脱サラする前に知りたかった!良いこと、悪いことを解説します【経験談】

脱サラする前に知りたかった!良いこと、悪いことを解説します【経験談】 在宅ワーク、副業
脱サラする前に知りたかった!良いこと、悪いことを解説します【経験談】
 
仕事をしているとこんな考えが
1度は浮かんだと思います。

脱サラする前に

脱サラ


本当に脱サラしないと
できないのかを考える

脱サラは
「予想外のことばかり起きます」
これはどんなに準備してもです。

今の会社が嫌過ぎても、
すぐに辞めるのは考え直した方がいい
と思います。

脱サラで失敗するか?
成功するか?は
辞める前の準備が大きく左右してます

この先の内容がその準備の知識です。
参考にしてみて下さい。

脱サラとは?



脱サラリーマンの略で勤めている
会社、公共機関を辞めて
自分で収入を確保することです。

一昔前だと、脱サラと言えば
ラーメン屋など飲食店をやる、
保険代理店、コンビニフランチャイズ、
農業でした。

ざっくり言うと社長になるって感じでした。

時代は変わり今はネットやデジタル化で
プログラマー、デイトレーダー、
ユーチューブバーなど一個人だけで
普通に生活するだけの
お金を貰える人がとても増えました。

脱サラしやすい環境ができてる!

この他にも脱サラの形は日々増えていて

脱サラとは
会社や勤め先に依存しなくても生活できること
と言い換えてもいいと思います。

会社を辞めずに
(保険、福利厚生がいいからなどの理由で)
副業で何十万、何百万も稼ぐいる
人もいる時代です。

なので一人一人の脱サラは何かを
考えることがとても
大事になっています。

脱サラの良いところ

脱サラ

脱サラは会社員や勤める人の
夢の1つだと思います。

良いことが多くありここで
簡単にまとめました。

 

  • 通勤なし、好きな所に住める
  • 怒られたり、命令されたりがない
  • 上司、部下など煩わしい人間関係がない
  • 結果を出せば、出すほど自分が儲かる
  • 自分のペースで仕事できる

他にも書き切れない
メリットがあります。

控えめに言って
理想の働き方、人生の過ごし方
ですよね。

眠い朝頑張って起きたり、満員電車のストレス
忘れ物の心配、雨や雪で足元がびしゃびしゃ
が一切なくなる幸せ!

理不尽なノルマ、売上目標で怒られることも
意味のない命令や指示に従うことも
いらない。

一国一城の主にもなり
頑張った分、お金も自分の懐に入り

仕事の仕方次第で沖縄でも
ハワイでも休みながら仕事
というようにできます。

ぺい
ぺい

個人的な願望で出ます

本当に無限にある働き方で
1人1人の理想が見つかる
やり方が脱サラだと思います。

脱サラの悪いところ

良いことがどんなに多くても
悪い部分はあります。

  • 給与の保証なし、不安定
  • 収入が0、借金を背負うこともある
  • 病気ケガ、身内の不幸など時の保証ない
  • 社会保険の負担率100%
  • 決断する機会が多い
  • 独りよがりになりやすい

他にも数多くのデメリットがあります。

ざっくり言うと
会社員と真逆の状態になります。

他にも公務員、アルバイト、派遣
と言った世の中の圧倒的に多数派から
脱サラすると少数派の存在になります。

 

実際に脱サラすると、
特に始めの時期に
『サラリーマンが良かった』
『会社員は恵まれている』

と後悔する人が続出します。

ぺい
ぺい

僕も辞めて1ヶ月もすると
将来の不安と周りと差が広がる
感じに絶望しました

雑な言い方をすると
会社員とは公務員なら、職場に行きさえ
すれば適当にしていても
毎月、給料がもらえます。

自分で何も考えずに仕事してても
会社の売上や利益に1円も関わらなくても
逆に少しの損害を出しても
一定の収入は保証されています

脱サラとか会社辞めた後でしか
実感しにくいですが
これらが雇われる時の魅力です。

 

とにかく、脱サラの悪い所は
お金に関することに集中しています!!


