1万円で株するのは古い?100円くらいがベスト!【金額別に対策あり】FP解説します

1万円で株するのは古い?100円くらいがベスト!【金額別に対策あり】FP解説します
1万円で株するのは古い?100円くらいがベスト!【金額別に対策あり】FP解説します

1万円あれば株できるかな?
持ってる金額でやり方は変わるの?
失敗はなるべくしたくない

という不安や悩みを解決できる
1つの方法を話していきます。

先に結論をいうと
今の時代は100円程の最小の資金で
株をスタートするのがベストです。

個人的には1万から株する
という考えは古いと思います。

と言っても、投資に使おうと思ってる
金額がもっと多い場合でも
金額別に合ったやり方があるので
安心して下さい。

もちろん、
ベストの資金で始めるのにこした
ことはないです。


これだけでうまくいくことが
約束されるわけではありません。

1人1人の状況に応じて
ベストなやり方を学べばいいです。

 

なので今回、株を始めにあたり資金の
大きさ別に4つのパターンから
最適なやり方を投資歴13年、
FP2級僕が徹底解説します。

FP2級

株を始める資金100円~1万円【今の時代はここがベスト】

株を始める理想資金

  • 株で大事なのは経験
  • 自分に合った投資方法を早く見つけること

この二つだと思います。

これを実現させるためにはSNSや本
などで勉強する事も大事ですが

合わせて自分自身で株を実践しないと
学ぶことができないことがあります。

なので理想なのは株の資金は最低資金で
スタートすることです 。

実際にいくらかと言うと今約100円で
株を買うことができます

少しまで株始めるのに
最低1万くらい必要だったのが
今はそれが100前後でみずほの株
など買えます。

もし失敗しても100円株を買う体験
ができるのはコスパ最高なので

ちょっと投資は怖いなという方も
この最低資金から始めるしてみるのが安心です。

ぺい
ぺい

僕の時代は数万円ないと
株は買えなかったから
安く始められるには最大のメリット!

 

株が安く買える訳は100株で買うか1株で買うかの差

ちなみになぜ株がどんどん安く
買えるようになった訳を解説すると

昔、株は100株単位で買えなかったのが
今は1株単位で買えるからです


これのせいで
株を買う=多くのお金
というイメージになっていたのです。

実際に今でも基本、100株単位です。
実例が下の画像です。

データ元:SBI証券

これは僕が買った株の情報です。
赤い四角の数量というのが株の数
ことを指しています。

100、900、200と続きます。
右に取得単価とある数字が買った時の株価です。

イノテック

  • 数量100株
  • 取得単価(株価)440
  • かかった金額100×440=4万4000円

これがもし1株で買えるのなら
440円です。

この1株だけを買えるよう
変わってきています。


1株でも100株でも同じ会社の株には
変りはありません!なので安く、
イイ株を買えるという訳です。

ぺい
ぺい

会社によって100株未満は
配当金が貰えないこともある
ので注意してね

1万円~10万円の場合【好奇心優先でOK】

株を始める資金

配当金や株主優待をもらえる権利が
適応される株が出で来る。

のでただ株価が上がった下がっただけを
考えるのでなく

インカムアゲイン(配当、優待)
考えた長期的な投資を自然と考えること
ができるので所がメリットである。

デメリットとしては1万円を超えてくると
より真剣になる分のめり込みやすく、
感情的になってしまう場合もあるので


メンタルを鍛えることも
このあたりから必要となってきます。

ぺい
ぺい

実際に買ってみると
思った通りに行動できない
ことがあるから少額で実践が大事!

 

 

10万円~50万円の場合【頑張って貯めた貴重な資金】

株資金10万

10万円から50万円になってくると
自然と余ったお金というよりは

  • 計画的に狙って貯めた
  • 給料から少しづつ貯めた

などのより大切なお金に
なってくると思います。

 

なので今までより慎重な投資の仕方として

  • 長期投資
  • 複利効果

を考えることが1つの有効な手段です。

 

わかりやすくいうと

  • 2~5年などの先を見据える
  • 配当などを再度投資に回す

ということです。

ぺい
ぺい

僕は株ですぐ儲けるとかいう
考えは捨てたら、うまくいき
始めたよ!

 

 

なぜかというと

例えば、株を少額で初めてやる時は
直感で気になった会社や商品を
買ったり売ったりすることも
大事でなにより経験にもなります。

 

しかし多額で始める場合はより
将来を見据えた方がいいです。

理由はもちろん株価が下がると
失うお金が大きくなってくるからです。

 

なので持ってる資金が多くなれば
多くなるほど

  • この会社は将来も
    売り上げは上がってくのか?
  • 倒産する心配は少ないのか?

