【自動投資】はウエルスナビ!メリット、デメリット

【自動投資】はウエルスナビ!メリット、デメリット
【自動投資】はウエルスナビ!メリット、デメリット
 シンプルイズベスト!
そこそこの成功なのに
口調に遠慮がない投資家のぺいです。
 
今日は忙しいけど、自分の時間を大切に
したいけど将来資産確保したい!
ズボラ系お金好きに送る自動投資の
話しです。
 
こんな悩みないはないですか?
  • 経済とか数字に疎いから
  • 自分には難しそう

だから投資とかはしない!お金貯める!
でも大丈夫か不安、、

だから!本業や投資で解決するしかない
本業は個々で頑張って

僕が伝えられるのは
投資の方。


株や投資やらお金減るかもだし
新しい学ぶのがめちゃだるい

 『楽してお金増えて欲しい』

誰もが1度は考える妄想です。


このズボラ系お金好きの
妄想を叶えるのは『自動投資』
を選ぶことです。

 

早速やってみようという
超レアキャラの人はここで

\最短1分で完了/

WealthNavi

※口座開設も無料です

 

それ以外の方や
僕のようにしっかり情報知ってから
がいい方は『自動投資』の

メリット、デメリットを見て下さい。

 

結論から言うと

「投資を恐い、わからない、信用してない!
という日本人の資産運用をしてことない人が
最初にやるべき」


最善の方法の1つです。

 

今の日本の20,30代は

100歳まで働くか?資産運用で準備しとくか?の
2択でしか老後生きていけないから

これ頭に入れて行動してね。

ウェルスナビって何?

 一言でいうと
『預ける金額に対して手数料1%で全部お任せの
世界分散投資してくます』

 

細かくいうと

ウェルスナビとは
今の日本の会社員や主婦世代など
将来の資産作りを考えてて


行動したいが今あるサービスに
満足できていない人にも参加してもらえる
ように作られた全自動資産運用サービスです。


特に

  1. 投資、経済の知識、経験が少ない人
  2. これから知識、経験に割く時間が少ない人

に向かってるサービスです。

 

より具体的なウェルスナビの投資方法は?
と言うと

ウェルスナビは
世界中のお金持ちや機関投資家が行なっている
長期的な国際分散投資を

投資初心者の方も同じ内容、成果を
手軽できるゲットできるように
作れられてます。

ウェルスナビのメリット何?

  • 時短で投資できる
  • 日本より成長が期待できる海外投資ができる
  • 分配金を自動で再投資してくれる
  • 過去からの成功証明

他にもメリットはありますが
僕が特に大事と思うのはこの3つです。

 

時短で投資できる

投資の勉強する時間
実際に何に投資するか悩む時間
作業する時間

などをすっ飛ばして自動投資して
くれるのが最大にイイと僕は思います。


なぜかって?

投資で成功してる人か失敗かの分かれ目は
実際に投資してる期間の
長さが1つのポイントだからです。

 
実際に
僕は株で投資し始めて約12年です。
その間で利益が1000万以上です。
 
逆に
その間、何もしてなかったら0ですし
ガチガチに固い投資で年1、2%でも12年も
続ければ数、数十万の利益が出たでしょう。
 
長く時間をかければ、配当や経済の成長の
恩恵、知識も貯まるので元のお金よりも
減ることは少ないです。


このように投資をしない
という失敗する人の特徴が

  • 投資の勉強する時間ない
  • 難しそうだから
  • 操作面倒
  • 損しそう

などの理由です。

これらを一気に解決できるのが
自動投資最大のイイ所です。

 

損しそうについては
1、2年の短期間ではその通りになって
しまうかもですが


10,20年と長期スパンでは
しっかりとお金を増えていきます
のでまだ何もしてない人には

特にウェルスナビが
向いています。

日本より成長が期待できる海外投資ができる

 英語ができなくても海外投資を任せられる
のがウエルスナビのいい所です。


投資では情報が命です。

なので僕は基本

  1. 自分で情報が把握できる
  2. 自分で情報を探せる
  3. 自分で情報を理解できる

日本の株や投資を中心に運用してます。

 

が悪い部分があります。

日本は

  1. 成長力が弱い国
  2. 新しい変化の乏しい国

などの理由で日本以外の国と
比べると投資で大きな利益を出しにくです。

 

