20代こそ投資すべき理由4選【実体験】

20代に合う投資プランはなんだろう?株歴12年の僕が出した方法
20代に合う投資プランはなんだろう?株歴12年の僕が出した方法

今回は20代に合う投資プランはなんだろう?
何を学べばいいんだろう?

こんな悩みを解決していきます。


記事の内容

  • 20代の投資プランはチャレンジする数に最大化しょう
  • 20代強みを生かしてうまくやることを学ぼう
  • 何もしないとこうなる真実


記事の信頼性


いきなりネットで知らないやつに
投資のプランのオススメされても
信頼できないですよね?


書いてあることが事実か確認できないですし。


この記事を書いてる僕の
投資実績などで少しでも
安心して見てもらいたいです。


株歴12年、累計利益1000万以上、
FP2級取得済みです。


他にも投資始めにはマウスを持つ手が震えたほどの失敗
を糧に今はまともな成果が出ています。

この経験などを活かし少しは
見てる方の役に立てる
内容を書いたつもりです。

実績の一部

株


前置きはこの辺で終わります。
では本題に入っていきます。

20代の投資はチャレンジする数に最大化しょう

20代投資

20代の時は一生使える
投資方法を探すの時期です。
なので株、FX,投資信託
クラウドファンディングなど挑戦
できることを沢山増やしましょう。

なぜなら

実際やってみないと、
自分に合うかの判断は難しいですし
複数のことをやればやった分
比較もできるからです。

根拠として

例えば、
投資信託で3%の勝ったけど、
FXは5%勝てた、株を最後にやったら
10%勝った事績が出たならこれを
比較して株に集中するとかです。
 
結果はやる人によって変わるで
しょうが投資多く経験しないと
合う合わないを決めることは難しいです。

経験談 


僕自身の場合もFX,国内株、海外株、
投信、REIT,バイナリーオプション、
IPO,不動産、などとにかく
1度は自身で勉強し試しました。

 

そのうえで結果や考え方など
僕自身に合う投資方法に多くの
お金と時間を割いてます。

 

ポンコツな僕なのでやるの
めんどく臭いとなってゴロゴロスマホで
漫画を読んで行動が後回しになります。

 

が新しい投資もやる前はだるいですが
やった後は刺激とあって楽しめることを
知っているのでなんやかんやでやります。

20代投資は少額で始めるのがいい

20代少額

株なら数百円から
FX、クラウドファンディングでも
1万円台で取引きできる

でも
沢山やるにはお金がかかるし
失敗したらその分大変だから
そんないっぱいは無理

など不安や心配になりますよね?

僕の場合まさにその不安の
通りなってしまいました。


数万、数十万のお金を失って
1人時は心が空洞になってため息と
舌打ちを繰り返す日々でした、、、


がこれは避けられる損です。

新しい投資の時は必ず最低限度の
金額から使えばいいです。


今はポイントや100円~や高くても
数千円で株や投信など
ほとんどの投資を体験できます。


どうしても高くなる投資方法は
後回しでいいです。


そうすれば僕のように
大きなお金を失わずに済みます。

最終的に投資はやって見ないとわからないので
20代の最適な投資プランは
経験値を貯めたまに多く方法を
少ない金額から始めることです。

時間を最大限に使おう

20代

 強みは時間です。
目先の価値やお金よりも
時間軸を意識した投資を実行しましょう。
 
なぜなら
投資は資金×年間利回り×投資した年数
で結果が出ます。

20代の場合ほとんどの方は場合、
資金数万円台、
10~100万円ではないでしょうか?
 
50,60代になると始めての投資で数百万、
1000~2000万円からスタート
する方も多いので比べると少ないです。

年間利回りは経験や実力、景気、
世界情勢に左右されるので
ここでは省きます。
 
経験の部分で20代は社会と接する
機会も少ないので不利だと思います。

最後の投資した年数はこれから
先の長い時間があるので1番有利な
世代です。
 
この有利な部分を意識的に
使いながら投資するのが
強みなります。
 

比べるまでもないですが
もし80歳まで投資するとして

20歳なら60年も使えますが
60歳なら投資に20年しか使えないので
投資プランが変わってきます。
 
20代は圧倒的、いい状態で投資に望めます。
 
 
と言うけれど
今投資で稼いでお金欲しいんだよね!
とゆう考え方もいますよね?
 
その希望だとFXや株で
レバレッジや信用取引を使った
短期売買方法でやってみること
がいいと思います。

儲けがでたら自由に使える
お金が増えて投資の
メリットの1つです。
 

注意点


ここで注意して欲しい点は
FXや株でレバレッジや信用取引を
使った短期売買方法だと
時間強みを発揮しずらい点です。


短期売買方法で成功し続けるため
には経験や勉強以外にも
 
センスやメンタルなどすべての面で
高いレベルが必要であり
 
これは時間をかけてたら身に
つくというものではないです。

長く保有できる商品=長く投資できる

なので僕が思う時間の強みとは
長期間の投資商品を
持ち続けるという意味です。

 
 理由は

会社や企業は成長し続けるからです。
 
成長すれば価値が上がり、
株価上昇や配当金という
形で僕らに還元されるからです。

これの恩恵は投資してる期間が
長いほ額が大きくなります。

もちろん、投資してないと
配当も株価上昇のメリット
をもらえないからです。

きちんと調べれば売り上げや
利益を出してる会社を
見つけるのそう難しくないです。
 
年々、経験を積めば誰でも
できるようになります。
 
それが難しい場合は成功者と
同じ商品、株などを買うとか
真似すればいいだけです。
 

よって
 20代の強みである時間の使い方は
長期間、投資するという
のが1つの考えです。
ぺい
ぺい

配当金や複利効果を生かせる
のも長期投資のいい所だよ

と言っても短期売買の方が
向いている方もいます。
 
20代はチャレンジすることが
1番優先事項だと僕は考えているので

短期も長期も両方やっていくことが
ベストの選択だと確信しています!