などを考えた慎重な行動が必要です

関連記事

~株を始める理想の時期!4つのパターンとは?~

50万円~100万円の場合

株資金50マン

50万を超え100万円近くなってくると

良い株を探す買うというのはもちろんで
どのタイミングで買うか?

ということも重要になってきます。

株価は世界の景気や夜中の流れ
などで大きく変わります。

一流企業で運用を任されている凄腕
でも株価が下落基調な時に利益を
出すことはとても難しいです。

そして、流れを確実に
読むことはほぼ不可能に近いです。

ぺい
ぺい

株価が上がるか?下がるか?
を予想するのは無意味で
その会社が成長し続けるか?
を考える方が大事と思うよ

 

 

かといってそこまで悲観する
必要はなく事前の準備で
対策は出来ます。

例えば

80万円の資金から株を始める場合

  • 40万円は株を買う残りの
  • 40万円はタイミングを
    見計らって買うために現金のままにしとく


これが1つの対策として使えます。
いわゆる、
タイミングを分散させるのです。

 

他の分散のさせ方では
毎月1万円や2万円など決まった額で
株を買っていくなどの対処法も
同じように効果的です。

 

簡単にまとめると株を買うタイミングは
1日は1か月にまとめて買うのではなく

  • 毎月少しずつ
  • 数ヶ月1年など間をあけて

などで株を買って行くと
いう方法を使うべきです。

【番外編】株を始める資金:注意!100万円より多いほうが危険!?

危険

100万円より多くのお金で株を
買い始めるとなると覚えることや
リスクも大きく少ない金額で始めるよりも
不利なのではないかと僕は思うくらいです。

特に

  • 精神面
  • 税制面
  • 無知を付け込まれやすい

という3つです。

精神面では例えばにお金の上下に
慣れていないところです。

株で一1日で10%に20%の
値下がりを食らうことが
あります。

これは金額が大きいほど精神的にも
辛く100万円なら1日で10万円に
20万円分の価値が下がります

目的があってその株を買ってあったり
信念があれば問題ないですが

やはり経験が浅い時はそうは
言っても惑ってしまいます。

ぺい
ぺい

慣れないと働いてるのがバカらしく
悲しくなって気持ちになり
仕事が手につかなることも、、、

 

 

損益通算などの株特有の税制を
しっかり学んでおかないと失う
額も多くなってしまいますし

 

そして持ってるお金が多い分
それを狙った輩に狙われやすいです。
具体的には高齢者が
未公開株で騙されたりです。

このように色々と面倒なことが
初めから一気に降りかかってくる場合も
あるので解決策の1つとしては

どんなに大きなお金を持っていても
少ない金額から株を始める
ことだと僕は思います。

消費資金が0円!?【株を始めるならIPOもあり】

IPO

株には本当に様々なやり方があります。
初心者の方は株少額で買う以外にも
IPOするという手がいいと思います。

 

 IPOとはざっくり言うと
お金を一定額預けて参加料0円で
できる宝くじみたいなものです。

 

当たるまでが大変ではありますが
お金を失うリスクが非常に低く
当たったらすぐ売るという方法で

1年で100万円の利益を出す人
もいるくらいです。

関連記事

~さらに詳しくIPOを知りたい方は
ここをクリックして記事で確認して下さい~

まとめ:株を始める資金は額というより余裕資金なのかが大事説

まとめ

株や何か新しいことを始める
時は失敗がつきものです。


特に株の場合、失敗をすれば
お金を失うと言う痛すぎることになるので
始める資金はなるべく
少なく100円から1000円がいいと思います。

 

もちろんずっとこのままの金額では
効果がすごい薄いので、
慣れたら個々に応じて金額を
増やして行くことが大きな
資産を作るためには必要です。 

 

そして、
なにより1番大切なことは金額の大小
というよりそもそもその

  • お金は余裕資金なのか?
  • そうでないのか?

という部分です。

例えば

ある人にとっては
1万円失ったら今月飯が食えなく
なるなのにその1万円で株をする。

大きな稼ぎがあるから100万円
失っても特に生活に支障はないし
他でもっと稼げるから
0円になっても問題ない。


この2つを比べてると
1万円より100万円の
状況の方が株をやるには最適です。

持ってるお金や家計は
1人として同じ状況には
ならないので余裕資金から

多くの魅力が株を
1度、試してみて下さい。

人気記事 SBI証券の口座開設のやり方、手順!画像付き
人気記事 ネット証券おすすめランキング【2020年版】厳選TOP3の紹介

コメント