投資で成功した体験談!バカ大卒の僕でもできた3つ方法伝えます

IPO投資に必要な資金はいくら?IPOで400万以上稼いだ僕が解説【実績データ付き】
IPO投資に必要な資金はいくら?IPOで400万以上稼いだ僕が解説【実績データ付き】

今回、僕自身が投資で成功した体験談を話していきます。

 が投資は本当は儲からないでしょ?頭が良かったり、秘密の情報を知れる人だけ利益があるんじゃないの?といった疑問をメインに解決していきます。

 
僕自身も投資で実際に儲ける続けるまでは同じように疑ってました。だって、投資なんて縁がないおバカ人生でしたし、周りでやってる人も少なかったからです。


投資話は怪しいことが多いので

ですが今の僕は株歴12年のトータル1000万円以上は稼いできました。ので信頼してもらえる成功する秘訣や体験として安心して見て頂けると思います。

その実績の一部です。
実績の一部です。

実績の一部です。

直近4年は不動産投資と合わせて毎年200万以上の利益があります。 

 

話の内容
投資成功1、長く参加したから
投資成功2、トレンドを気にしたから
投資成功3、株の優遇を利用しまくったから

です。投資は胡散臭い情報も多いし、実際に株価の暴落、急上昇があるから僕も今でも本当に短期的な情報には惑わされないように注意しています。


今回の話しは長期的に使えるし、長く使う程効果を発揮できるので参考にしてみて下さい。


前置きが長くなりましたが、本題に入ります。

投資成功1、長く参加したから

長い

僕がもっとも確実性が高いと思うやり方が長く参加し続けることです。
 
理由は長ければ配当も何度ももらえるし、複利効果を使えるし、上昇するチャンスもあるから高くなるまで待って売ればいいし、凄く有効な方法です。
 
 
効果が期待できる順番に話していきます。
 
配当については実施してない会社もありますが1年で約2%の利回りが入るイメージです。なぜなら今、19年現在、上場企業の平均配当利回りが約2%だからです。
 
具体的に配当が高いのはJTとNTTドコモです。

今19年5月現在ではJTが約6%、NTTドコモが約5%と定期預金が0,01%なので500,600倍と僕が後5,6回生まれ変われたら同じ金利になるくらいの絶対的な差があります。

難しいことが苦手だなって方はこっそりとJT株だけを買うだけの方法でも運用に成功でき、老後の心配もなくなるはずです。
たばこ産業には新規参入は難しく、嗜好品と多く伸びませんがなくなることもないのでここの安心できる1つの要素です。
 
 
次に、複利効果を使うことについてです。
僕が思う投資で安定的に成功するための超重要事項です。

簡単に言うと配当や利益を再度投資に使うと雪だるま方式でお金が時間と共に増えていくという数字のマジックです

1,2年で成功したという人には向かないので飛ばしてもいいです。

内容も長くなるので
~詳しい複利の説明はこちらをクリックした記事に書きました。~
 
 
最後に上昇するチャンスもあるから高くなるまで待って売ればことについてです。これは投資手法や経験値によって左右されます。

始めにこの方法には注意点があります。
このやり方が有効なのはバリュー投資という、企業の価値よりも株価が低い状態にある割安株と買う手法を使えば効果が高いです。
 
逆に効果があまり期待できないのは新しい会社や産業です。なぜなら基本的に新しい会社や産業は売上の拡大や成長の期待が多きため、企業の財務的な価値と比較して割高になります。
 
 割高ではダメなの?思ったでしょうが違います。割高でも成功や利益を期待できます。想定通り、以上に世の中に広がったヤフーなどの会社は凄まじい結果残した会社もいくかあります。

ですが、それら予想するにはその業界に詳しかったり、経済の先見の読む力などが必要であり難易度が高いです。
 
 
さらに新しい会社や産業は世の中に定着しなかったりすると株価が半分など大幅な下落になることも多いです。
 

まとめると少々難易度も高くリスクを高めな投資法です。
なの僕はオススメしないし自分でもやってません。
 
 しかしバリュー投資というやり方なら、僕自身もやっているし
分析もしやすく、会社も長く安定して運営されてるの所が多くなります。
 
なので始めに投資や株をやるならバリュー投資を勉強し実践してみるのがいいと思います。

投資成功2、トレンドを気にしたから

トレンド

世に中の流れやニュースで株価は大きく動きます。
その時に売る方法です。
理由は実態以上に株価が大きくなることが多いのでいい売り時だからです。
 
僕の経験の中の1つ挙げると

2017年の配送荷物増加で配達員の悪事や負担増がニュースで連日取り上げられた事件です。ここで宅配ボックスや需要や政府が宅配ボックスの設置数を増やなど表明して、その関係会社はトレンドになりました。
 
ここで僕持っているダイケン株が宅配ボックス関連会社として数日で倍以上になりました。
 
その結果がこれです。
ダイケン
 
ダイケンという会社はバリュー株だったので僕は2013,2014年頃から買いました。買値が500~600くらいだったのでほぼ倍です。

会社の業務内容がこちらです。建築金物、建材の中堅。ハンガーレール、自転車置き場装置で首位。バリアフリー商品を展開する会社です。
 
この業務の中に宅配ボックスが入っていました。
 
バリュー投資は会社の決算書やHPも見て調べるやり方なのでこのように何をやってる会社なのかが自然と覚えられます。
 
そんなにニュースになったり需要が高くなるなら売らずにずっと増えるのを待つのがいいじゃないの?長く株持つのも勧めてますし?と思いますよね
 
ここは難しい部分でもありますが

僕の経験上、日本株でバリュー投資するならこの場合は売りが大事です!
 