何十、何百時間働こうが、
自腹で商品など仕入れようが
結果が出なければ収入0です。

病気やケガになろうもんなら
働けないので収入が減るし、
治療費で逆にお金は
マイナスになります。
(有給や傷病手当金が使えない)


さらに脱サラはお金の負担、
出費が増えます。

特に社会保険の部分です。
具体的には健康保険や厚生年金で会社
が負担してくれてる半分を自分で
払うことになる点です。

(脱サラしたら年金は国民年金になるので
実際に支払う額は減りますが、
将来貰える年金はぐっと減ります)

しかも、確定申告などお金に関する
様々な部分を自分で処理することに
なるので手間がかかるようになります。

脱サラで成功してる人達の5つの特徴

脱サラのいい所、悪いことを
話しました。

これらのこと、僕の経験も踏まえて
言えることは

『脱サラは自分で収入を確保できるか?』

だけで失敗と成功が分かれる!
と言っても過言ではありません。

ぶっちゃけ、それ以外の部分は
全く知らなくてもなんとかなります。

なので成功ポイントをいくつ見ていきます。

辞める前にプチ脱サラしてる

何の準備もさせずに
脱サラする天才は少数派です。

脱サラでうまくいっている多くの人は
会社で働きながら夜や休日に
自分で稼げる方法を試して、失敗して
また試してを繰り返しています

うまくいくまでの時期は様々で
半年とすぐうまくいく場合もあれば
2~3年と時間がかかることもあります。

収入源は複数にしている

そして、うまくいったとして
1つだけではいつ悪くなるかわからない
ので複数からお金が貰えるよう
保険を考えます。

例えば

  • ブログでうまくいったならアフェリエイト
  • せどりでうまくいっならノウハウを教える

と言った具合です。

会社での仕事は規模がでかいので
感じにくいですが、売上は様々な理由で
変化します。

それを個人レベルで安定させるためには
複数からの収入源を作ることが
1つの有効な方法です。

初期費用がないor少なくて済む収入源

始めににも少しの前の脱サラと言えば
ラーメン屋、居酒屋など飲食店、
保険代理店、コンビニフランチャイズ
などやる前に2,300万円、それ以上と
初期費用が大きかったです。

もちろん、今でもこれらで成功する人は
多いですが誰もができるわけでなく
失敗すると大きな借金を背負うリスク
があります。

なので最近はパソコン1台5、10万円や
少しの備品で
自力でお金を稼げるブロガー、プログラミング
せどり、などなどで脱サラに成功してる
人が非常に多いです。

支出を抑える作戦も立てている

お金を稼ぐことも大事で同じくらい
大事なことは生活費を
低くすることです。

特に安定的に自力で稼げるように
なる前に実行したいです。

例えば

  • 会社通勤のため住んでる
    家からの引っ越し
  • 外食が多いのを自炊にする
  • 無駄な飲み会が減った分、
    生活費に回す

など、会社員など勤め人としての
減る負担を充分に
生かしたいです。

ぺい
ぺい

既に脱サラしてしまった
人が実践してもすぐに効果が
出るのがメリット

脱サラに失敗したら、戻る、転職の可能性も考えおく

いろんな準備をしたり
すべてを犠牲にして脱サラ後の
生活を頑張ったとしても
100%うまくいく保証はありません

 

そして、脱サラしてみて
会社に雇われて働く方が向いてた。
サラリーマン生活が良かった
というケースもあります。

なので会社を辞める時は

  • 円満退社
  • 引継ぎなどなるべく
    周りに迷惑をかけない
  • 仕事仲間との関係を切らない

などをしたり
うまくいかなかった時の


『脱サラはうまくいかなったけど
この経験を生かそう』

という気持ちで元の職場に戻ったり
転職先を探したりする柔軟さを
心の片隅にでも持っておいた方が
いいかもしれません。

脱サラに成功することが
人生のすべてではないと
思いますので

僕の脱サラ失敗話

僕の場合、計画性のなさで
脱サラを失敗しました。

失敗の原因は多く

  • 収入源ない
  • 段取りなしで辞めた
  • 何をするかを決めてなかった

などです。


じゃなぜ脱サラしたのか?
というと

長年の長時間勤務と営業成績への
プレッシャーで
体調不良とうつ状態だったので
辞めてました

当時の記憶はあまりないのですが
しばらく何もしてなかったです。

以前からこの仕事はずっとは続かない
数百万くらいお金は貯まった
株などの投資も順調だったので

職場に戻るという考えを辞めて
脱サラを決心しました。

これが大失敗、、、

いろいろなことに手を付けましたが
安定して収入にはならず1年もしない
うちに転職するという時間の無駄を
しました。

ぺい
ぺい

今はやっと無駄ではなかったと
思えるようになっています


なので脱サラには
『収入源の確保が1番大事』
と思っています。

 

コメント