行動しないのが1番のリスクである可能性

悲壮感

投資や貯蓄など何も行動を
しないと
老後破産、マイホーム断念、
旅行やご褒美の我慢など
お金に関することで
苦労する可能性が高まります。

今後の時代は
お金や将来の生活は自己責任で
解決しないいけない
可能性が高いからです。
 
その影響を1番受けるのは
若い世代、20代です。
 
 
理由は将来人口減、
年金支払い負担増加など様々です。

さらに拍車をかえける
問題も増え続けています。

毎年変化はありますが2019年も
既に大きな変化が2つありました。
  1. 金融庁が年金では老後の
    生活足りないので本人任せ宣言
  2. TOYOTA社長の終身雇用崩壊、宣言


の2つです。詳しく説明すると

国に頼るのは諦めた方がいいかも

まず、1つ目の
金融庁が年金では老後の
生活足りないので本人任せ宣言とは?


金融庁が審議会でまとめた、
国民の老後の資産に関する指針案について、
朝日新聞が朝刊1面で
報道した内容のことです。

 

審議の内容がこちら

 
公的年金制度が多くの人にとって老後の収入の柱であり続けることは間違いないが、少子高齢化により働く世代が中長期的に縮小していく以上、年金の給付水準が今までと同等のものであると期待することは難しい。

今後は、公的年金だけでは満足な生活水準に届かない可能性がある。

年金受給額を含めて自分自身の状況を「見える化」して老後の収入が足りないと思われるのであれば、

各々の状況に応じて、就労継続の模索、自らの支出の再点検・削減、そして保有する資産を活用した資産形成・運用といった「自助」の充実を行っていく必要があるといえる。

 

一言でいうと
『年金では足りないので
沢山働くか資産運用を自分でして』

です。

でさらに大事なことはこの
金融庁の指摘は50,60代以上の歳の人ではなく
20,30代の若い世代への指摘です


50,60代以上の歳の人達は
逃げ切り世代とも言われ
払った年金額よりも貰う年金額が
多い年金制度の恩恵を受けられる人達です。


20,30代は100%!
払った年金額以上の年金を
もらうことはありません。

しかも、今回のニュースでは
それでも足りないから残りは自分で
なんとかしてという話しです。

会社も守ってくれると考えない方がいいかも

会社

次に2つ目です。
TOYOTA社長の
終身雇用崩壊、宣言とは?


19年5月14日に
自動車メーカーである
トヨタ自動車の豊田章男社長の

『終身雇用を継続するのが厳しい』

と言う発言をした
ニュースのことです。

ぺい
ぺい

正社員でも好きに
リストラできる時代になるかも



そして

豊田章男トヨタ自動車社長が「終身雇用は難しい」と発言したのをきっかけに 


日本経済団体連合会(経団連)の定例会見の席上、中西宏明会長(日立製作所会長)が終身雇用制度について

 

「制度疲労を起こしている。終身雇用を前提にすることが限界になっている」

「雇用維持のために事業を残すべきではない」などと発言し、日本の終身雇用制度は崩壊したと大きな話題となりました。

 

これらお偉いさんの本音をでいうと
『会社に就職が決まれば安泰は終わり、
常に努力して自分で稼げ』

ということです。

 

こうも言えます

今の仕事だけでなく、
スキルアップでも副業でも投資でも
何でもいいから
個人個人で頑張って下さい。

会社が一生面倒見る
時代は終わりです。

役に立つに人は別ですが、、、

最後にこの2つから
見える現実はこうです。

仕事で
今の仕事をさらに頑張ってしがみつく⇒
成果が出ない人はリストラ⇒
事業がうまくいかなれば優秀な人も転職⇒

お金で
このように仕事頑張っても
60,70歳年金貰う頃ではお金足りない⇒
投資、副業、スキルアップを頑張らないと、、、
 
何も行動しない人には政府も
会社も助けない宣言です。

何を行動しても自己責任ですが、
今では行動しないことも

自己責任として仕事を失ったり、
お金が足りなくなる世の
システムに変わっています。

まとめ

まとめ

投資はもちろん、
仕事や他のこともチャレンジすることが

20代の時はとても大事という考えと
体験を僕はしてきました。

話しが長くなったのでまとめると

  1. 数多くの投資を体験して
  2. 最小金額で
  3. まず行動し
  4. 今の20代は社会から
    守られないかも

というのが20代でやった方がいい
覚悟した方がいいことです。

最後に
時間は沢山あるように思えますが
短く人生で1番貴重な
ものだと僕は思います。

例えるなら
つい先ほど大学を卒業したのに
1秒後に30歳のおっさんに
なってるイメージです。

それくらい
早く終わったしまうのが時間です。

なのでまだ20代の方にはリスクを
最小にしてどんどん行動して欲しいです。

 

僕自身、仕事、投資、遊びなど
沢山経験し動いたつもりですが
それでも今20代の後悔は?

と言われたら、行動しなかったことです。

 
行動しないという選択は後悔に
なりやすいですなので思ったことは
すべて行動しましょう。

そして借金、信用取引など危険な
リスクを取るのは辞めましょう。

人気記事 SBI証券の口座開設のやり方、手順!画像付き

コメント