【最速】3分以内に割安株を探す方法!株で1000万儲けた僕が公開します

【自動投資】比較対決!ウェルスナビとTHEO(テオ)どっちがいい?
【自動投資】比較対決!ウェルスナビとTHEO(テオ)どっちがいい?

今回は普通なら自分でスクリーニング
して会社HPでIRを確認して
調べないといけない割安株
についての話しです。

 

最速3分以内でパソコンや株買ったことがない
初心者でも簡単に実践できる方法
について書いてあります。


こんな悩みを解決できます。

  • 仕事などで忙しいけど投資に興味がある
  • 投資信託は手数料や管理、信託報酬など
    の費用が発生するので自分で株を
    探して費用を最小にしたい。

 

記事の内容

  • 【最速】簡単割安株検索サイトの
    第1位から確認して買う。最速3分以内でできます。
  • より健全な会社を買うためには
    営業利益や営業CFを見なければいけない 

  • 具体的な数値で比較してみた

 

記事の信頼性


僕は割安株を中心に累計株利益は1000万を超え
資産3000万を達成できました。

 

割安株と出会い実践していなかったら
今もお金に困って給料日前は
不安な生活のままだったと思います。


この中で失敗やためになると
思った情報を書いていきます。

実績の一部

2018年結果

 

個人的に凄く役に立つ方法なのでブックマークして
何度か確認しながらこの方法を
使ってみていた頂ければ嬉しいです。

【最速】簡単割安株検索の第1位から確認して買う。最速3分以内

 

 手順が

  1. 簡単割安株検索と検索に入力する
    と出てきます。

  2. 株式市場全体の割安株ランキングから第1位から
    確認してネットネット株スコア1以上の会社を探す。

  3.  探せた会社を持っている証券会社で買う
    (2019年6月時点ではササクラ証券コード6303、
    丸八ホールディングス証券コード3504などが該当してます)


1つの項目を1分でできれば最速3分で購入まで終わります。


これで自分自身で購入できるので、
投資信託でかかる費用はなし売買手数料のみの
最小の手数料での投資ができます。


この方法で投資で約5~7年負け続けた僕も
投資成績が向上しました。

手数料削減は確実に有効な方法の1つなので今も使っています。

 

画像で確認すると

まず簡単割安株検索と
検索かリンク先から移動して
この画面かもしくは似たよう画面になればOK!
割安株

 

 次に

株式市場全体の割安株ランキングから第1位から確認
してネットネット株スコア1
以上の会社を探す部分ですが

ランキング上位から確認して


下の画像、赤い四角の中にある
ネットネット株スコア1以上の
会社を探せれば完了です。

 

ちなみに画像は2019年6月時点では
ササクラ証券コード6303です。

 ネット

 

最後に
お持ちの証券会社で企業名か
証券コードを入力して
購入すれば終わりです。

下の図のように、会社を探して現物買いをすれば終わりです。

SBI

 

注意点
この流れで買う方法でもいいんですが


より条件良く買うためには株価暴落の時に動く
指値と期間を長くして最大限のチャンスを
待つ買い方をすることが大事です


詳しくは最安で株を買う方法!
これで僕は長年の負けから脱出できました。に書いてあります~

 

特に株価が下落する可能が高い
2019年のような時は有効です。

 

ちなみに
僕は丸八ホールディングス証券コード3504
を購入済みです。
買った株

 ネットネット株基準1以上ですし、
予想配当利回りは3,7%と
長期投資に最適です。(2019年6月5日時点)

 今後、さらに買い増しをしていく予定です。
今年、来年と今後も勝ち続けるための
準備をしていきます。


あれ?ササクラは買わないのかな?
順位もササクラの方が良かったのに。
これから買うのかな?


