株のやり方!未経験の人でも理解しやすい4つの流れで教えます

株のやり方!未経験の人でも理解しやすい4つの流れで教えます
株のやり方!未経験の人でも理解しやすい4つの流れで教えます

株を始める前は
いくらお金が必要なんだ?と
あたふたしてた、ぺいです。

今回は未経験の人でも理解しやすい
株のやり方を4つの流れで解説します。

記事の信頼性

僕は株歴13年、FP2級取得
株だけで今まで1000万以上の
利益を出した経験があるのである
程度参考なると思います。

FP2級

株利益

株のやり方の前に知って欲しいこと

ちょっとの面倒かもですが
事前の知って欲しいことから
話します。

株の魅力と怖さ


株は数週間で2、3倍、
それ以上のお金が増える可能性
を秘めています。

しかし、逆に使ったお金が0円になることや
信用取引などを使うとマイナスになることも
あるくらいです。

他には、うまく使えば1日数分や1ヶ月で数十分
と短い時間で資産を作る人もいます

毎日、株が気になって仕事や家事が
手につかないという負の連鎖
なる怖さもあります。

この魅力と怖さを先に知って
特に怖い部分を自分自身が体験
しないように注意してみて下さい。

ぺい
ぺい

僕は株価が気になる罠に
ハマってしまったーー

お小遣い程度か失ってもいい金額でやり始めるのがベスト

株の怖さを抑える方法としても
株を始めてやる人がよくやる

最低限のお金で株をスタートする方法です。

今は100円から、1000円以下で株を
買うことができます。

これじゃ儲からないだろ!
と感じるでしょうが
個人的に最初は失敗が小さい
やり方がいいと感じています。

経験の少ないうちは注文の仕方を間違えた
とか小さいミスを起こすこともありえます。

慣れるためという意味でも
失っても痛くない金額で!

ということを株をやる前に
心に止めてみて下さい。

株の基本知識を覚える

株が難しいとかわかりづらかったと感じる
理由の1つは

  • 専門用語の多さです。

日経平均、PER、PBR,有価証券報告書
指値、成行、配当利回りなどなど

一目見ただけではこれ何?
ってなると思います。

覚える方のポイントは


なんとなく覚えて、
すぐに確認できる方法も記憶する

でいいと思います。
学校のテストのように暗記する
必要はないので

  • 忘れたらググル
  • わかりやすい説明のサイトをブックマーク
  • ノートやメモに書く、コピペ

して都度、見て内容を思い出すで
大丈夫です。

株のうまいやり方は目標やリスクを考えること

次に1年でいくらお金を増やしたい
とかどのくらいまでマイナスなら許容できるか
を考えいきます。

証券口座を準備する

株は欲しい会社に連絡したりでは
買うことができません。

証券会社で自分自身の証券口座を
作ってお金を入れて、
株を買うことができます。

銀行口座を作らないとお金を
預けられないのと似ています。


作り方は銀行口座よりも融通が利きていて
スマホのみで作ることができます。

注意点としては、
マイナンバーを記入したりなど
わかりづらかい部分もあることです。

人気記事 SBI証券の口座開設のやり方、手順!画像付き


口座を作るのにお金はかかりません。
更新もないので、負担になることはない
と思います。

 

ぺい
ぺい

今から株を始める人は
ネット証券である。SBI証券、
マネックス証券が多いよ!

株を買ってみる

株を買ったり売ったりするのにも
覚えてた方がいい知識があります。

  • 指値(さしね)
  • 成行(なりいき)

この2つです。

普段の買い物では店で決まった値段で買う
という1つの行動のみになりますが

株はこちらが指定した
値段になるまで待って売り買い(指値)
今すぐ株を売り買いする(成行)
があります。


普通の感覚でいうと成行はいつもの買い物
指値は株、特有の方法と言えます

具体的な株の買い方の流れ

これはSBI証券で株を買う画面です。
他の証券会社で買う場合もほとんど同じです。

ざっくり流れを言うと

  1. 買いたい株を選ぶ
  2. 株の数を決める
    (基本100株単位、
    ネット証券だと1株から買える所も多い)
  3. 買い方を決める
    (始めは成行か指値で充分)
  4. いつまでに買いたいか期間を決める
    (証券会社によって期間前後する)
  5. 預かり区分
    税金の処理を自分でするなら⇒一緒預かり
    税金関係を証券会社に任せるなら特定預かり
    NISAで買うならNISA預かり

ここでのポイントは
株の値段を間違えないことです。

特に指値の値段です。
例えば、株価1000のA社があったとします。

それを入力ミスで10000(1万)
としてしまう、高い値段で
買うことになります。

厳密には1万で買うことには
ほぼなりませんが1000よりも
高い値段になることは必至です。

この事故を防ぐためには

  • 買う前にもう一度確認
  • 慎重に数値の入力

単純ですが丁寧にやることです。

ぺい
ぺい

疲れている時や急いでるに
僕はミスして痛い授業料を払ったので
今は二度の確認は必ずしてます

株のやり方の極意は【実践にあり】

今まで話した流れをずっと繰り返していく
ことが1つの株のやり方です。
(証券口座は1度だけ作るのでもOK)


特に株の知識を覚えたり、目標やリスクを
考えるのは何年、何十年経っても変わらない
と思います。

ぺい
ぺい

株を13年やっているけど
いつ学びや失敗の繰り返しだよ

ちなみに僕の株の成果も記事にしてます。
2019年10月まで株成績です。

株のやり方のまとめ

今回は未経験からの
株のやり方について話しました。

世の中には様々な学び方があって
僕自身の経験から

  1. 株の基本知識を覚える
  2. 株での目標やリスクを考える
  3. 証券口座を準備する
  4. 株を買ってみる

という流れがいいと思います。

いきなり始めたり、勉強ばかりとなるより
『実践でないと学べないこともある』


ので学びながら実践することで
利益を出せる人になるようになると
実感しています。

僕も自分の目標には届いてないので
一緒に株を頑張っていきましょう!

人気記事 SBI証券の口座開設のやり方、手順!画像付き
人気記事 ネット証券おすすめランキング【2020年版】厳選TOP3の紹介

コメント