です。


このように最近はネット関連の
会社が多いです。他にAI関連が
熱いです。


数年前だと、バイオ関連という
新薬を開発する会社の数が多く
話題の中心でした。


他には
ソフトバンク、メルカリ、Line
など、みんなが日常的に使うサービス
もIPOしているので親近感も涌きます。

 

以上にように
IPOは抽選事に違う会社の知識が
入ってくるので苦ならずに
最新の経済知識が身につくので
本当にありがたいです。

まとめ

今回はIPOは宝くじなのか?
について話しました。


結論は
IPOは宝くじより優れている
お金を失うリスクが少ない
最高の投資方法です!


その訳を話した内容が
話しが長くなったのでまとめました。

 

  1. IPO投資は約5~10倍、宝くじより
    10万以上の高額当選が当たりやすいです。
  2. IPOは抽選して当選するまで支出は0円
  3. IPOは世の中に新しいサービスや仕事
    をする会社が上場することが多いので
    経済知識が身につく


になります。
この機会に1度IPO投資を
チャレンジして見て下さい。

人気記事 SBI証券の口座開設のやり方、手順!画像付き

コメント