でも、海外の情報を自分で探したり
比較、検討などが困難です。

 

それをカバーできるのが
ウエルスナビの6~7つの海外上場ETFを通じ 
世界約50カ国1万1000銘柄に分散投資している。

投資法になります。
世界を代表する
会社の株式も入っています。

 

具体的な世界経済の
成長は下の図です。

 
世界全体で3.1%の成長
世界主要国・新興国の経済成長率(2015年、IMF)

※「2016年7月世界経済見通し(WEO) 改訂見通し」
IMF 2016年7月19日発表資料をもとにウェルスナビ社作成

ウエルスナビの核!世界の富裕層と同じ国際分散投資を自動でしてくれる

今までの富裕層の間では、国際分散投資
することが非常に多かったです。


お金がある人には最高の投資マネージャーや
アナリストが専用に付くこと
1流の投資運用をしてもらえました。


今同じことを
ウエルスナビのロボットアドバイザー
を使えばできる環境になったのです。

ここがメリットです。

 

 金持ちはずっと金持ちで
貧乏の場合もずっと貧乏のままで
あることが多いです。
 それはなぜんだろうと
僕と同じように疑問に思う人も
いますよね?
 
1つは投資自体をやってるか?
やってないかの差ですが

もう1つは投資内容の差です。
今や過去でも株や投資を深く学んだ人
などは成功できましたが
 
失敗してしまう人も多かったです。
投資のやり方は間違える損をします
から怖いです。
 
だから、投資は沢山努力したり
運がある人しか恩恵がないと
誤解させていたと思います。
 
違います!

『投資は世界の成長とともに
今、生きてる人誰もの資産も成長させるもの』
 
と僕は思います。
 
だって、僕やあなたが頑張って仕事を
してるから会社が儲かって経済が回って
いるんですから!

 でも、今の社会のシステムでは
その頑張った成果は給料でなく
株主に還元、渡されます。
 
ここ、本当に大事です。
 
理不尽で、冷酷ですが
会社は社員より株主を優先するのが
今の世の中の仕組みです。

だから、投資をしなくてはいけないのです!

なので
投資を知らない初心者で
経済興味ないとかいう人は
 
ウェルスナビを使えば全自動で
世界の富裕層レベルの資産運用ができる
ので向いてます。
 

じゃ具体的にどこに投資してるの?
国際投資ってふんわりし過ぎ。

とさっきまでの話しでは
思いますので説明します。

 

ウェルスナビで以下の
7つが投資先です。

ウェルスナビの投資対象
  1. 米国株:VTI
  2. 日欧株:VEA
  3. 新興国株:VWO
  4. 米国債券:AGG
  5. 物価連動債:TIP
  6. 金:GLD
  7. 不動産:IYR

 

これらをウェルスナビでは6つの質問をして
リスク許容度という5つのパターンの中から
あなたに最適なプランを決めます。

 

下の図が、
どこのどれくらい分散投資してるかの
配分表です。

ウェルスナビのポートフォリオ

基本的にリスク許容度が高い(利益を多く欲しい)
人は株式の比率が高くなっていき、
債権の比率が下がっていきます。

 

分散投資をするときに重要になるのが、
資産配分(アセットアロケーション)と
いう分散の仕方です。

 

分散投資の成否の9割は、
この資産配分で決まるとも言われるほどです。

なのでウエルスナビでは
この資産配分方法を効率的フロンティアという
ノーベル賞を受賞した考え方を採用し
1人1人の資産を守ります。

 
しかも

1年ごとに市場データを更新して、
資産配分比率を自動で変更もしてくれるので
リスクは最小に利益を最大に
できる期待が高く維持できます。
 
 簡単にまとめると
 
株や投資を学ぶつもりがない
面倒なことは誰かに任せたいと
感じる人は
 
自動投資の質がとても高い
ウェルスナビ向きです。

分配金を自動で再投資でしてくれる

手間を減らしてくれる上に
利回りを大きするための細かい作業
をお任せできるイイ機能です。

 

