株とFXの違いやリスクをまるごと解説します。危険なイメージはあれを使ってる人のせい?

株とFXの違いやリスクをまるごと解説します。危険なイメージはあれを使ってる人のせい?
株とFXの違いやリスクをまるごと解説します。危険なイメージはあれを使ってる人のせい?

どちらもハイリスクハイリターンだから危険
投資で有名な株とFXって何が違うの?
もしやるならどっちがいいの?

今回はこんな疑問や不安について
1つの考え方をお伝えしていきます。

個人的には
どっちが良いとかはなく
好みの問題になります。

ただはっきり言えることはレバレッチや
信用取引を使わない方がいい
ということです。。

特に初心者の場合。

今回は株とFXの違いやリスクや
言い方が違うだけで共通して危険な
取引方法について詳しく
話していきます。

その前に株ってそもそも何?
という人はこの記事を見て下さい

株とFX、言い方が違う信用取引とレバレッジに注意

株とFX、言い方が違う信用取引とレバレッジに注意

言葉の言い方は違うけれど、
どちらも借金して取引する方法になります。

  • 株場合は信用取引
  • FXの場合はレバレッジ

と言います。

株の場合は持ってるお金のMAX約3.3倍
FX の場合、MAX 25倍の取引が
できてしまいます。

何が危険かと言うとシンプルに
投資に出したお金以上になる
可能性があることです。

それにプラス投資は10年20年
やっていても地震などの天災、不祥事
不況に巻き込まれることはあります。

さらにの信用取引、レバレッジは
ほぼ審査なしで投資をやりはじめた人
も使えてしまうとても危うい存在です

ぺい
ぺい

僕も昔使って、損したり

無駄なルールを覚えました。

 

株もFXも持っているお金以上を動かしてはいけない

当たり前のことかもしれませんが
持っているお金以上にお金を
使ってはいけません。

ですが大人になるとクレジットカード
や消費者金融からお金を借りる
など選択肢が増えます。

このように投資も選択肢として
信用取引はレバレッジがあるのは
いいとは思いますが、

その人の本意と異なって
使ってしまう人がとても多いです。

  • どうしても短期で儲けたい
  • ハイリスクハイリターンでいい
  • 万が一、借金していい

などよほどの覚悟と理解がない限り
信用取引はレバレッジを
使うことはお勧めできないです。

現物取引と言う持っているお金のみを
使って投資する方法なら最悪の場合でも
使ったお金以上に失うことはありません。 

この違いは投資する前に
覚えておいてほしいです。

株とFXの様々な違い

株とFXの違い

その他にも
株とFXの違いがあります。

表で見てみると
以下になります。

 FX
投資先企業通貨
投資する数国内3664社、海外数千社約40通貨
レバレッジ約3,3倍約25倍
取引時間国内平日9~15時平日24時間
必要資金約100円~約5000円~
1日の値動き幅大きい小さい
覚える知識会計、業界、企業

為替、海外情勢

このように
多くのことが違います。

1つ1つ説明します。

株とFXの違い!投資先

  • 株=企業
  • FX=通貨

に投資する。細かく言うと

株というのは企業がお金を
調達するためにその見返りとして
成長や利益を分配するなどの権利が得られます。

FX とは日本の通貨円と他の海外の通貨である
ドルやユーロポンドなど相対的に取引
をして通貨の動きや金利差
などから取引が動きます

株とFXの違い!投資する数

  • 株=企業の数だけある(数千社)
  • FX=通貨の数だけある(40通貨)

