複利運用とは?投資で成功するための知識である3つの理由をFPが解説します

複利運用とは?なぜ投資に必要か?をわかりやすくFPが解説します
複利運用とは?なぜ投資に必要か?をわかりやすくFPが解説します

お金大好き投資家のぺいです。

今回は複利運用とは?
なぜ投資に必要か?


という疑問を持つ方にわかりやすい
説明で解決していきます。

 

話しの内容

  • 複利運用って何?
  • どんだけ複利は凄いの?
  • 複利の計算方法
  • よりわかりやすいグラフで見てみた
 
これらを
複利のおかげで株投資での累計利益1000万円以上で
FP2級を取得済みの私、ぺいが丁寧にお伝えします。
 
なので安心して最後まで記事を見て下さい。
下の画像で実績の1部を紹介します。
FP2級を
 
株実績

複利運用って何?

複利運用とは投資で得た儲けを
再度投資にまわす
という資産運用の方法です。

これだけじゃ想像しづらいですよね

わかりやすくイメージとして
よく雪だるまに例えられます。


なぜなら
雪だるまを作る過程が

複利運用と似ているからです。


特に
始めは大変で成果も小さいが
後半は手間が少なく、大きな成果が
期待できる所がそっくりです!!


ちょっと細かく話しをしますと


雪だるまは小さい雪の塊をどんどん
大きくして作りますよね?


始めは雪が柔らかいし、
うまく丸にならないので
手間がかかります。

固くするまで何度も雪を
重ねて頑張ってもまだ小さい
塊のままっだなと感じことが
1度はあるかもしれません。


それがある程度の大きさ
固さになると後は楽勝です。


地面のに転がせば勝手に雪がくっつき
同時に固めもくれます。


手のひらサイズまでは手も冷たくなって
苦労ですが、その後はすぐに40~50㎝以上
の雪の塊の出来上がりです。

このように複利運用も始めは金額なども
小さいので投資で得た儲けを
再度投資にまわして
も効果が薄く途中で辞める人が多いです。


がそれを乗り越えて続ければ
金額の大きくなり成果が出やすくなる
という資産運用なので


投資には欠かせない知識なのです。

どんだけ複利は凄いの?

複利最高

【人類最大の発明は複利】っくらい凄いです。
これは天才科学者アインシュタイン
の発言です。
 
あのノーベル賞も受賞し、
教科書で1度は見たことがある
偉大な方の言葉なので重みが違います。


僕のような凡人も
【人生で1番の役に立つ知識】
と感じてますが、説得力が違います。

 

 ではその「複利」の凄さを
今度は「単利」との比較で分かり
やすくお話します。

まず

  • 単利とは、元本に対してのみ
    利息が付きます。
  • 複利とは元本と利息の両方に対して
    利息が付きます

これが違いです。
数値に置き前ますと

例えば、
100万円を利回り10%で運用したとします。
2年後には以下のようになります。

 

  • 単利:100万円 → 110万円 → 120万円
  • 複利:100万円 → 110万円 → 121万円

 

このように
複利の方が単利よりも多くの
利益が出ます。


それは3、5、10年後と
どんどん利益の差が広がります。

このような効果があるので複利を
さらに学び、毎回使えば
投資成績を上がることが期待できます。
 

僕の体験談の話しですが
 
投資にこの理論で出会って衝撃と
実践したくてたまらない
気持ちでいっぱいでした。
 
そして試して約15年経ちました。
僕はこう確信してます。
 

複利の法則は最強の投資方法の1つです。
そして誰にでも実行できる
優しい投資方法で間違いありません。

複利の数値はどのような計算方法で出ます?

複利の計算

元本と前についた利子をあわせた
金額にたいして利子がつける計算方法
で数値が出せます。

 

実際に数値で話します。


例えば
100万円の元本があるとします。
1年の利回りが20%とします。

1年目は、100万円×0,2=20万円の
利子がついて、合計で120万円となります。


2年目は その120万に対し
て20%の利子がつくので
120万円×0,2=24万円の利子がつき
合計で144万円となります。


3年目も同様に
144万円×0,2=28万8千円の利子がつき
複利を使うと
合計で172万8千円となります。

 

これが単利という、
儲けを再度投資にしないと

3年で160万円です。


その差12万8千円です。


この作業の手間は儲けを
また投資に使うだけです。


あなたは再度、資金を入れることを
しなくても年々利益がどんどん
大きくなるという仕組みです。

 

僕自身の経験からも
実行する部分が成功のポイントです。

複利の仕組みや良さは株を始める前に
勉強して知っていましたが
すぐには実行できませんでした。

 
これは最も投資で後悔
していることの1つです。


『あの時、複利をちゃんと実行していれば、
今よりも手間も時間も少なく資産を3000万、
それ以上に出来ていたのに』

という気持ちです。

グラフで複利を見てみるとこうなります

複利グラフ

この数値モデルは


10万円を年利10%の割合で
複利運用と単利運用した
結果の比較です。


約15年投資同じ結果、実力で
あるという状況なのに


複利運用をしたか?しないか?
だけで約2倍の差で約20万円分の
お金の差が出たという結果です。


細かい数値では
下の図で確認して見て下さい。

 

複利の場合年利(割合)期間(年)合計値
 0.11¥110,471
 0.12¥122,039
 0.13¥134,818
 0.14¥148,935
 0.15¥164,531
 0.16¥181,759
 0.17¥200,792
 0.18¥221,818
 0.19¥245,045
 0.110¥270,704
 0.111¥299,050
 0.112¥330,365
 0.113¥364,958
 0.114¥403,174
 0.115¥445,392
単利の場合年利(割合)期間(年)合計値
 0.11¥110,000
 0.12¥120,000
 0.13¥130,000
 0.14¥140,000
 0.15¥150,000
 0.16¥160,000
 0.17¥170,000
 0.18¥180,000
 0.19¥190,000
 0.110¥200,000
 0.111¥210,000
 0.112¥220,000
 0.113¥230,000
 0.114¥240,000
 0.115¥250,000

まとめ

複利やろう

今回は複利運用についての
疑問や成果について書きました。

 

結論、複利は投資で絶対に使った方が
いい手法です!

もっと簡潔に答えを知りたい
と感じた方もいると思います
のでまとめました。
 
  1. 複利運用とは投資で得た儲けを
    再度投資にまわす運用の方法です。
  2. 人類最大の発明は複利っくらい
    凄い知識です。
  3. 始めは大変で成果も小さいが
    後半は手間が少なく、大きな成果が
    期待できる、最強の投資知識です。


さらに効果を高めるためには
早く投資を始めることです!

なぜなら
複利の効果が繰り返される回数が
増えるので利益が大きくなる
可能性があります。

 
このようにシンプルで効果が凄い知恵なので
是非、1度使って見て下さい。

コメント