これの作業をいざ、自分自身で
やろうとすると

  • 分配金をもらう時期の確認
  • 何を買うか毎回考える

など、手間が増えます。


僕のように株など12年以上投資してる
ベテランには流れ作業ですが

まだ投資を始めたばかりの
人には手間ですし、新しい知識を
学ぶ時間も奪っていきます。


しかも分配金は毎月貰えるという
ケースの多いので毎月この分配金
のメンテナンスが邪魔になること
もあります。

 

なので自動してくれるのは
本当に助かります。


何もせず放置すると
と効率良く運用できないです
からね。

 

補足情報


そもそも分配金って何?
と思った人もいますよね。
すみません説明します。

 

投資信託やETFなどは
運用成績に合わせて投資家に
儲けた分を分配します。

これが分配金です。

 

日本では「ETF」の分配金を自動で
再投資することができないので、
手動で手続きを踏まねばなりません。

 

ウェルスナビなら
ETFの分配金も自動で再投資をしてくれます。

過去データから成功できる証明

約25年前にウェルスナビで毎月3万円、ほったらかしのみで積立すると資産は約2.4倍に増えてた

過去25年間のウェルスナビパフォーマンス
参考:WealthNaviの運用実績|
ロボアドバイザーならWealthNavi(ウェルスナビ)

まあ1990年代にウェルスナビは
存在しないから完全な仮定、もしもの話しです。

上のグラフは


ウェルスナビのリスク許容度3のポートフォリオで
1992年に100万でスタートし
毎月3万円ずつ25年間積み立てた
ときの推移です。

合計1000万円の積み立て金が
約2.4倍の2457万円になっています。

これは手数料1%の金額を
差し引いた後の金額です。

 

世界経済はグラフのように
長期で見れば成長し続けます。

 

事実、あなたの周りの世界は成長し
続けてますよね?

  • 携帯が白黒、電話メールのみ
    →綺麗なゲーム、動画が見れる
  • 食事の予約や公的な書類までネットのみ
    簡潔したり

生活の質、価値が上がり続けるように
経済や株価も長期的には上昇していきます。

なので今後も高確率で成長を続ける世界の
ように自分の資産を増やすなら


目先の勝ち負けにとらわれず
積立続けるのが絶対に正解!

 ウェルスナビのデメリット

  • 価格変動リスク・元本割れあり
  • 為替リスク・元本割れあり
  • 自分で売り買いや運用するよりも手数料が高い
  • NISAやiDeCo使えない
  • 10万円ないと投資を始められない

 

価格変動リスク・元本割れのおそれがある

結論、ウェルスナビも金融商品なので
同じリスクがあります!
 
金融商品とは
株や債券、先物取引などで
買った値段より高くなったり安くなったり
します。ということです。


 
ウェルスナビは全世界株式を中心に
国際分散投資をするから
価格変動のリスクがあります。
 

相場の上げ下げで一時的に
資産がマイナスになることもあります。

 

例えば過去の世界経済は
約10年ごとに大きいバブルが起きます。

 

ですがその後数年もすればまた成長続けを
更新して株や世界経済は大きくなっていきます。


えっ!?そんな実感ないよ。
と思いますよね?

日本経済の過去約25年間は最悪でしたが
世界全体で見れば成長し続けています。

 

世界経済は労働人口と生産性(技術革新)
で向上し続けます。

全世界で見れば2100年までは人口増加が持続するので
まだまだ今後も成長が期待できます。

短期的には投資したお金が
マイナスになることもあります。

 

が長期の積立投資をしていれば
結果は良くなっていきます。

人口増加が終わる100年後はルール自体が
変わってしまうかもしれないので資産が増やせなく
なっているかも知れません。

いまの時代は長期投資すれば勝てる
ので迷うこと時間が無駄です。

 

為替リスクがある

 ウェルスナビは海外投資がメインのため、
円からドルなどへの為替取引があります。

なのでその際にお金の価値が動きます。

 

例えば

為替で元本割れをする時


1ドル=100円で1万円分の金融商品を買ったとします。

そして
1ドル=80円に下落(円高になった)場合
1万円だった価値は8000円に下がります。


この逆になることも
あるのがウェルスナビを
やる上での注意点です。 

 

このように
為替(通貨)の動きがり、しかも予測するのは
専門家でも難しいです。


売り買いのタイミングを探っても
無駄な努力に終わる可能性が高いです。

 