簡単に言うと株なら日本国内だけでも
約3690社(2020年時点)、
海外も合わせるとその数は非常に多いです。

FX は約40通貨現時点です。

基本的に国の数より通貨の数が
増えることはないのでこれから先
どんなに増えても約200通貨と考えられ
数これから先大きく
増えることはほとんどないです

株とFXの違い!信用取引、レバレッジ

  • 株=資金の約3,3倍
  • FX=資金の25倍

先ほどありましたが信用取引レバレッジは
言い方が違うだけでお金を借りて
取引するという意味では同じ言葉になります。

今のところは(2020年時点)上に書いてある
倍率になりますが、FXは昔レバレッジ100倍
(持っているお金の100倍の取引ができる)
状態状態だったため法律やルールが
変わればこの倍率も変わる
ところを注意したいです

株とFXの違い!取引時間

  • 株=国内平日9~15時
  • FX=平日24時間

これは実際に取引が行われてる時間です。

株の方が圧倒的に少ないですが今では
夜間取引やその場で注文が成立しなくても
指定した株価になったら自動的に買って
くれる指定注文ができるので

株も幅広い取引ができるようになっています。

FX の場合は 世界全体加東市対象と
いってもいいのね取引できる時間が
非常に長く平日24時間いつでも
取引ができるようになっています。

株とFXの違い!必要資金

株とFXの違い!必要資金

  • 株=約100円~
  • FX=約5000円~

株の場合は証券会社、証券取引所の
取り組み取引できる金額が圧倒的に
少額からできるようになりました。

具体的には今までは100株からしか
買えなかったのが1株から手軽に
買えるようになったりしています。

一昔前は最低10万円以上必要で
あったりなかなかハードル
が高かったです。

FX の場合は近年ほぼ変わりないですが
5000円位からスタートする
ことができて始めやすいです

株とFXの違い!1日の値動き幅

株とFXの違い!1日の値動き幅

  • 株=大きい(最大約30%前後)
  • FX=小さい(10%前後)

ここで注意して欲しいのは高いから
危険低いから安全ということではないです。


あくまでイメージとして1日の値動きは
株の方が大きいFXは小さいと
いうぐらいがいいです。

なぜそういう風になるかと言うと
株は一つの企業の変化なので予想以上の
増益や損失ことが起きると会社が潰れたり
など変化がとても大きいです。

それに対してFX は国で使われてる
通貨での投資なので変化が
少ないというだけです。

株とFXの違い!覚える知識

  • 株=会計、業界、企業
  • FX=為替、海外情勢

株とFX は学ぶべきところが大きく違います。

株の場合は一つの会社を分析研究します
FXの場合は国という大きなものを
分析研究しなければいけないです。
そして通貨と通貨の相対関係でも値が動きます。

この他にも勉強方法があり、
有名なのがチャート分析です。

これは取引のパターンや傾向を覚えて
投資する方法で株でもFXでも
どちらの場合でも使えます。

ぺい
ぺい

さらに株の場合、割安株投資や
成長株投資など細かく分類されて
いるので学ぶ内容は凄く違うよ

株の覚えるべき知識の一例がこちらの記事です。

まとめ

今回は株とFXの違いやリスクを幅広く
解説しました。

まとめると
株=企業、FX=通貨に対して投資
するのでこの元の部分から
大きく違います

具体的には株の場合

  • 投資先が約3690社(2020年時点)
  • 持ってるお金の約3,3倍の取引ができる
  • 取引時間が国内平日9~15時
  • 投資最低金額、約100円~
  • 必要な知識が会計、業界、企業について

FXの場合は

  • 投資先が約40通貨
  • 持ってるお金の25倍の取引ができる
  • 取引時間が平日24時間
  • 投資最低金額、約5000円~
  • 必要な知識が為替、海外情勢について

という部分が異なっています。

リスクはなんと言っても
借金を抱える可能性があることです。

これを避けるためにはレバレッチや
信用取引(両方、お金を借りて投資するやり方)
を使わない方でやった方がいい
ということです。

家族の介護、病気にかかったなど
不測の事態にお金を借りなくては
いけない場面もあるかもしれませんが

投資である株やFXで
持っているお金以上にお金を
使うことは辞めた方が絶対にいいです。

~僕自身の株で失敗話~

コメント