【自動投資】比較対決!ウェルスナビとTHEO(テオ)どっちがいい?

【自動投資】比較対決!ウェルスナビとTHEO(テオ)どっちがいい?
【自動投資】比較対決!ウェルスナビとTHEO(テオ)どっちがいい?

自力、独学で今では脳内自動投資
できるようになったぺいです。
累計利益は1500万円以上です。


やはり最小の手間で失敗なく
投資し続けるのが理想です。

まあ、僕のような昭和世代は
始めはお金失い、間違えまくりましたが


今の時代はAI投資、自動投資があるので
これから投資をするには使わない手は
ないです。 

 

で今回はどの自動投資を選べばいいのか?

と迷う方も多いので自動投資の2大勢力である

「ウェルスナビ」と「テオ」を
徹底比較していきます。

 

ロボアドバイザーやAI投資に
興味がある方調べていると

「ウェルスナビ」「テオ」が出てきて
どちらがいいのかわからないという声があります。

 

なので今回の記事では
ウェルスナビとテオの違いを比較
し徹底解説します。

結論:目的の違いで優劣がある

結論

  • まとまった資金がある。10万円以上
  • 将来的にも自動投資で任せっぱなしにしたい
  • 長期投資を考えてる人

に当てはまる人はウエルスナビ向き

  • 少額で投資したい。1万円以上
  •  慣れたり勉強した先に自分のやり方
    を試したい

これらの考えに近い人はテオ向きです。

 

ではその他の細かい違いサービス
を見ていきましょう。

ウェルスナビとテオの違いを比較

 

 

色なしが同じサービスで
色付きがサービスの違いになります。
(2019年9月時点)

ウェルスナビとテオの共通点

共通点

手数料は全く同じ

両社の手数料は今の所
同じなのでどっちらでも変わりありません。

  1. 手数料:預ける資産3000万円までは
    預ける額に対して年1%かかります。
  2. 預かり金3000万円以上の部分に対しては
    :年0.5%かかります。

 

例えば

  • 100万円預けると1年に1万円(プラス税)の手数料が
    かかります。どれだけ儲けても、どれだけ
    損してもかかります。
  • 3100万円なら1年に30万5000円(プラス税)の手数料が
    かかります。どれだけ儲けても、どれだけ
    損してもかかります。

積立、リバランス機能も同じ

  1. 自動積立額:1万円〜
  2. 自動積立機能:あり
  3. 自動リバランス機能:あり


細かく言うとリバランスを
実行する頻度が異なります。

 

テオの方は毎月リバランス、
ウェルスナビは原則半年に1度です。

 

投資していると
リーマンショックや東日本大震災など
急激に状況が変化することが
あるので頻度が多いのテオの方が
安心です。

ウェルスナビとテオ違う部分

違い

最低必要投資額

それぞれ投資をスタートするために
必要な金額が異なります。

  1. ウェルスナビ⇒10万円以上
  2. テオ⇒1万円以上

が必要です。

少額で投資を始めたい方
いきなり多くの金額を投資するのは
不安という方はテオがいいです。

取り扱い銘柄数(運用先)

  • テオ:33
  • ウェルスナビ:7

 

数でテオが圧倒してます。

テオの方が数が多いから安全かな?
よりいいのかな?

と見えますがこの数値ではどっちらが
いいのかの判断はできません。

  • どこにいくら投資するのか?
  • ここに選ばれてる投資先はどのか?

 
で決まってくるのでさらに深く
比較していきます。

 

まず、ウェルスナビは
バンガード社という会社の
ETFを中心に分散投資をしています。

 

 

VTIは米国単体に投資するETFですが、
VEAは米国以外の先進国に投資をするETFです。

 

「FTSE Developed All Cap ex US Index」

というインデックスに追従するよう設計されていて
先進国の国々に以下の配分で投資をしています。

 

投資のやり方はここが違う

ウエルスナビ

ウエルスナビの場合

ウェルスナビは全世界にバランス良く
投資する方法です。

 では具体的にどうゆうこと
かというと

ウエルスナビの投資方針は
ノーベル賞を受賞した理論に基づいた資産配分
「市場ポートフォリオ」というものです。

 

専門用語に外して言うと

「全世界の時価総額比率に
合わせてに各国に投資する」


という考え方です。


なので
 全世界にバランス良くという
ことになります。

 

