株を始めるまでの3つ手順を株歴12年のFPが解説【勉強方法も解説】

【簡単】株を始める3つ手順、コツを無料で教えます。
【簡単】株を始める3つ手順、コツを無料で教えます。

株歴約12年のぺいです。

今回は、株を始めたい人
株を始める手順を知りたいな

という人に最初に何をしたらいいの?
という疑問や不安を減らす1つの
方法をお話します。


僕の場合は今までで
1番煩わしいかった時期が
株を始めた頃でした。

具体的には

専門用語は多いは、
何が正しい操作かわかったり手に
持ってたマウスに震えるくらい力
を入れてイライラしました。

 

今回は他の人がそんな
気持ちにならないように
できるだけ丁寧にわかりやすく書きました。

話の内容

  • 株を始める手順は3ステップ
    【学習方法も合わせて解説】
  • 株で勝つコツ
    【継続、試行錯誤、師匠】

 

になります。では本題に入ります。

株を始める手順は3ステップ【学習方法も合わせて解説】

株始め

株を始める順番が証券口座を作る
⇒株を探す
⇒お金を入れて買うになります。 

証券口座を作る

まず、証券口座がないと株を買うことは
不可能なのでここから始まります。


あれ銀行でもできるよ?

とたまに言われますが
銀行は取り扱う商品の数と
種類が圧倒的に少なく債券と投資信託のみです。

なので証券会社がオススメです。

 

その理由を表にするとこちらです。

 証券銀行
個別株
先物取引
FX
投資信託
債券

 
銀行だと個別株(例、ソフトバンクなど個々の企業の株のこと)、先物取引、FXはできないのはもちろん投資信託の取り扱い数も違います。

 

例えば
みずほ銀行の
投資信託取り扱いが254件です。


SBI証券が2653件と約10倍です。
(2019年6月現在)

 
口座開設の手間

証券会社からでも銀行でも新規に作らなければいけないので
同じ手間がかかります。

 

皆さんが持ってる銀行口座では
投資信託や債券の取引きはできない
ので投資信託口座を新たに
作らなければいけません。

 

なので特にこだわりがなければ
銀行ではなく証券会社で口座を
作りましょう。

後で投信、債券以外がしたいとなったら
銀行ではできないので始めから
揃ってるく証券会社
良かったと思えるはずです。

 

次に
証券会社で作るのはわかったけど、じゃどこ?
っという問題です。


結論
SBI証券・マネックス証券・
DMM証券、GMO証券、
楽天証券などのネット証券系です。


理由は手数料です。


ネット証券が株や投資する時
に費用になる株を売買した時の
手数料が安いです。

みずほ証券など
大手証券会社と比較すると一目瞭然です。

 

 手数料(1注文の約定 10万)手数料(1注文の約定 20万)手数料(1注文の約定 50万)
DMM証券80円97円180円
GMO証券95円105円260円
SBI証券97円113円270円
カブドット
コム証券
97円194円270円
岡三オン
ライン証券
106円216円378円
マネックス証券108円194円486円
SMBC日興証券135円194円432円
野村証券139円300円477円
楽天証券150円199円293円
みずほ証券1026円 1026円1026円
東海東京証券1500円1500円1725円

2019年6月時点。


手数料(1注文の約定10万) とは?

株など投資商品を1回注文する時
にかかる金額が10万円までの時
にかかる手数料のことです。


例えば、DMM証券の場合


1回で1万円の株を買う。
手数料80円かかります。


5万円と9万円の
合計14万円で2回買うと80円+80円=160円
かかります。

あくまで1回の注文でいくらの額になるのか?
で手数料が決まります。

手数料以外の差はないの?
と感じた方いますよね。他にも差や違いは沢山あります。
長くなりますのでそれは別の記事に書きます。


ということで
株をするならネット証券を
開設しましょうという話しです。


どこの証券会社を開設しても
無料であり、費用がかかること
はないので安心できます。

その中で手数料は
今の所DMM証券が安いです。

株を探す

ネット証券を開設が終わると株を探したり
情報が多く手に入ります。

もし、
株をまだ始めないという方にも
1つは作るメリットがあります。

 

それはお金をかけずに気になる
会社の情報が多く手に入りますし、

スクリーニング機能などで簡単に
素早く条件に合う会社を探すことができます。

 
例えば、SBI証券の場合です。

気になる会社の情報が
多く手に入れるためには

  1. 株価検索⇒
  2. 買いたい会社名入力⇒
  3. ニュース、評価レポート、
    四季報、業績、株主優待

をクリックするとその企業に
関する情報が多く手に入ります。

 

この情報で会社を学ぶことが
できて僕の学習方法の1つにもなります。


実際の画面で確認するとこちらです。

SBI証券

 