解決策

投資初心者でも上級者でもよく使う手が
毎月の一定額積立をする方法です。

 

買うタイミングをばらけ
高い時には少量を
安い時には多く商品を買えます。


これが為替の変動で極端に損をする
リスクを軽減できる有効なやり方です。

自分で運用するよりも手数料が高い

投資経験者や他の金融商品と比べ
「手数料1%はインデックス投資をするには高すぎる」
という声を聴くことがあります。

 

実は僕も見た瞬間は同じように
『高っ!無理』

思っていました。

 

ですが、

ウェルスナビが自動化してくれる
内容を把握していくと

『これもありかも』

とじっくり考えました。

 

例えば自分でウェルスナビが
やっていることに自力でしようとしたら
どれだけ面倒かを書き出してみました。

 
  1. 自分のリスク許容度からポートフォリオを考える
  2. 海外ETFを毎月買う(為替手数料、売買手数料が発生する)
  3. 持ってる資産を定期的にリバランスをする
  4. 売買結果から税金を計算して
    含み損資産を売ったりして税金最適化をする
  5. 毎年各アセットのリスク、リターンを
    再計算して、世界時価総額配分から
    最適ポートフォリオを更新する


これらの作業を自力でやるのは
様々な投資を経験し、時間に余裕の
ある人ですね。

 

手数料が高いと言っている方は
この5つ作業の必要性とやり方を
知っている投資なれしてるベテランの人
が多いと思います。

 

将来の資金作りたいが

  • 投資でうまくいくか不安
  • 学ぶ時間確保できるかな
  • 手間をかけたくない
  • 自由な時間をあまり奪われたくない

って人の1歩は自動投資がベスト!


これでも満足できない人はダブルワークしたり
自分をすり減らして稼ぐ方がいいね。

 

世界水準の金融アルゴリズムは
これまで一部の富裕層や機関投資家など
特別な層だけでしたが

ウエルスナビを利用すれば手数料1%で
しかも自動で投資してくれるので
とても割がいいと僕は思います。

 

って言っても
実際に任せてお金が減ったら意味
ないから!

と本質をわかってる人!

 僕も同じ気持ち!

どんな崇高な理論も考えも
結果が出ないなら何の役にも立ちません。

 

なのでウエルスナビの実績公開。

2016年1月から2018年8月まで
のすべてのパターンの実績が
下の図です。


これは手数料1%を差し引いた後のリターンです

年率

 

文句なしに増えてます。

これから先に下がることもあるで
しょうが投資は長くやればやるほど
大きな利益が期待できるので

長期目線で今から始めても
とても期待できます。

 

NISAやiDeCoは使えない

 

ウェルスナビでは税制優遇を
使うことはできません。

 

日本で今使える優遇政策が
NISA、つみたてNISA、iDeCoです。
(2019年8月時点)

 

これらを使うためには
別途証券口座を証券会社で開設し
自分で投資方法を決める必要があります。


例えば


僕の使い方は
日本株や日本の投資は自分で
開設した証券会社からNISAを使って投資。


海外関係はウェルスナビなど自動投資に任せる。

と2つを使い分けてます。

なぜなら、海外の情報は日本に住んでて英語もできない
情報収集にも自信がないので任せのが手間や効率面
からいいからです。

 

最低でも10万円ないと投資できない

投資慣れしてる人にはいいかも
ですが、始めや投資経験が浅い人
にも10万円は敷居が高いですよね。

 

これはウエルスナビが
複数のETFを組み合わせて不確定のリスクを避ける
ポートフォリオを組もうとする安全のための
敷居とも言えます。

 

なぜなら運用商品であるETFには1つ1つ
最小の取引価格が決められているため

複数のETFを組み合わせてポートフォリオを作る場合
最低取引価格が数万円など大きくなるのは
仕方がないことではあります。

 

最初の10万円一気に預ける価値はあります。

というか投資は基本、2、3倍なるから少額で
大丈夫とか夢にガチな人が減って

投資はまとまったお金で地道に増える
ものというまともな人がウエルスナビには
集まるためにもいいと思います。

\最短1分で完了/

WealthNavi

※口座開設も無料です

コメント