ストックオプションは投資家の悪者!?2つの訳をFPが解説します。

ストックオプションは投資家の悪者!?2つの訳をFPが解説します。
ストックオプションは投資家の悪者!?2つの訳をFPが解説します。

 株を勉強して横文字に
少し強くなった、ぺいです。

今日は

  • ストックオプションって何?
  • 投資家する人はストックオプション
    を気にした方がいいの?

などの疑問を解決していきます。

先に結論を言うと


ストックオプションがある会社
もしくは多く使う会社には投資しない
方がいいです。


理由は
ストックオプションは一部の従業員
だけが良くなる制度で、株主などには
ほとんど悪いことしかないからです。

では細かい解説をしていきます。

ストックオプションとは

ストックオプション

わかりやすいように大雑把に言いますと

会社の中で選ばれた人が
数百、数千万円のお金を1日で
受け取れる制度です。

 金額には上下ありますが多くの場合
数百~数千万円の利益を株式市場から
搾取していきます。

詳しい内容を話します。

ストックオプションとは
あらかじめ決められた価格で
自社株を買う権利のことをいいます。

この制度が使われる流れが
一定の安い株価で自社の株式を
購入する権利を与えて一定期間が
経過した時点で取締役や使用人が
当初の約束価額で株式を購入。

 

そして
株価が上がった時点で売却すれば
その取締役や使用人に
大きな利益が舞い込んでくるという仕組みです。

会社の偉い人がお金持ちな理由の1つ

僕見たいな平社員が頑張って稼いだ
給料や結果が出た時の歩合とを

子供のお小遣いに感じるくらいに
稼せぎ方の1つが役員以上の方が使える
ストックオプションです。


もちろん役員の方や会社の偉い方は
基本の給料が高いです。


さらに、様々な活動に使える経費
これだけでも羨ましいです。

ですが
1番美味しい制度がストックオプションです。
これのために偉くなったという人も
いるくらいで1度に数百、数千万円
貰える人もいます。

 

このように使う本人には最高の制度でも
その会社に投資した人、株を買った人には
悪い影響がほとんどだと僕は思います。

悪者な訳その1

悪
 この制度では100%儲けがでるようになっています。


何せ、ありえない安さで
自社の株が買える仕組みになっています。
会社からのボーナス感覚と思っている方も多いです。

 
これによって


会社は取締役や使用人の意欲や士気を高め
一方で、会社は株価の値上り益を通じて
取締役や使用人に将来の報酬
を与えることができます。

取締役や使用人には最高の制度です!

受け取る利益は何千万円はざらで
何億となってくる人も多いです。

 

社員還元でいいじゃないの?


そして中には従業員が
頑張ってくれて株価も上がるのだから
株主にもいいことしかないじゃないか?

と思う方もいるでしょう

しかし
よく考えてみると本当にいいことになるでしょうか?

悪者な訳その2

悪

そもそも使える人が人が限られています。


先ほど書いた、
取締役や使用人のみしか使えないのです。

僕のような平社員だった人には関係のない制度です。
そう現場で働いてる人には無関係な仕組みです。


まずストックオプション使うと会社の株数が増えます。
これがよくないのです。

例えば
A社の発行済み株数が
10株利益1億円1株利益が1000万
であったとします。

ここでストックオプションを
使われるその株数が
10株だったとします。

すると利益1億円発行株数が
20株になり1株利益500万と

あなたが持つ株の価値が
1000万から500万の半分
になってしまいます、、

これでは 
会社の株主のお金を従業員で
分けていると捉えられます。

 ここまで極端ではないに
しろストックオプションは使われれば、使われるほど
投資家、株を買った人にはマイナスが増えていきます。

実際に使う頻度は少ない

僕は投資する側の立場で考えてるので
デメリットしか思い浮かばないです。

ですがいい所といえば
ストックオプション制度は
ボーナスのように頻度に
使われることはありません。

それが下の図の赤い線に書かれた部分のことです。

ストックオプション

このまま一生使われなければ問題ないです。

ですがそんなことはありません。
企業業績がいい時などにしれっと
使われることが多いです。


その時に
決算書などから株数や購入金額を
調べていきましょう。

 

まとめ

  1. ストックオプション制度は投資には悪
  2. 普段は利用されない
  3.  だが利用された時の株の数などが多すぎると
    投資家にはデメリットなので1株利益率など様々な
    数値を再度調べる必要がある。


ストックオプション自体が設立されていない
会社が理想ですがそんな会社はほとんどないです。

なのでストックオプションが実際に
使われた時に特に発行された株の数に
気を付けて1株あたりの利益や価値が
安過ぎいなってないか調べることが大事です。 

 

最後まで読んで
頂きましてありがとうございました。

コメント