株はどうやって選ぶの?【初心者おすすめの4つにパターン】

株はどうやって選ぶの?【初心者おすすめの4つにパターン】
株はどうやって選ぶの?【初心者おすすめの4つにパターン】

株は何を基準に買えばいいの?
うまくいってる人はどうしてるの?

という疑問や悩みについて
解決していきます。

今回は特に株を始めたばかりの方に
基本的な4つの選び方を
中心に話します。

僕自身が株を始めた時に

  • 先に知っておけば苦労しなかったのに
  • こんな使い方を早く知りたかった

という過去の失敗を
生かした体験談も一緒に
書いていくので役に立てれば嬉しいです。

企業業績で買う株を選ぶ

企業業績で株を買う

株を選ぶ際の王道が
企業の売上や利益など
業績を見て決める方法です。

ニュースで

  • 前年比〇%アップの利益だった
  • 決算が発表されました

とソフトバンク、NTTなど
有名な企業名とともに
聞いたことはないでしょうか?

企業は業績、成績という数値を
3ヶ月毎、定期的に公表
してくれるので最近の情報で
チェックしょう。

今回の数値の中でも重要な
ものから見ていきます。

PER,PBR

最も使う人が多いと言われる
指標です。

この数値を見れば
会社の一部の業績と株価との
相対関係がすぐにわかります。

PERとは利益に対して株価が
今安いのか?高いのか?がわかり

ざっくり10倍前後だと安く
それ以上は割高という感じです。

 

PBRとは持ってる資産に対して株価が
今安いのか?高いのか?がわかり

ざっくり1倍前後だと安く
それ以上は割高という感じです。

株価の下落を最小限に抑えたい
という人は特にこの数値を
気にしています。

ぺい
ぺい

株を始めて何もわからなかった
時、PER10倍がわかりやすく
助かったよ

 

関連記事

初級編!PERの目安を知れば株探しが楽になる

ROE

ROEとは別名
自己資本利益率は、株主資本利益率
といい

企業がどれだけ利益を効率良く
生み出しているかがわかる数値です。

一般的に10%を上回ると
少ないお金でも大きな利益を
出してるビジネススタイルを
持っているといえます。

自己資本比率

自己資本比率とは
返す必要がないお金がどのくらいの
ありますか?を数値化したものです。

ざっくり70%以上だと
倒産の可能性が非常に低いので

安全性が高く、その会社を
安心して買えます。

なので僕のような
なるべく安定した
会社の株を選びたい方は
自己資本比率を気にして
株を選びます。

ぺい
ぺい

これを知って株を
始めて買ったという人も
いるよ

 

 

関連記事

初めての株で安全に投資する方法とは?
【自己資本比率】を知ろう

優待、配当で買う株を選ぶ

主婦の方や初心者にも
人気の選び方です。

その理由は

  • 優待券(商品引換券)、クオカード
  • 美味しい食材
  • その会社のオリジナルサービス
  • 定期的にお金貰える

株価が上がったり、下がったり
以外の部分で取っ掛かりやすい
ので優待、配当で始める方が多いです。

さらに詳しく優待や配当の
内容を見てみると

例えば
日本マクドナルド

優待内容
商品引換券が半年に1回貰えます。

バーガーやサイドメニュー、
ドリンク券が1冊に
まとまったものが貰えます。

データ元:SBI証券

さらに詳しい
マック株主優待の使い方が気になる方はここ

プラス
年に1度、配当が貰えて
人気の企業です。

このように
優待も配当も両方実施している
会社も多いので

株はあまり興味なかった
という人もこれを
きっかけに買うことがあります。

事業内容で買う株を選ぶ

これからの生活に欠かせない物を
作る会社やこの先に流行りそう
ずっと愛される商品ということを
理由に株を選ぶという方法もあります。

細かく見ていくと

IOT、5Gなど将来性で買う

2020年からこの先の生活に
確実に普及していく必要と
される技術が IoT や5Gです。

これら扱っていると
今よりも売上や利益が
大きく伸びる期待が持てる

ので選ぶという考え方ができます。

身近な商品、会社で決める

2019年に流行ったのが
タピオカやオシャレで機能的な作業着
などあり

これに連動して評価された銘柄が

  • 神戸物産
  • ワークマン

の株価が大きく上がりました。

ワークマンの方を
グラフで見てみると

データ元:SBI証券

2019年5月の株価5000から
最高1万まで上がっています。

このように身近な商品、企業から
買う株を選ぶと

株価が上がるのも嬉しいし
自分で見たり、買った商品が
評価される楽しみも味わえます

チャートで買う株を選ぶ

最後にチャートという
株の取引きの流れを
グラフで見て決めるやり方です

企業の業績や
事業がいいか悪いかは
気にしなくてできます。

取引きには
数分、数時間と素早い判断、決断
グラフの動きのパターンを覚える

などが必要になり
できる時間も平日9時~15時
なので制約が多い選び方です。

グラフを画像で確認
してみると下にようになります。

データ元:SBI証券

オレンジや紫色の移動平均線の
形や動き赤、青の株価の動き
これらを見て短期的に
買って売ってを繰り返す

という流れになります。

まとめ

どのやり方にもメリット
デメリットがあるので

4つのどの方法でも
成功できたり面白みがあります。

ざっくり魅力を分けると

  • 企業業績⇒会社の成長
  • 優待、配当⇒目に成果
  • 事業内容⇒世の中の変化
  • チャート⇒数分数時間で結果わかる

などの視点で株を見て
最終的には自分の気になった
やり方で選んでみて下さい。

その時のポイントは
少額で始めることです。

いきなり数十万とか
大きな金額で始めると
痛い目に合うことが多いので

慣れたら少しずつ
金額を増やすのが王道です。

そして、株や投資なのでどのやり方を
選んでもお金を失ったり失敗することは
常に頭に入れておいた方がいいです。

僕自身は企業業績メインで株を選んでうまくいった

個人的には会社の経営状態や財務状態の
数値を見て株を買い続けて
金融資産3000万作れました。

ぺい
ぺい

忙しい営業会社に
いた時に株を買っていたので
そんな人にも向いてるよ

よく見る数値は始めに書いた
PER、 PBR 株主資本比率の中心に見て

複数の会社を候補として調べ上げ
似たような条件だったら優待や配当金の
条件がいい会社を買って
いくという流れです。

これも1つのやり方なので
迷っている人の何かの
役に立てれば嬉しいです。

関連記事

2019年10月 株成績

人気記事 
ネット証券おすすめランキング【2020年版】厳選TOP3の紹介

コメント