より詳しくいうと
ウェルスナビは米国株日欧株や新興国株と
3つの異なるエリアへ投資するETF
を中心に投資してます。

 
これらに投資する金額を調整して
各国の規模に合わせた額を自動で
買っています。

参考資料:WealthNavi_WhitePaper.pdf

テオの場合

テオ

最新の投資技術のてんこ盛りです

 THEO(テオ)では2つのノーベル経済学賞を受賞した

「現代ポートフォリオ理論」と「資産価格の実証分析」
という考え方で自動投資してます。

 

そして「スマートベータ」と呼ばれる


市場の動きに連動して得られる利益だけでなく
その他の要因がもたらす利益も
獲得しようとする新しめの運用手法です。

 

「スマートベータ」
どんなに有効かというと

世界最大級の年金基金、TIAA(全米教職員年金保険組合)
CalPERS(カリフォルニア州職員退職年金基金)
にも採用されてます。

 

最後にTHEO(テオ)では3つの
「機能ポートフォリオ」を組み合わせることで
お客様の目的に合った資産運用を実現させています。

資産運用方針を自分でカスタマイズできるのはテオ

テオは「グロース」「インカム」「インフレヘッジ」
と投資先を分けてしています。

3つの投資先を自分でカスタマイズ
できるのが大きな特徴です。

 
その前に
「 グロース」「インカム」「インフレヘッジ」
って何よ?

 

と疑問になりますよね。
このようになります。

  • グローズ⇒株、ETF
  • インカム⇒債券
  • インフレヘッジ⇒金・不動産

 わざわざ小難しくしないで欲しい(笑)


ウエルスナビでは
「株」「債券」「金・不動産」と
そのままのストレート表示なので
わかりやすくていい。

 

参考:THEO[テオ] 1周年 1st Anniversary わたしの資産公開

テオのカスタマイズ例 テオのカスタマイズ例

俺はリスクがあっても儲けが欲しい!
と言う人は、債券・金・不動産投資をなくして
株のみしたりできる自由度はいいです。

 

ただ、自分で投資先を
組むのは初心者にはオススメできません。

 

DeTAXはウェルスナビのみ

 

ウェルスナビのDeTAX

ウェルスナビだけの機能
として「DeTAX」
という素晴らしいものがあります。

 
自動税金最適化の流れ
  1. ETFの分配金やリバランス時の売却益で利益が確定する
  2. 他の銘柄に含み損がないかをチェック
  3. 含み損があるとき、一度売却し
    そのまま買い戻すことで損失を確定させ、利益と相殺する

 

※税金が2万円以上となる時を目安に
この機能が有効か判断した上で使われます。


良さそうなのはわかった
けど具体的にいくらくらい
得になるのかわからない!
 
という疑問があると思います。
僕も同じことが気になりました
ので調べると
 
大体はこのような結果になることが
わかりました。
 

「WealthNavi for SBI証券」
の運用手数料は1%ですが


多くの場合、「DeTAX」(デタックス)
の機能により年間0.4~0.6%程度の
負担減となるため


事実上のコストはそれよりも
少ないものになるでしょう。

引用元:
「WealthNavi for SBI証券」ウエルスナビ 柴山CEOへインタビュー

 

長期割、ウェルスナビのみ

長期割引

これは長いこと継続すると手数料が
最大0.90%まで割引してくれる
というサービスです。

 
長期割の具体的な内容 
  • 6ヶ月ごとに手数料が減少
  • 運用金額が50万円以上なら0.01%減少減少
  • 運用金額が200万円以上なら0.02%ずつ減少
  • 最大で0.90%まで下がる


投資は長期間続けることで
データに近い結果になったり
利益を生み出します。


個人的に長期の投資をしない
考えてない人はその時点で
もう負けてしまう
ので


このように長く続ける
ことを勧めるやり方はすごく
好感が持てます。

まとめ

まとめ

今回は自動投資するなら
ウエルスナビ?テオ?かの
比較をしました。

 

ぶっちゃけ、僕はウェルスナビ派です。


10万以上は投資に使えるし、
長期投資をするので割引がある
方がメリットが大きいです。

 
でもテオは気軽に最新の運用が
できるので両方やるというのも
1つの手だと思いました。

 

話しも長くなりましたので
両者の特徴をまとめます。

 

ウエルスナビ

  • 10万円以上ないと投資できない
  •  DeTAXで自動税金最適化し利益上乗せ
  • 長期投資で手数料割引

TOHO(テオ)

  • 1万円から投資できる
  • 毎月リバランスしてくれる
  •  最新の投資方法、てんこ盛り

になります。 

 

「DeTAX」「長期割」が
あるウェルスナビに興味が出てきた方は
申し込んでみてください。

\最短1分で完了/

WealthNavi

※口座開設も無料です

コメント