と疑問を抱いた方もいるでしょう。

 

結論を言うと、ササクラは買いません。

なぜなら財務状況(今あるお金の状況)は
いいけど経営状況(今後の稼ぎ)が
悪い、不安定だからです。

 
この簡単割安株検索を使った方法は
財務状況(今あるお金の状況)
調べるのに特化した方法です。


なので次の章で
足りない部分を補足してより良い株を探すことが
可能になります。

 

より健全な会社を買うためには営業利益や営業キャッシュフローを確認

健全


簡単割安株検索では
今会社の持ってる現金などの
資産から割安株を探すのに特化してます。

 

なのでこれにプラスして
今会社はどれくらい稼いでるのか?今後の経営は?
を確認することも必要です。
 
理由は今、現金などが多く財務状況が良くても
今、もしくは今後の
経営は悪くなるのは悪影響だからです。
 

 では具体的に何を確認すればいいか?


営業利益や営業キャッシュフロー
を3~5年確認して下さい。


やり方は

証券口座持ってる方⇒
対象企業を証券会社がまとめてる
データで確認。(時間短縮になります)

 

例えば

SBI証券なら営業利益が過去3年分と
今、来期予想が書いてあり
営業キャシュフローは過去2年分の
データがわかります。

 

これらの数値が1ページにまとまって
書いてあるのでこの分少しの
手間でデータを確認できます。


ない方⇒対象会社のHPやEDINTで
有価証券報告書や決算書を探す
(少し時間かかります)

 
この方法で探すのは慣れてる僕でも少し面倒にです。
データを探すのも会社によって微妙に場所が違うので
少しため息がでます、、、

 
そして、1年づつデータを
ダウンロードしないといけないし


最大の嫌なポイントは

有価証券報告書や決算書は文字が小さい!!
画面に顔を近づけたり、
目を細めたり、ため息MAXがここです!


本当僕みたいな、おじさんには最大の敵です、、、

 

 なので
どこか証券口座持ってる人は
そこから調べることが
ストレスなくていいです。

 

具体的な数値で比較してみた

数値

 次に具体的な例で
営業利益や営業キャッシュフロー
を確認してみます。


僕がササクラでなく
丸八ホールディングスを購入したか
というのをモデルに使います。


将来の経営を予測する
営業利益や営業キャッシュフロー
に差があったからです。


その実際の数値がこちら

 

ササクラ 営業利益営業キャッシュフロー 
2018年-312万円 −4122万円
2017-165万円  130万円
2016 419万円 −5042万円

 

丸八ホールディングス営業利益営業キャッシュフロー
2018年1,591万円 1,695万円
20171,576万円 3,541万円
20162,115万円 2,798万円


この数値を分析してみます。

ササクラの場合、結論悪いです。

なぜかいうと
毎年のように営業利益が減り続け
過去2年間に至ってはマイナスにです。

 

営業利益のマイナスは経営を
続ければ続けるほど悪くなる
可能性が高いです。


営業キャッシュフローも去年、一昨年と大幅にマイナスです。
これはどんどん手持ちの現金が
少なくなっていることを示しています。 

 
丸八ホールディングスの場合は、
結論いいです。

営業利益は3年ともプラスで
安定しているのでこの先も安心できる
可能性が高いので良い印象です。

営業キャッシュフローも
3年連続で黒字なので
どんどん会社の現金も増えています。


理想は言えば
毎年黒字なのもちろんで、
毎年黒字の額が増えているのが1番いいです。

理由は会社自体が成長しているのが

結果に現れているからです。

まとめ

まとめ

本当時間のない方には3分でできる

簡単割安株検索サイトの第1位から確認して
ネットネット株スコア
1以上の会社を探して買うのがいいです。

 

なぜなら
自分自身で購入できるので、


投資信託でかかる費用はなし売買手数料のみの
最小の手数料での投資ができる
メリットがあります。


もう少し時間がある方は

証券会社のデータや会社HP,EDINTから
営業利益や営業キャッシュフロー
を3~5年確認しましょう。


理由は
簡単割安株検索サイトでは
財務状況が最速で調べられるので

将来の経営を予測する方法の1つである、
営業利益や営業キャッシュフローで
調べればよりよい会社を探し出せるからです。

 

今回の話しは以上になります。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

コメント