株の含み損15万以上!塩漬け状態になった1つの原因を徹底追及します

株の含み損15万以上!塩漬け状態になった1つの原因を徹底追及します
株の含み損15万以上!塩漬け状態になった1つの原因を徹底追及します

今回は僕の持ち株が含み損15万以上になり
塩漬け状態になった話しをします。

 

 合わせてこんな悩みを解決します。

  • 塩漬けになった株の分析方法
  • 他の人の失敗を知り自分は避けたい


僕の現状は今も売れずに含み損
のままので持っている
最悪の状態です。

その経緯と今後の見通しなどを中心に話します。
あなたもこのようにならないための参考に
してみて下さい。

なぜ塩漬けになったのか?

失敗

A,長期投資には合わないプランで
行動してしまったためです。

 
ことの始まりは
IPO関連銘柄を上場するけっこう前に買って、
上場確定情報が出たら売れば儲かると
聞いて調べた結果です。

 

そこで2016年12月ZMPの上場が延期にました。
近い将来ZMPは再度上場申請すると言われてたので

僕は関連銘柄としてアートスパークを買いました。

 

結果、2019年4月現在まだZMPは上場せず
アートスパークは業績は株主の期待に応えられてないため
株価は下落を続けてます。

 なぜ買うことなったのか?
などの理由のこの2社の企業を説明しながら
お伝えすることがわかりやすいので
まずZMPから解説します。

 ZMPってどんな会社?

ZMP

自動運転関連会社の本命中の本命と言われている
未上場であり早い上場も期待されてる会社です。

 

どんな事業をしているかというと
ロボット開発のベンチャー企業であり
自動運転車の技術開発に、ドローンを含む物流支援ロボット、
自動運転タクシー、など様々な最新技術の開発を行っています。

会社のビジョンが
人型ロボット・ロボカー技術を応用し、
総合ロボット会社を目指しています。
見れば見る程
これからの時代に必要な会社です。
 
自動運転技術はアメリカも中国も国を挙げて力を入れてます。グーグルに

まとめると
来たるAI社会に必要な事業をしており日本で数々の実績も残してる
期待の会社なので今回興味を持ちました。
 

アートスパークってどんな会社?

アートスパーク

アートスパークはZMP株を多く保有し会社の
規模が大きくないため会社上場した時に恩恵が
多いと考えられる会社なのです。

ZMPの株を48万株取得しています。
株の数だけならSONYやJVCケンウッドがともに
推定200万株保有してるおりほかの株主で多くの株数
保有している会社のあります。

なら多くの株を持ってるSONYやJVCケンウッド
に投資した方がいいじゃないの?
と考える方もいると思います。

その考えもいいと思いますが
僕は株価や会社に与えるインパクトと大きさで
アートスパークを選びました。

その理由が下の数値です。

アートスパーク
時価総額51億、保有48万株
SONY
時価総額6兆8333億、保有200万株
JVCケンウッド
時価総額442億、保有200万株
(19年4月時点)

始めにSONYの時価総額が桁違いに多いが
目につきます。

ここで例えば
ZMP上場した時に1株1億円の含み益が増えたとします。
するとアートスパークは時価総額が倍近い99億になります。

それがSONYになら
時価総額6兆8333億に+200億なので6兆8533億に増えます。

この数字で何が変わったと考えてみると
アートスパークは会社の価値、時価総額が倍になった。
SONYは約0.3%会社の価値、時価総額が増えました。

するとあくまで予想ですが
ここの先に何が変わるでしょうか?

アートスパークは時価総額が倍近くなったので
ZMP株を売ったり、担保にして資金を調達し
新規事業をしたり多くの可能性が広がります。

ですが
SONYの場合はどうでしょう?
もちろんSONYにとっても200億は大きな価値があります。
だとしてもこの金額からSONYの会社が変わるほどの
変化が起こるとは考えにくいです。


なぜなら、もしZMPが上場して上がる200億価値というのは
SONYの会社規模から上場しようがしまいが調達できる
金額だからです。

一方、アートスパークは上場するとしないで
会社の価値が倍になるわけですから
今までできなった多くの可能性があると
僕は考えます。

よってその影響が
株価に反映されるとアートスパーク
投資した方が株価が上昇する。

という予想から
SONYからアートスパークの株を買いました。

 同じ理由でJVCケンウッドではなく
アートスパークを選びました。

失敗の現状

そのような予測の結果が今マイナス15万円です。

アースト

SONYに投資していた場合はどうでしょう?
17年7,8月の株価が約4400前後でした。
今19年4月現在は4800前後です。

SONY

株価だけ見ると現状失敗です。

株や投資は1つの理論や要素でけで決まる
わけではないのでのような結果になることも
あります。

そもそも
僕の勝手な予想では購入して1年以内には
ZMPの上場が再度確定して売るはずだった
ので予想通りにはいってないです。

今後の戦略

今後

ZMPが上場するまで放置。
 これで行きます。

他の方法で株価の改善が思い浮かばないから
上場するまで待ちます。
 
といってその間に株価が
マイナスになりこの結果になったのですが、、

今までの戦略、僕の心は
アートスパークは僕が株を買う安全域にも
5つの条件のどちらにもあてはまらないので
株を持ち続ける理由もないし、
売る理由をZMP上場以外に
見つけられないジレンマでした。
 
ですがこの記事を書きながら
初志貫徹を思い出し始めの戦略である
ZMPが上場確定したら売ることに
改めて決めました。

コメント