いい会社や業績はちゃんと評価されて上がっていきますがそれが定着するのがなかなか難しいから、それならイイタイミングで売り他のバリュー株を買い長く持つのが有効です。
 
 最後にここでの注意点はトレンドやニュースになった時にその関連株を買うのは避けろということです。
 
ここまで話しでなんとなく分かると思いますが
想像以上に加熱や評価されてしまう場合が多いので売りはOKですが、買うのはNGです。
 
ちなみに現在のダイケンの株価は696です。5分の2は減りました。なのでトレンドを気にすることが大事なのです。

投資成功3、株の優遇を利用しまくったから

税制

今はNISAで個別株を買うことです!将来は積み立てNISA,iDeCoをフルに使いましょう。過去には投資減税で納める税金がなんと今の半分の約10%でした!

投資はいつの時代も税制面でとても優遇されています。

これは株だけでなく、FXでもETFでも投資信託でも適応されます。不動産投資もやり方次第で税金を減らせるので投資は他の稼ぎ方より有利なので頑張った分、報われやすいです。
 
逆にサラリーマンとして仕事を頑張れば頑張るほど税金は多く取られ、報われないが現実です。
 
具体的な例を見てると分かりやすいです。
  
サラリーマンで年収500万の人の場合、
税金の合計が109万4512円です。

内訳がこちら
所得税:139,486円
住民税:244,436円
社会保険料:710,640円
手取り:3,905,488円
 
 
それに対して、株やFXで500万稼いだ場合、
税金が101万1575円です。
 
計算方法が株は売却益に対して一律20.315%かかります。
内訳は所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%です
 
株、FXの方が年間8万円も安く済みますが
普段のもらえる仕事から500万稼ぐ方がかなり現実的です。

税金だけ見ると年500万の場合すでに投資の方が安いですが
投資で500万の利益を出す方が難易度が高いです。
 
 
次に年収1000万円の場合はどうなるでしょうか?
 
サラリーマンの場合の合計税金が270万6375円です。
 
内訳が
所得税:799,250円
住民税:620,875円
社会保険料:1,286,250円
手取り:7,293,625円
 
それに対して、株やFXで1000万稼いだ場合の税金が
203万1500円です。

その差、67万4875円です。

サラリーマは500万から1000万に増加すると161万1863円も税負担が増えたのに対して
 
投資では500万から1000万に増加しても税金が101万1575円と
500万円の時と同じままです。

その差が60万288円さらに広がりました。
 
ここでサラリーマンは保険料控除や配偶者控除などもあるのさらに安くなるかた大丈夫と思う方もいるでしょう。もっともな意見ですが現実に減る納税額は数万円です。
 
それに比べて、投資の特典はさら恐ろしいほど税金を抑える有利な制度です。
 
僕や株をする人なら全員フル活用しているであろうNISA制度
1年に120万円までの投資が対象と制限はありますがここから利益が出れば税金はなんと0円です。
 
 もし500万円の利益が出たとすると本来はさっき計算した税金が101万1575円がかかります。

それが0円になるのです。税金はとして消えるはずの 101万1575円が手元に残るのです。
 
 
これは配当金にも対応してるのでさらにお金を貯めるチャンスになります。
 
 仕事で稼ぐのと投資で稼ぐのは比較してもと感じる方もいるでしょう。たしかに単純には比較できませんがそれはあなたが仕事はしてたことあるけれど投資の知識が少ないからかもしれません。
 
仕事は新人の時など学びながらでもお金は貰えますが将来、退職や働けなくなることになります。
 
正反対のように、投資は学ぶだけではお金はもらえません。結果が出るまで時間もかかります。損を出す時もあります。ですが定年や引退はありません。80,90歳になったバリバリ運用できます。
 
むしろ資金が大きくなった高齢期に最大の利益を出すことになるでしょう。資金が多い方が利益額は大きくなるのは当たり前のことなのです。
 
そこに税制面の優遇が投資にはプラスされます。
投資には働いて稼ぐよりの手元にお金が残りやすいように仕組みが作れているのです。

よって将来あなたを助けてくるのはどちらになるのか?というのは投資である可能性が高いです。
 

まとめ

まとめ

紹介した体験談などをは僕だけに出来た特別なことではありません。この僕自身の経験を書いたサイトの内容を見て頂ければ誰でも同じような結果が出ると僕は確信しています。


なぜなら、僕のバリュー投資や複利の効果を使た投資方法は投資家のグレアムやバフェット、その他の世界、日本でも同じやり方で成功した人が数多くいるからです。


僕はそんな先輩方を真似しただけで資産3000万に平均年利約10%を12年間で出せました。

興味を持って頂け方は他の記事も見てみて下さい。

 

今回は以上になります。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 
 
 
 

 

 

コメント