年金だけでは貧乏?【解散価値】ネットネット株はほぼ同じで安定した投資方法である

年金だけでは貧乏?【解散価値】ネットネット株はほぼ同じで安定した投資方法である
年金だけでは貧乏?【解散価値】ネットネット株はほぼ同じで安定した投資方法である

日本人ならみんな不安なっている
年金問題、本当に貰えるか心配ですよね?


大袈裟かもですが、日本の少子高齢化など
問題が山積みで今よりも良くなることは
100%ない状況です。


将来のお金や生活に不安がなかったら投資
とか面倒なことはしなかったと僕自身は
思います。


なんせ投資、株は未経験者でしたし
お金を失う心配がありましたから

 

そんな中で
ネットネット株と出会いました。

 

わかりやすく、安心できる投資のやり方
だと思い数万から始めてみて
実際にほぼお金が減ることなく、増え続ける
今も同じ方法で株を買ってます。


正直、こっちが僕の年金です。
今回はこのネットネット株について
説明しています。

 

合わせてこんな悩みを解説します。

  • 投資には興味あるがお金を損が恐い
  • 株でうまくいってないの
    新しい方法を試したい

 

話しの内容

  • 今の20,30代の年金は死んでる
  • ネットネット株はなぜ、年金より頼りになる?
  • ネットネット株とは?
  • ネットネット株の具体例

 

記事の信頼性:
僕はFP2級を取得済みであり株歴約12年で利益
も多く出している実績があります。
 
なので安心して最後まで記事を見て下さい。
下の画像で実績の1部を紹介します。
FP2級を
 
株実績

今の20,30代の年金は死んでる

年金死んでます

 僕は今30代ですが、
ぶっちゃけこの世代は年金は
最悪、貰えないことも想定してます。

 

なぜなら
日本の年金制度の想定は
甘すぎるからです。

その証拠の1つに

今の年金制度に抜本改革された04年当時の見通しに比べると、
年金財政のバランスをとるために
給付抑制が必要な期間は長期化している。

04年の想定では基準となる経済前提のケースで
23年度までの19年間で給付抑制は終了する計画だった。

今回の財政検証では最も経済状況が良いケースでも、
今後27年間は給付の抑制を
続けなければならないとの結果だ。

日経新聞:引用元

 
これ以外にも多くの理由、内容がありますが
流れは基本的に同じです。
 
  1. 想定
  2. 数年後→うまくいかない
  3. さらに悪い状況から想定
  4. また数年後→やはりうまくいかない

これです。

 

本当に学生の時、国民年金
勤めて多く取られた、厚生年金
今すぐ返して欲しいです。
 
年金を払う価値があるのは
障害、遺族年金の部分です。
明日、事故に合うかもしれませんからね。
 
将来の受け取りは0円になることは
ないでしょうが、ただただ制度が
死んでます。

 
最後に

国民年金・厚生年金保険について、
政府は少なくとも5年に1回「財政の現況及び見通し」
を作成して公表しなければならないと
法律で定められています。


また約5年後に想定を下回った
と改悪することは間違いないです。

 

なので、今の時代は自己防衛が必須です。
その有効な1つの方法がネットネット株に
投資することです。

ネットネット株はなぜ、年金より頼りになる?

  • なぜ、年金変わり?
倒産しにくい投資方法
数十年以上、使われ成功者も多いから
もちろん減るリスクが0ではないですが
今の年金制度より出したお金が減ったり
する危険が少ないと僕は感じます。 
 
 
そして
 
ネットネット株を買うという
やり方は僕が生まれる前から存在し
世界一の投資家バフェットや日本でも
kabu1000さんが実践して多くの資産を
作っています。
 

金額だけでなく、彼らは数十年の期間継続
して実績を残してるのも安心できる
ポイントです。

 
ちなみに僕はネットネット株に
約10年投資してますが


累計、利益は1000万以上で今も
配当、値上がりに下がっている
会社もありますがトータルで
どんどん成長しています。

 

ネットネット株とは何か?解散価値は?

ネットネット株とは?

先に公式から見ると
ネットネット株=(流動資産-総負債)÷発行済み株数>株価2/3
解散価値 = (流動資産-総負債)÷発行済み株数

言葉で表すと


株価よりも1株の現金を多く持ってる?
どれくらい?


今すぐ企業が倒産、解散したらいくら
現金が残るがわかったります。

で?何って、思いますよね?

 

この公式を使って株を探すと

損しにくい株を判断できて、
株価が解散価値まで上がるのを
待てば利益が出るという流れです。

 

大雑把過ぎたので

ネットネット株と解散価値の
詳しい説明を戻します。

 

解散価値よりも時価総額の方が大きい場合
言い換えると解散価値が時価総額を一定数上回る株を
ネットット株と呼ばれます。

 

ネットネット株の発案者グレアム氏は
解散価値が株価の2/3を超える株(企業)を
ネットネット株と定義してます。


解散価値はある会社の継続が困難になった
その会社から確実に回収可能な
価値を表してます。

ネットネット株の具体例

具体例

ネットネット株に当てはまる2社を
実際に解説していきます。
(データは19年9月20日時点です。)

 1社目、小田原機器
企業コード7314の場合です。

  • 株価:510
  • 解散価値:804


データ元:小田原機器、有価証券報告書2019年

 

ネットネット株の計算で使用した
流動資産、負債、などの項目は


各会社のHPのIR情報から
四半期報告書や有価証券報告書という
データの中に詳しく書いてありますので
確認してみましょう。

 

僕の使い方は
SBI証券や証券会社経由で
会社HPから確認する方法です。

この方法がいいのは

  1.  株価確認しやすい
  2. 証券会社がまとめたデータ
    がわかりやすい

 からです。

株価は証券会社が最新で最速に
情報提供してくれますからね!

そして、SBI証券なら
過去3年の売上や営業利益も1つの
画面ですぐに確認できるので
とても便利です。

 

では、話しを小田原機器に戻しますと

ネットネット株に
当てはまる、いい会社ですが

  • 昨年、経常利益がマイナス
  • 営業キャッシュフローがマイナス

と不安定な会社経営ですので
僕は買っていないです。


次に 丸八ホールディングス
企業コード3504の場合です。

  • 株価:773
  • 解散価値:1421

 

データ元:丸八ホールディングス四半期報告者2019年

ネットネット株に
当てはまるいい会社ですし

  • 経常利益、数年連続プラス
  • 営業キャッシュフローもプラス

と安定して会社経営でもありので
僕自身購入している会社です。


このように
ネットネット株に当てはまるから
といっても
必ず業績がいいとは限りません。

 

営業利益や営業キャシュフローが
過去何回もマイナスになるような会社は
重大な問題があります。

 

なぜなら、会社が営業するたびにマイナスに
なるということなのです。ざっくりですが

 

なので証券会社経由で
これらを確認しながら
ネットネット株を探すとより
安全です。

 

とはいえ
ネットネット株に当てはまるだけでも
投資は他の投資と比べると充分
下値リスクの少ない投資です。

と言いつつ普通に日経平均株価が下がる
時には下がりますが


僕自身、ネットネット株を約10年
買い続けて他と比較すると安全だなと
実感しています。

まとめ

今の日本の20,30代は金銭的に
過去の人達より苦労することが
ほぼ確実です。

 

嫌な時代に生まれてきて
しまいました、、

 

なので仕事以外の投資や副業で
収入を上げなければ

 

お金がないことで
好きな飯も選びずらくなり
会計のたびにストレスが貯まり
ため息が出てしまうでしょう。


これを改善する方法の1つが
ネットネット株を買うという投資です。

 

コメント