少額投資の決定版!100円~5000円でできる方法を解説します。

少額投資の決定版!100円~5000円でできる方法を解説します。
少額投資の決定版!100円~5000円でできる方法を解説します。

今回は少額投資の中でも
より安く投資できる100~5000円
でできる方法について
話していきます。

具体的にこのような
悩みを解決する1つの方法です。

  • お金がないけど投資できるかな?
  • 投資は危険だから心配

数年前までは投資と言えば
数万円以上のお金を持ってないと
できないことが多かったです。

しかし、今では

  • 現金なしポイントだけで
  • 100円から

と幅広い方法やとても安い金額で
でできるようになりました。

その解説をしていきます。

 

記事の内容の保証
僕自身、投資歴12年のトータルで
1000万以上の利益を出してます。

その実績の一部です。

実績の一部です。

ポイント投資0、100円~

現金なしでポイントだけで株が買えます。
100円からの積み立てもできます。

SBIネオモバイル証券はTポイントを
1ポイント=1円分として株式投資で
運用できるようになりました。

そしてなぜ、安い金額が取引が出来るのか
それは単元未満株取引を使えるからです

1株から取引きが出来る
取引方法のことです。

安い金額だから不利とか損と言うことはない

初心者あるあるですが株は通常100株から
しか買えないことを知りません。

そり、何も知らなかったら
1株から買えると思いますよね。


僕もなぜ100株?
いや1株からにしとけばいいじゃん。

めんどくさいと思ってました。
慣れるまでに苦労しました。


本題に戻ると
単元未満株取引を使うことで最小で
数百円から取引きが可能になります。

しかも、ポイントを使うから
リスクも最小で済みます。


手数料も安くていいです。
月間約定代金50万円以下
(50万円分の株を買った金額のこと)
なら、月額200円税抜きです。

50万円分を超えなければ、
何回でも取引し放題なので
使い勝手がいいです。


しかも
今はこのポイント投資を
SBIネオモバイル証券で利用するだけで

毎月Tポイント200ポイント分がもらえます。

なので実質手数料0円で投資ができる状況です。

 

こんなに状況がいいと
やらない理由はないですね。

もし、失敗しても
小さい痛みで大きな経験が
積めます。

つみたてNISA。100円~

100円から投資でき、売買手数料と
利益の税金が0になります

税制優遇を
使ってより有利に投資をしたい方は
つみたてNISAという方法があります。


これは
長期積立に特化した
金融庁指定の商品しか購入できません。

 購入手数料は無料、
信託報酬も低く設定されていますから、
少額での積み立てとは相性がいいです。

 

ただし、投資信託ですから元本保証はなく、
短期で大きく増やそうとすること
には向いてません。

iDeCo(イデコ)で5000円から

5,000円から始められ
税金がゼロ・節税できるます。
これらがメリットになります。
 
デメリットが
  • 60歳まで投資した金額や儲けは引き出せない
  • 口座開設の手数料と毎月の運用手数料がかかる
  • 個別株(ソフトバンク、ソニーなど)が買えない
  • 投資信託の種類が少ない

iDeCo(イデコ)を
ざっくり言い換えると

超長期の自動投資です。

60歳まで原則解約でないし
リアルタイムで自分のタイミングで投資
できないなどの縛りがとても多いです。

単元未満株取引。2,300円~

  • SBI証券(S株)
  • マネックス証券(プチ株)
  • カブドットコム証券(ワン株)
  • SBIネオモバイル証券
  • LINE証券

で言い方や多少の違いがありますが
この5社で1株や10株、という単元未満
で株を買うことができます。
(19年12月時点)


買う時と売る時に手数料がかかり、
儲けが出た時のみ
税金を払うという1番シンプル
かつ分かりやすい取引方法です。


シンプルに設計されてるために
無駄な費用を払う必要がないのでいい取引方法だと
投資を始める時には使いやすいやり方だと思います。

 

 利益は2つのみ。インカムゲインとキャピタルゲイン

投資で買った商品の価値が上がって売った時と
半年、1年など指定の条件をクリアしてもらえる配当を受ける、この2つの方法のみです。

この2つを用語としては
キャピタルゲイン(売買収入)、
インカムゲイン(配当収入)と呼びます。


これを知っておくことでどちらの利益を重点に
おいて投資しようかなどの計画が立てられたり、

この投資先はインカムゲイン(配当収入)が
多いからキャピタルゲイン(売買収入)は
期待しにくなと投資の分析をするためにも役立ちます。

 

僕自身の利益の内訳だと

  • キャピタルゲイン(売買収入)8割
  • インカムゲイン(配当収入)2割

です。

1年ごとに比率が変わります。
株価が好調の時はキャピタルゲインが
9割以上になります。

インカムゲインは安定してもらえるので
株価が下がっている時でもほぼ変わらず
もらえるので金額や心が安定するという
素晴らしい効果があります。


なので
株ではこの2つ両方から
お金を貰えるように始めていくのが
オススメです。

株で借金を背負うことはありえるのか?

ありえます。
ですが信用取引を使わなければ
借金を背負うことにはなりません。
株を買う時に2つの選択があります。
現物取引か信用取引という2択です。
 
ここで借金をしないためには
必ず現物取引!を選んでください。
 
現物取引とは自分が持っているお金のみで
株を買うことをです。
 
この買い方なら1番最悪な状況は
株に使ったお金が0になる!です。
マイナスや借金になることは
絶対にありません。

 
逆に信用取引とは?
相手(証券会社など)から自分を信用してもらい
持っているお金以上の額の取引きをすることです。
 
結論、借金する可能性があります。
 
僕からしたら、もう借金とほぼ同じです。
どうしても短期間にお金を増やしたい
方にはいいですが、それ以外にはデメリットしか
ありません。
 
具体的には
  1. 借金をすること自体
  2. 返済期限がある
  3. 金利も取られる
  4. 取引き中に急激に株が下がれば強制的に
    売られる(決済)になる

 

なので
株は現物取引だけを使いましょう。


特に始めたばかりの時は
株を買う時は必ず、現物取引になっているか
どうか確認してから買いましょう。

そうしないと無駄にお金を失うことに
なるかもしれませんので

人気記事 SBI証券の口座開設のやり方、手順!画像付き

コメント