次にスクリーニング機能などで
簡単に素早く条件に合う会社を
探す方法についてです。

  1. 国内株式⇒
  2. スクリーニング⇒
  3. 今すぐスクリーニング⇒
  4. PER,PBR、配当利回り
    など希望の数字を入力⇒
  5. 検索実行をクリック⇒
  6. その条件の会社一覧が出ます

 実際の画面だと

SBI証券

国内株式をクリックして少しスクロールするとこの画面になります。↓
SBI証券

スクリーニングをクリックするとこの画面です。↓

SBI証券

 少し下にスクロールするとPER,PBR、配当利回りなどが見えてきます。

 

この2つの株探し方を使う人が多いです。


今回はSBI証券でしたが
他のネット証券でもやり方はほとんど同じです。

 

注意点としては
会社ごとにボタンの配置や言葉は違っていたりします。
なので試しながら探してみて下さい。


株を探すための方法や情報量の多さではSBI証券は
とても便利だと思います。

お金を入れて買うになります。 

買う

入金方法についてです。
大きく分けると5つの方法があります。


ポイントは銀行振り込みを避けることです!
ネット証券は基本的に
銀行振り込みすると手数料がかかるからです。


手数料なしになる方法が下の4つの方法です。


・インターネットバンキング⇒即時入金できる
(注意:その証券会社と提携している場合のみ)手数料なし!

 

・事前に提携してる口座振替の金融機関口座を登録申請⇒
(注意:その証券会社と提携している場合のみ)手数料なし!

 

ATMカードを発行してお金を入れる⇒手数料なし!

 

提携銀行口座の開設⇒残高が証券口座で使える。手数料なし!

 
このいずれかです。


三菱UFJダイレクト、
みずほダイレクトを開設すればほぼ
全部のネット証券に対応してます。

持ってない方は合わせて
開設すると手数料と入金の手間が減ります。

 

ここに気をつけて

 注意点としては
銀行振込⇒指定の口座に振り込みする。手数料有り!

 

これを避ける方法を準備しましょう。

 

最後に株の2つの買い方についてです。

 

  1. 希望の金額で買いたい⇒指値
    自分で金額を入力して買う方法
  2. 今すぐ買いたい⇒成行
    その場で取引きされてる株価で買ってくれる方法

を先に覚えましょう。
次にこの2つの方法で実際の買う流れです。

 買い方

  • 株価検索⇒
    買いたい会社名入力⇒
    現物買いをクリック⇒
    株数入力(単位100)⇒
    当日⇒
    預かり、特定預かり⇒
    パスワード入力
  • 今すぐ買いたい⇒
    成行⇒
    当日⇒
    預かり、特定預かり⇒
    パスワード入力

以上になります。

 

注意点としては
必ず買う株はいくらになるか
計算、確認してからパスワード入力することです。


金額は
株価×100=買う金額になります。


成行の場合は表示されてる株価で買うイメージでいいんですが
入力中にも株価は動いています。

それ以上の金額になる時もあるの頭に入れて置いて下さい。

株で勝つコツ【継続、試行錯誤、師匠】

 

なんと言ってもまず継続して投資を続けることです。

僕は勝てるまでに約5~7年の道のりでした。

ですが今では年200万以上、
投資で安定して稼げるようになりました。
それは続けたおかげというのが
成功できた1つの秘訣です。

 

と言っても
相場の状況によって1年目でも
すぐ勝つという最高のシナリオも
充分ありえます。

 

継続して参加、勉強することで自分の投資スタイル
知識、経験が身に付き
年200万以上稼ぐのは難しくはない
のではないと僕は思っています。

 

そうは言っても
ただ続ければ結果が勝手に出る
という訳ではないと経験で実感しています。


試行錯誤の中であなたに
合う投資方法を見つけましょう。

 
数多くの株や投資方法を試すかもしれませんが

バリュー投資、高配当銘柄を
長期で保有する方法を少しは
取り入れることがおすすめで
あり僕自身が実践しています。

 

投資は10,20年いや
一生使える技術にするためには
長期的に資産を少しづつ増やせ方法を
使うことが必要だと僕は思います。


最後に師匠を探すし真似ことです。
長い期間成功し続けている人を
師匠として選ぶことがいいと思います。


なぜなら、

1~3年など短期で成功した人は
時代の波に乗っただけの可能性
もあるからです。

もちろん


その方法も素晴らしく色んな
株や投資方法があるので
真似たい人はどんどん
やってみることが大事だと思います。

 

ですが短期で勝っても
株や投資をそれで引退やめることはないと
思いますので長期間で勝てる方法も
取り入れていることがとても大事です。


人気記事 SBI証券の口座開設のやり方、手順!画像付き

コメント