コロナショックの時の株のやり方【コツコツ買いで上げと暴落に備える長期投資家】

コロナショックの時の株のやり方【コツコツ買いで上げと暴落に備える長期投資家】
コロナショックの時の株のやり方【コツコツ買いで上げと暴落に備える長期投資家】

コロナウイルスショックで
株の買うタイミングがわからない!
今よりももっと下がりそう、、

という不安を解決する1つの
方法を解説していきます

先にざっくりやり方を
まとめると

  • 株の歴史は暴落と成功を
    繰り返して長い年月をかけて上がっていくから
  • コツコツ買うとは?金額というより持ってる額の割合
    【持ち金の5%くらいがスタート】
  • 経済全体より1つ1つの会社をよく見るべき
  • 今よりもっと下がる可能性【イタリア破綻】
  • 今が底で上がる可能性【早期のワクチン次第?】
  • 結局株のタイミングを考える意味なし
    【一生株を持つ気があるかどうかが大事】

日本や世界経済を予想してもほぼ無意味で
それよりも1社1社の会社を見て
コツコツ買うっていうのが

この株価が暴落してるときの
長期投資家の行動を
話していきます。

株の歴史は暴落と成功を繰り返して長い年月をかけて上がっていく

コロナショックで経済や株価は
大打撃けど似たような下落は
いくつもあります。

例えば

  • 1987年10月ブラックマンデー
  • 1990年1月日本のバブル崩壊
  • 2000年3月ITバブル崩壊
  • 2006年1月ライブドアショック
  • 2008年9月リーマンショック
  • 2010年ギリシャショック
  • 2011年3月東日本大震災
  • 2016年チャイナショック

とこのように暴落は珍しくもなく
常に起こって当たり前
ようなものです。

時間はかかりますが
最終的には下がる前以上に
上昇してます

そしてNYダウなど世界では下落から
時が経つと前以上に上昇を
繰り返しています。

下の図で見てみると

ダウ上昇

 

 

 

 

 

 

画像:Investing.comより

これは1990年~2020年
現在の株価のグラフです。

ぺい
ぺい

もっと早くから始めてれば
良かった、、、

と言ってもこれはアメリカの話し

日本の場合

日経平均

画像:Investing.comより

これは1984年~2020年
現在の株価のグラフです。

日経平均は下落だがバブル期から
ずっと保有で配当受ければほぼ
トントン!

ざっくり
約35年×配当利回り2%
これを複利でやると
お金は約2倍になるので

もし、バブル絶頂の約38000円と
最悪のタイミングで始めてても
約約35年続ければトントンになる。

なので僕のような
長期投資家は配当金や複利効果を
意識して、コロナショックでも
買い進めています。

ぺい
ぺい

10,20年は軽く継続する
イメージだよ!

コツコツ買うとは?金額というより持ってる額の割合【持ち金の5%くらいがスタート】

コツコツ買う

コロナショックである今
株のやり方の1つはコツコツ買いです。

具体的なやり方は
今、株に使えるお金の5%くらいを
1、2ヶ月くらいかけて使う方法です。

コロナショックのように株価が暴落した
時の行動も常に考えているのが
長期投資家です。


なぜなら

  • 今より日経平均株価が下がっても
    ダメージがなるべく少なくで済む。
  • もし、株価が上昇したら利益が期待できる

と両方の可能性に対応できます。

今理不尽のような下落もチャンスの
1つとして考えてるからです。

SBIネオモバなら1株づつ買えるから
選択しの1つとしていいです。

経済全体より1つ1つの会社をよく見るべき

1つ1つの会社を

コロナショックで日経平均が
暴落世界経済が不安などのニュースが
多いですが株で知るべき一番大事なことは

  • 会社の業績
  • 成長
  • 倒産するしない

ということを考えるべきです。

 

日本経済という大きな流れを知るのは
大切ですがそれで投資が
うまくいくかどうかは別。

株をよく知らない人やより成果を
出したい人は1つの会社の

  • 売り上げはどうなっていくのか?
  • コロナのせいで売り上げは?
  • どのぐらい下がっていくのか?
  • いつ復活するのか?
  • 上昇しているのか?

していく方が僕のような
個人投資家にはメリットが大きいです。

ぺい
ぺい

例えば
家計の管理でも日本の全体見るより
1人1人の細かいことを見た方が
はるかにやりやすいよ!

関連記事

株を始める理想の時期とは?
4つのタイミングを投資歴12年の僕が徹底解説します

今よりもっと下がる可能性【イタリア経済破綻】

とは言え、今後の情勢を考えることも
大事なのでまずは


今よりも株価が下がる
場合を考えてみます。

  • 欧州のコロナ被害が想像を超える
  • アメリカ、アフリカなど地域の被害も
  • イタリア経済破綻

などなど、今よりも悪くなる要素は
多くあります。

これらを頭に入れて
レバレッジや信用取引で
買ったり、大きな額を株買う
のはよしましょう。

ぺい
ぺい

普段からレバレッジや
信用取引はハイリスクハイリターンだから
やらない方がいいと思うよ

今が底で上がる可能性【早期のワクチン次第?】

株上がる可能性

今よりも株価が上がる
場合を考えてみます。

  • 早期にワクチン、治療薬ができる
  • コロナ感染が弱まる
  • 原油相場の落ち着き

今はコロナを正確に治療できる
体制が整っていない状況です。

これを解決しないことには
みんなの不安や株式相場も
上がっていくことは難しいです。

そして、最近の株価の暴落は
原油価格の下落も関係しています

ロシアなど今まで原油価格維持のために
原油を作る量を調整していましたが

シェアの奪い合いのためなどに
作る量の調整を辞めて増産したため
価格が半分近く安くなっています。

 

とこれらあくまで予測であり。

僕のように株を約13年やってて
FP2級を取得してる経済に少し詳しい人の
考えもほぼ意味なしです!

1つ1つの会社がどうなっているのかを
知ることの方が株をやる人には
必要なことです。

ぺい
ぺい

日本や世界など国単位の
大きな動きを考え過ぎは
良くないと思う!

結局株のタイミングを考える意味なし【一生株を持つ気があるかどうかが大事】

タイミングを考える意味はない

僕も含めて多くの人がコロナショックが

  • いつ終わるのか?
  • いつ落ち着くのか?

と不安や先行きが心配な世の中の
空気になっています。

けれど、株などの投資の部分に関しては

コロナショックのような
株価の下がり方は
過去に何度も
に起こっています。

そしてはこの状況は
4、5年と時間はかかりますが
のち将来
には下がる前以上に
上昇するという歴史があります。

なので株をやるタイミングを悩むよりも

  • 一生株を持つ気があるか?
  • せめて上がる数年間待てるか?
  • その間に会社潰れない会社か?
  • 売上や利益は確保できるのか?

と日本や世界経済を心配するよりも
1社1社の会社を見て、安定している


会社の株を持ち続けることが
うまくいっている長期投資家の
1つやり方です。

人気記事 無料で簡単!SBI証券の開設方法

コメント